グルタミン酸を豊富に含む藻(も)サプリメントがおすすめ!

グルタミンは藻(も)サプリメントが豊富に摂れると話題に?!

グルタミン酸が欠乏するとシミや肌荒れ、ソバカス等の肌トラブルに繋がることがあります。
その他にもアンモニアが蓄積して、健康上の様々なデメリットにもつながるのが特徴です。

そこで、グルタミンとさらに、89種類の栄養をバランスよく含む、藻(も)サプリメントの「AFA」をご紹介します。

目次

  • グルタミン酸は不足するとどんな症状が発症するのか?
  • 1日にどれくらい摂取したら良いの?
  • グルタミン酸とその他栄養をバランスよく摂るなら藻(も)サプリがオススメ
  • グルタミン酸とは
  • グルタミン酸の効能・効果って?
  • グルタミン酸はどんな食事(食事)に沢山配合されるの?

グルタミン酸は欠乏するとどんな症状が発症するのか?

グルタミン酸が欠乏してしまうと、様々な健康上の悪影響が出現します。

たとえば、体の中におけるアンモニアの増えるのがまず挙げられます。

体の中でアンモニアが増加してしまうとエネルギーを作り出す器官であるミトコンドリアの作用が減少します。
そうすると疲労の蓄積や細胞の組織の老化現象、免疫力の減少といったことに繋がるのです。

アンモニアを体の中に蓄積しないためにも、グルタミン酸を摂ることによってアンモニアを無毒化して、尿や便として体の外に排出することが大事だといえるでしょう。

また、グルタミン酸の効果として美肌効果が挙げられますが、逆にいえばグルタミン酸が欠乏するとシミや肌荒れ、ソバカス等の肌トラブルに繋がる時もあるということです。

実際、肌が荒れてしまう要因は肌の角質層におけるアミノ酸不足という研究結果もあります。
いつまでも肌を美しく健康に保ちたいという人は前向きにグルタミン酸を摂るのがオススメです。

1日にどれくらい摂ったら良いのか?

グルタミンは不足すると体に様々な悪影響を及ぼしますが、とりわけ日本人の時には沢山の料理や食材の中にグルタミン酸が配合されているため、不足する心配は余りないといえます。

それよりもむしろ気を付けなければならないのは過剰摂取の方が対象です。
天然のグルタミン酸の時、過剰に摂取すると神経症や睡眠障害、幻覚などの症状が出現する時があります。

また化学調味料であるグルタミン酸ナトリウムの時には、1960年代にアメリカで症例が沢山見られた「中華料理店症候群」のように、過剰な摂取によってのぼせや頭痛、手足の痺れといった症状が発症するといわれたことがあります。

ただし、グルタミン酸ナトリウムと「中華料理店症候群」との相関関係を疑問視する研究の結果も出ているなど、グルタミン酸ナトリウムの過剰な摂取に副作用があるのか、もしくはないのかについては、科学的に結論に至っていません。

欧州の食事安全機関は2017年にグルタミン酸ナトリウムの1日における許容な摂取量を30mg/kgとしてまとめているので、それを参考にすると良いでしょう。

グルタミン酸とその他栄養をバランスよく摂るなら藻(も)サプリがオススメ>

グルタミン酸とその他栄養をバランスよく摂るなら藻(も)サプリがオススメ>

グルタミン酸を始めとした栄養成分を手軽に摂取できる方法としてオススメなのがサプリメントです。

とりわけ【太陽のAFA】はアミノ酸だけでなくビタミンやミネラルなど、合計89種類の栄養成分が豊富に配合されています。

世界の藻(も)サプリメントの中で最も栄養価の高いAFAです。栄養をバランスよく摂りたいという人は、一度試してみてはいかがでしょうか。

豊富なグルタミン酸はもちろん、その他89種類の栄養素を配合!藻()「太陽のAFA」はこちらから >>

グルタミン酸とは

グルタミン酸とは、酸性アミノ酸の一種です。

体の中で生成することのできる非必須アミノ酸で、またリラックスできる成分であるGABAを生成する栄養成分でもあります。

1866年にドイツの化学者リットハウゼンによって発見され、1908年には東京帝国大学の教授であった池田菊苗によってこのグルタミン酸がうま味の物質であることが証明されています。

それ以降の研究によって、それまで味覚の基本的な要素と考えられていた「塩味」「甘味」「苦味」「酸味」の4つに加えて「うま味」が添加されることになりました。

この研究から生まれた「味の素」が発売されたの1909年で、世界初の化学調味料として認知されています。

グルタミン酸の効能・効果って?

グルタミン酸には様々な効果や効能があります。

まず挙げられるのはアンモニアを解毒して体の外へ排出を促す効果です。
グルタミン酸は体の中のアンモニアを取り込み、それをグルタミンと複合することによって無毒化します。

その後無毒化されたアンモニアは尿として体の外へと排出されますので、利尿作用にも繋がります。

またグルタミン酸には興奮系の神経伝達物質としての作用があることでも認知されています。
そのためグルタミン酸を前向きに摂ることで認知症の改善効果のほか、学習能力や記憶能力が上昇することも期待ができます。

ただしグルタミン酸の過剰な摂取は脳機能に障害を与える影響があるという研究の結果もあるので注意が大事です。

そのほか、美肌の効果もグルタミン酸の大きな要因の一つです。
肌の角質層における潤いを維持するためには天然の保湿成分が必須ですが、この天然の保湿成分のおよそ40%がグルタミン酸などのアミノ酸と言われています。

>グルタミン酸を摂るなら藻()サプリメント「太陽のAFA」。その他の沢山の栄養成分も一緒に!

グルタミン酸はどんな食品(食べ物)に多く含まれるの?

グルタミン酸はどんな食品(食べ物)に多く含まれるの?

グルタミン酸が沢山配合される食事として有名なものには、まずワカメや昆布などの海藻類が挙げられます。

日本ではこれらの海藻類を古くから出汁として昆布を活用してきました。
なかでも最もグルタミン酸の配合量が多い昆布は羅臼昆布で、100gあたり2290〜3380mgのグルタミン酸が配合されています。

また、野菜の中ではトマトがグルタミン酸を沢山含む原料です。
そのためヨーロッパの地中海沿岸地方では、日本における昆布の代替えとしてこのトマトが料理のベースの材料としての役割を果たしているといえるでしょう。

グルタミン酸は小麦や大豆の中にも沢山配合されています。
とりわけ大豆や納豆の中に配合される納豆菌がたんぱく質を複合してグルタミン酸に変えることで生まれる食材ですので、グルタミン酸の摂ることに適した食事といえるでしょう。

よく納豆を多く糸をひかせるほど美味しくなるのは、納豆の糸の代表成分がこのグルタミン酸であることが理由です。

ただし、バランスの良いアミノ酸を食事の中で定期的に摂るのは、難しいことです。
しかし、サプリであれば必要な栄養素を手軽に摂ることができるため、手間はかかりません。

藻(も)サプリメントの【太陽のAFA】は、グルタミン酸のみでなく、89種類の栄養素がバランスよく含まれています。

さらにAFAは、細胞壁がないため一般の野菜の吸収率が約40%に対して、なんと98%の吸収率と非常に高い特徴を持っています。

手軽で効果的にグルタミン酸を摂取したい方は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

>グルタミン酸とさらに89種の栄養素を配合!その吸収率は98%!?健康に嬉しいAFAのパワーとは?

 

AFAブルーグリーンアレジーとは