カルシウムは藻(も)サプリメントで手軽にとろう!

カルシウムを効率的に摂れる藻(も)サプリメントが話題に?!

藻(も)のサプリメントにはカルシウムがたくさん配合されています。
カルシウムには骨を強くする以外に「イライラ防止」「抗がん作用」など様々な効能があります。

そこで、カルシウムもちろん、89種類の栄養をバランスよく含む、藻(も)サプリメントの「AFA」をご紹介します。

目次

  • 知っているようで奥が深い?カルシウムの特徴
  • イライラする気分を抑制する作用も
  • カルシウムで高血圧を改善
  • 大腸がんの発症リスクを軽減
  • 日本人はカルシウムが不足している人が多い!

知っているようで奥が深い?カルシウムの特徴

知っているようで奥が深い?カルシウムの特徴

カルシウムは、体内に最も多く配合されている必須ミネラルで、体重の1から2パーセントほどに相当するほどの分量があります。

牛乳やヨーグルトなどの乳製品、ひじきなどの海藻類、小魚から大量に摂ることで有名です。
特に牛乳はカルシウムが豊富な飲料として広く推奨されてきました。

ただし、牛乳には過剰な摂取が体調の不良を招くリンなどの栄養素も配合されています。
牛乳だけに頼らず、いろいろな食品から他の栄養成分と合わせてカルシウムを摂るようにしましょう。

カルシウムは主に歯や骨を作る栄養成分であり、そのため成長期の子供に推奨されています。
しかし、大人にとっても疲労骨折や骨粗しょう症を改善したり、歯を丈夫に維持したりするサポートをします。

そして、カルシウムは他にも様々な健康効果を持っています。
更年期を抑制した女性問題を解消してくれるヒントも、カルシウムに期待できるでしょう。

イライラする気分を抑制する作用も

カルシウムには神経を安定させる作用があります。
イライラした気持ちや緊張などを抑制したいときにはカルシウムを摂るといいでしょう。

またカルシウムが欠乏すると、情報の伝達がスムーズにいかなくなってしまいます。

カルシウムは脳神経の作用もサポートしているためです。
情報伝達がうまくいかないと、感情をコントロールしづらくなり、集中力の減少、神経の興奮などが発症します。

短期間、カルシウムを摂っていなかったからといってすぐにイライラが発症するわけではありません
体内でカルシウムは蓄えられているので、カルシウムが補充されなくてもしばらくは健康的な生活ができます。

つまり、イライラが発症するほどの自覚症状が出現したときは、かなりカルシウムが欠乏しているといっていいでしょう。
緩やかな気持ちで日々を過ごしていくには、日々の習慣で無理のないようにカルシウムを摂る工夫が大切です。

>カルシウムはもちろん、その他89種類の栄養素を持つ藻()「太陽のAFA」はこちらから

カルシウムで高血圧を改善

慢性的なカルシウム不足が継続すると、血中カルシウムが増加する「カルシウムパラドックス」が発症してしまいます。

カルシウムパラドックスが発症する要因としては、骨に貯くえられたカルシウムが血中に移動して血管に吸収されて蓄えられてしまうことが考えられています。

体には血液中のカルシウム濃度を一律に維持する機能があり、カルシウム不足は骨のカルシウムを溶かして補完しようとするのです。

しかし、骨から溶け出したカルシウムは血管壁に蓄積しやすく、動脈硬化の要因になります。
その結果、高血圧などの症状を招き、健康が害されるのです。

そのほか、尿道結石の要因としても、カルシウムパラドックスによって過剰になったカルシウムが尿道をつまらせる事例が挙げられます。

カルシウムパラドックスでは骨のカルシウムを逆に減少してしまうため、骨の強度が弱まる利点も発生します。
骨粗しょう症の大きな要因といえるでしょう。

豊富なカルシウムはもちろん、その他89種類の栄養素を含む!藻(も)「太陽のAFA」はの驚くパワーとは?

大腸がんの発症のリスクを軽くします

カルシウムは様々な病気の改善にも役立つ栄養成分です。

たとえば、大腸がんを改善する作用があることが解明しました。
実際に行われた実験で、カルシウムを摂ったグループとほとんどカルシウムを摂っていないグループとが比較したデータがあります。

その結果、2グループ間で大腸がんの発生リスクが30パーセント以上も違うことが明確となったのです。

カルシウムは代謝にも作用しています。
カルシウムによって代謝を良好にするとがんの他、生活習慣病にも抑制効果が出てきます。
効率よくカルシウムを摂って、重病にかからない体作りをしましょう。

しかし、カルシウムは単体で摂ってもあまり吸収率がよくない栄養成分です。
ビタミンDはカルシウムの吸収を促す作用があるため、同時に摂るとカルシウムの効果が活性化します。

大腸がん改善を期待するには、カルシウムだけでなくビタミンDを前向きに摂ることが大切です。

カルシウムとビタミンDもバランスよく摂取するなら藻(も)サプリメントがオススメ >

日本人はカルシウムが欠乏している方が多い!

成人の時は健康的に生活を送るには、カルシウムは1日に650ミリグラム摂ることを推奨されています。
しかし、日本の野菜や飲み水にはカルシウムが多く配合されていません。

また、日本人は欧米と比べて乳製品を摂る量が少量なので、慢性的なカルシウム不足に陥ります。
特に牛乳の推奨摂取量の少なさは深刻な問題です。

そこで、オススメなのが藻(も)サプリメントのAFAによるカルシウム補充です。
AFAには50グラム当たりにはカルシウムが約595ミリグラム配合されているため、カルシウムを補完するにはぴったりです。

カルシウム以外の栄養成分もたっぷり配合されているサプリメントなので、バランスよく体質管理できるのも利点だといえます。
もちろん、カルシウム効果を活性化させるビタミンDもしっかり配合されています。

簡単に飲めるサプリメントで、気になるカルシウム不足を乗り越えましょう。

カルシウムの他にも豊富な栄養成分。その数なんと89種類!?体が喜ぶAFAのパワーとは?

 

 

AFAブルーグリーンアレジーとは