アルギニンの効果や多く含む食品って?アルギニン摂取にオススメのサプリ

タンパク質を作るアミノ酸には様々なものがあります。
その中の一つであるアルギニンには、どのような役割があるのでしょうか。
アルギニン欠乏で考えられる体への作用や1日に必要な推奨摂取量まで、アルギニンについての紹介をします。

目次

  • アルギニンとは
  • アルギニンの効能・効果って?
  • アルギニンはどんな食品(食事)に多く配合されるの?
  • アルギニンは欠乏するとどんな症状が発症するのか?
  • 1日にどれくらい摂取したら良好なの?
  • アルギニンとその他栄養をバランスよく摂るなら藻(も)サプリがオススメ

アルギニンとは

アルギニンとは、アミノ酸の中の一つです。

1886年に発見され、アルギニンという名前はアルギュロスというギリシャ語が語源でとされています。

アミノ酸の中でも体の中での生成ができないものは必須アミノ酸と呼ばれます。
体の中では作れなくても体を構築するためにはなくてはならない成分です。そのため、食事で摂る必要性があります。

アルギニンは体の中で作ることができるアミノ酸ですが、加齢等によっては十分な量の生成が見込めません。

必要量を得るには必須アミノ酸と同じように、食事やサプリメントで摂るのが望ましいです。

アルギニンの効能・効果って?

アルギニンは外部から入ってくる細菌や、内部で発症するガン細胞等に攻撃する作用があることにより、免疫力アップや疲労回復に効果的といわれています。

そして、成長ホルモンの生成をサポートするアミノ酸です。

アルギニンは人間の体の中で生成できるアミノ酸の一つですが、子どもの時期と40代以降では十分な量が生成されないことが解明されています。

そこで、アルギニンの生成量が少ない年齢の時期には、食事やサプリメント等で積極的に摂ることが望ましいのです。

また、男性の活力をサポートしてくれるアミノ酸としても認知されています。
アルギニンは、男性に見られる性欲の減少等にも効果が期待できるアミノ酸です。

また、不妊原因のおよそ50%が衰弱した精子によるとされています。
アルギニンは血行促進効果があることから、精子の量を増加させることにも期待される成分です。

>アルギニンはもちろん、その他89種類の栄養素を持つ藻()「太陽のAFA」はこちらから

アルギニンはどんな食品(食事)に多く配合されるの?

アルギニンはどんな食品(食事)に多く配合されるの?

アルギニンは、主に肉類に魚介類、豆類に多く配合されています。

豚肉のゼラチンが最も多くアルギニンを摂れる食品です。
文部科学省が運営している「食品成分ランキング」によると、豚肉100gで摂れるアルギニンの量は7900mgでランキング1位です。

これに次ぐ大豆は100gで6700mgのアルギニンが摂ることができます。
加工品になると推奨摂取量はやや低下しますが、キナコや豆腐や油揚げ等もアルギニンを配合しています。

鶏卵のアルギニン配合量も高く、100g中5000mgという数値が出ています。

魚介類で最も多いのはトビウオの煮干しで、100g中のアルギニン量は4900mgです。
魚介類は他にサバやカツオ、タラにイワシ等にも配合されており、カツオ節等の加工品からも摂ることができます。

イカやエビにも配合されている他、ホタテの貝柱にも多く含まれています。
この他、小麦やラッカセイ、そしてニンニク等もアルギニンを含む食品です。

アルギニンを含む藻()をたっぷり配合したサプリメント「太陽のAFA」はこちら

アルギニンは欠乏するとどんな症状が発症するのか?

アルギニンには、成長ホルモンの促す血行促進等の体作りをサポートしてくれる作用があります。

そのため、欠乏してしまえば健全な体作りに支障が出ることもあるかもしれません。
特に体の中で生成されにくい子どもと40代以降の年代には、健康面に様々な作用が出るといえるでしょう。

免疫力を上昇してくれる効能もあるアルギニンですが、欠乏すれば十分な免疫力も発揮されにくくなり、細菌感染や生活習慣病の改善があまり期待できなくなるでしょう。

男性機能の向上も期待できなくなります。

脳や筋肉等の様々な部位の疲労回復をサポートしてくれるアルギニンですが、十分な量が摂れないと疲労回復も見込みが薄れます。

また、アルギニンは美容のサポートもしてくれるアミノ酸とされています。

肌荒れは角質層の水分の欠乏とアミノ酸の欠乏時に発生しやすいといわれていることから、アルギニン不足も肌荒れに繋がると考えられるでしょう。

1日にどれくらい摂ったら良好なの?

筋肉量の増加や体重減少といった効果を得るためには、1日におよそ1〜8g前後のアルギニンが必要視されています。

この量を摂ることで、体脂肪の減少や血管の拡張、そして成長ホルモンの促進も期待できます。
血管の拡張が見られれば血行促進が期待できるため、体の様々な機能の向上にも繋がっていくでしょう。

血行が良好なれば、新陳代謝の促すことや疲労回復も期待できます。

1日に使うアルギニンの推奨摂取量を最低でも1g以上と考えると、アルギニンが配合されている食事から上手く摂することが大切になります。

アルギニンを体の中に取り込むには、できるだけバランスの良好な食事を心がけて毎日摂ることが理想的です。

アルギニンを多く配合している肉類や豆類、魚介類を十分取り入れて下さい。
しかし、育児や仕事を抱えている時には困難な面も出てくるでしょう。

食事で配慮できない部分はサプリメントを活用する等して効率的に摂取するのも良いかもしれません。

アルギニンとその他栄養素をバランスよく摂取するなら藻(も)サプリがオススメ

太陽のAFA」には、アルギニンを含めた栄養素が全部で89種類入っています。

アミノ酸は必須アミノを含めて全部で20種類です。

他にビタミン類はビタミンB1にB2、B12に葉酸等全13種類とバランスよく配合されています。
亜鉛や鉄分等のミネラル類も豊富で、簡単に摂れるのでおススメです。

アルギニンの他にも沢山の栄養成分。その数なんと89種類!?健康に嬉しいAFAのパワーとは?

 

AFAブルーグリーンアレジーとは