アレルギーは藻(も)サプリメントで改善!

アレルギーを改善できる!89種の栄養素を含む、藻(も)サプリメントとは?

花粉症状や鼻炎などのアレルギーは、現代の人にとってとても身近な症状です。
そんなアレルギー症状を改善する成分として話題となっているのが藻(も)サプリの「AFA」です。

そこで、 「AFA」には本当にアレルギー症状を改善する作用があるか詳しく見ていきましょう。

目次

  • アレルギーとはどういう反応性?
  • アレルギーの改善に必須の条件
  • 藻(も)サプリメント「AFA」のデトックス作用に注目
  • 十分な栄養成分で体質から変える

アレルギーとはどういう反応性?

アレルギー症状というのは、体が持つ免疫が過度に反応性を発生することです。

人の体は外から害のある物質が混入すると、抗体機能を作り出してその物質を体の中から排除しようとします。
害のあるウイルスが体の中に侵入しても、人の体が健康に保たれるのは、こうした抗体機能の作用によるものです。

しかし、本来なら害のある物質に対してのみ抗体機能を作るところが、有害のないものに対しても抗体機能を作ってしまうことがあり、これがアレルギー症状の要因と考えられています。

アレルギーを発生する物質をアレルゲンといいますが、そのアレルゲンを追い出そうとして作られる抗体機能のことをIgE抗体機能と呼びます。

IgE抗体機能はアレルゲンと付属することによって、ヒスタミンという物質を体の中から除外します。
ヒスタミンは炎症を発生する要因物質であり、花粉症状であれば咳や鼻水を、アトピー性の皮膚炎症であれば肌の痒みや発疹などをもたらします。

花粉症状やアトピー疾患などの症状を改善させるためには、このヒスタミンを、ひいてはヒスタミンを誘動するIgE抗体機能を減らすことが鍵を握っているといって過言ではないでしょう。

アレルギーの改善に必須の条件

アレルギー症状を誘発する要因はIgE抗体機能です。

アレルゲンの入ることによって体の中でIgE抗体機能が作られると、ヒスタミンの合成を誘発してさまざまな症状を発生することになります。

やっかいなことに、一度できたIgE抗体機能は、刺激することによってどんどん増えてしまうため、減らすことは用意なことではありません。

たとえば、花粉症状であれば、そもそも花粉を吸いこまなければIgE抗体機能を刺激することもありません。

しかし、花粉の散布している地域に居住していれば、花粉を吸いこむことはどうしても避けられませんし、ましてIgE抗体機能はアレルゲンが入ることによって簡易に増えてしまうため、マスクをして花粉を吸わない、衣類についた花粉をふり落とすなどの具体的な対応だけでは、体の中にできてしまった抗体機能を減らすことも困難でしょう。

ほこりやダニなどのハウスダストをアレルゲンとして発症するアレルギーに関しては、住まいの環境を改善するなどの方法によってIgE抗体機能を減らす必要性がありますが、やはりそうした対応の作用には限界があります。

IgE抗体機能を減らす対応は、体の外だけでなく、中からも考えていくことが重要です。

アレルギー症状は体質的な問題が深く関係しているため、体の中から体質を改善できる対応を講じることが症状の改善を考える上で必須になります。

藻(も)サプリメント「AFA」のデトックス作用に注目

体の中からIgE抗体機能を改善する対応として、藻(も)の適切に摂るのは高い期待を持てる方法です。

AFAには天然の「フィコシアニン」という成分が含まれています。

フィコシアニンはAFAしか持っていないといわれる特殊な自然物質で、免疫抑制作用や抗酸化作用があるとされる光合成色素という物質の一つです。

フィコシアニンはさまざまな有害物質を絡め取る性質を持っています。

フィコシアニンに絡め取られた有害物質は、そのまま体外に除外されることになるため、この物質を豊富に含んでいるAFAにはアレルギー症状を改善する作用があると言われています。

また、天然のフィコシアニンにはアレルギー症状の要因物質であるIgE抗体機能を減少する作用も持っています。

AFAのデトックス作用は様々な研究によっても効果が確認されており、花粉症状やアトピー性皮膚炎の代替医療の原料としても大きな話題を集めています。

アレルギー症状を改善するためには、体の中から対策をして体質改善を目指すことが重要です。

栄養価の十分なAFAには抗体機能を減らすだけではないさまざまな健康作用が期待できるため、体質を改善して根本からアレルギーを克服したい人に特におすすめできる成分なのです。

>天然のフィコシアニンはAFAにしか含まれない!「太陽のAFA」藻(も)のすすめ。

十分な栄養成分で体質から変える

アレルゲンやIgE抗体機能を除外する天然のフィコシアニン以外にも、ビタミン類13種、ミネラル類50種、アミノ酸類20種、さらに不飽和脂肪酸など、AFAには89種類もの栄養素が豊富に含まれています。

AFAのこうした栄養成分は、アレルゲンやIgE抗体機能を除去するだけでなく、アレルギーに負けない丈夫な体を作ることにも役立ってくれます。

アレルギー反応性を改善するためには、IgE抗体機能を減らすだけではなく、健康的な生活習慣を続けるということも重要です。

日々の食生活が乱れていたり、ストレスをためやすい環境にいたりすれば、わずかなアレルゲンの侵入でもアレルギー症状を引き起こしてしまうことがあります。

アレルギーはちょっとしたきっかけで発症してしまう症状であるため、普段から栄養価の十分な食生活や規則正しい生活習慣を心がけ、健康的な体作りを意識しておくということが必須です。

栄養価の十分なAFAはそうした健康習慣にも貢献してくれますから、アレルギー症状に悩んでいる人はぜひAFAを生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか。

AFAブルーグリーンアレジーとは