アンチエイジングは藻(も)サプリメントで自分で対策!

アンチエイジングで効果を出す!自分で行う対策法!

アンチエイジングを自分でできる、話題の藻(も)サプリメントとは?

いつまでも若々しくありたいと考え、アンチエイジングを意識している女性は多くいることでしょう。

そこで、89種の栄養素を含み、アンチエイジングをセルフケアできる、藻(も)サプリメント「AFA」をご紹介します。

目次

  • そもそもセルフアンチエイジングで効果が出るの?
  • セルフアンチエイジングで効果を実感する秘訣は?
  • アンチエイジングといえば藻(も)サプリメントでセルフケア
  • 疲労やストレス解消には質の良い睡眠がおすすめ
  • 適度な運動はアンチエイジングになる
  • 体内時計は一定に保って!規則正しい生活を

そもそもセルフアンチエイジングで効果が出るの?

巷ではアンチエイジングに向いている食べ物や化粧品などが次々と発表され、注目を集めることが多くあります。

ただ、アンチエイジングという言葉は知っていても正しい意味を知っているでしょうか。
「アンチ」という言葉が含まれているので、老化を防いだり若返ったりすることをイメージしがちです。

しかし、アンチエイジングは日本語でいうと「抗老化医学」です。
抗老化医学とは老化を完全に防ぐという意味ではありません。
老化の進み方を遅らせるという意味です。
そのため、セルフケアをしたからといって老化が防げるわけではないのです。

ただし、アンチエイジングを心がけることで健康を保つことは可能です。
心身ともに健康であれば若さの維持にもつながります。

セルフアンチエイジングで効果を実感する秘訣は

セルフアンチエイジングで意識したいポイントは2つです。

1つ目は「疲れやストレスを溜めないこと」です。
疲れやストレスが溜まると体内の酸化が進み老化しやすくなります。

酸化とは一言でいうと、細胞や組織が錆びることです。

酸化が起こる原因は「フリーラジカル」という不安定な状態の分子や原子で、よく聞く活性酸素の代表的な物質です。
フリーラジカルは疲れやストレスが原因で大量に発生します。
そこで、酸化の原因になるフリーラジカルの大量発生を防ぐためにも疲れやストレスを溜めないことが大切なのです。

2つ目は「暴飲暴食を避ける」ことです。
暴飲暴食は肥満に繋がります。

肥満になると血液中にブドウ糖が大量に含まれる状態である「高血糖」になっていることが多くなります。
そして、その余分な糖がたんぱく質と結びつき「AGE」という老化物質に変化するのです。
これを糖化といい、肌のくすみやシミ、シワを招いてしまいます。

この2つは、美容と健康には欠かせないポイントですが、アンチエイジングにも大きく関わっています。

とはいえ、ストレス環境の多い昨今に、食事や生活習慣を毎日気をつけるのは難しいというかたも多いのではないでしょうか。

そこで、手軽で効果的にアンチエイジングをするにはサプリメントの活用がおすすめです。

アンチエイジングといえば藻(も)サプリメントでセルフケア

例えば、89種のミネラルやアミノ酸、ビタミンなど豊富な栄養素を補うことができる、藻(も)のサプリメント「AFA」が近年注目されています。

体で合成できない必須アミノ酸を含め、20種のアミノ酸を摂ることができます。

さらに、抗酸化作用のある、ビタミンCやEを含む13種類のビタミンと、肌の新陳代謝を改善するカルシウムやカリウムなど50種類のミネラルも含まれています。

魚の脂に含まれるDHAなど、不飽和脂肪酸も AFAから摂取できる栄養素です。

DHAには、血流を良くして肌の水分を保持する働きを持っています。

その他にも毒素を体の外へ排出することで話題の「フィコシアニン」など、AFAサプリメント1粒にアンチエイジングに必須の栄養素が詰まっています。

セルフアンチエイジングの習慣を意識しながら、体の内側からもエイジングケアを心がけましょう。

89種類の栄養素で体の中からキレイに 今注目の藻(も)サプリメント「AFA」をみる >>

疲労やストレス解消には質の良い睡眠がおすすめ

疲労やストレス解消には質の良い睡眠がおすすめ

疲労やストレス解消には「質の良い睡眠」が欠かせません。
質の良い睡眠は自律神経のバランスを整えて、イライラや不安を和らげてくれます。

また、睡眠中には「成長ホルモン」というアンチエイジングに必要不可欠なホルモンが分泌されます。
成長ホルモンには肌や体内のダメージの修復や新陳代謝を活性化してくれる働きがあります。
眠り始めの3時間に最も多く成長ホルモンが分泌されるので、この時間に深い眠りに入っていることが大切です。

さらに「メラトニン」というホルモンも質の良い睡眠や成長ホルモンに関係しています。
メラトニンは夜になると自然に分泌され始めます。
メラトニンには活性酸素を除去してくれる作用や、成長ホルモンの分泌を促す作用が期待できるのです。

適度な運動はアンチエイジングになる

アンチエイジングには適度な運動も効果が期待できます。

運動には「有酸素運動」と「無酸素運動」があり、どちらもそれぞれのメリットがあるので両方取り入れてみてください。
ウォーキングなど酸素を取り入れながら行う有酸素運動は、体内に新鮮な酸素を送り込んで新陳代謝を促す効果が期待できます。
新陳代謝が活発になると、加齢によって遅れがちになっていた細胞の生まれ変わりが促進されるというわけです。

一方、筋トレなどの無酸素運動を行っていると筋肉が付きます。
その結果、肥満を防いだりスタイルをキープしたりというアンチエイジング効果を期待できます。

さらに、適度な無酸素運動は、アンチエイジングの効果を期待できる成長ホルモンの分泌も促してくれるのです。

とはいえ、運動のしすぎは逆効果というケースもあり得ます。
必要以上に行うと逆にストレスを感じて活性酸素が分泌されるので、毎日ぐったりするほど運動するのは避けるのが無難です。

体内時計は一定に保って!規則正しい生活を

アンチエイジングのためには体内時計を一定に保つことも重要です。
生活のリズムが狂うと睡眠や食事の時間帯がバラバラになってしまいます。
そうなると自律神経やホルモンバランスが崩れやすくなり、疲労やストレスの原因にもなるので悪循環です。

体内時計を一定に保つには、夜更かしをしても朝は同じ時間に起きて太陽の光を浴びることが大切です。
太陽の光を浴びることで体内時計を整える「セロトニン」というホルモンが分泌されます。

また、バランスを重視して栄養素を摂取することも大切です。
アンチエイジングのために取り入れたい栄養素を効率良く摂取するならサプリメントがおすすめです。

毎日の食事で必要な栄養素を十分摂取するのは大変ですが、サプリメントなら気軽に摂取することが可能です。

中でも近年注目される藻(も)サプリメントの「AFA」がおすすめです。

AFAは、抗酸化力のあるビタミンEや、コラーゲンの生成を補助するビタミンCなど、合わせて13種類のビタミンと、新陳代謝を促す50種のミネラル類も含まれており、アンチエイジングに必要な栄養素はこれ一つでカバーできます。

さらにAFAに含まれている「フィコシアニン」は、腸内の老廃物や有毒物質を吸い取って、体外へ排出する強力なデトックス効果を持っているため、体の中からきれいになることができるのです。

アンチエイジングを効果的にセルフケアしたい方は、  AFAサプリメントをぜひ活用してはいかがでしょうか。

AFAブルーグリーンアレジーとは