コレステロールを下げる成分は藻(も)サプリでとる!

「和食」を意識した献立を作る

コレステロールを下げる89種類の栄養成分!注目の藻(も)サプリメントとは?

「肥満の原因はコレステロールの高い食事」や「コレステロールは取らない方がよい」と聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
コレステロール自体は体に必要な成分ですが、摂り過ぎには注意が必要です。

そこで、コレステロールを下げる栄養成分を手軽に摂れる、藻(も)サプリメントの「AFA」をご紹介します。

目次

  • 食物繊維でコレステロールを排出する!
  • 知っておきたい!コレステロールを下げる脂とは
  • コレステロールを下げる成分は藻(も)サプリで摂る
  • コレステロールって何?
  • 善玉コレステロールと悪玉コレステロール
  • コレステロールを下げる食事とは

食物繊維でコレステロールを排出する!

食物繊維でコレステロールを排出する!

コレステロールを抑える栄養素として取っておきたいのが「食物繊維」です。
食物繊維は人間の消化酵素では分解できないため、腸内の不要物を吸着したまま体外に排出する働きがあります。

また、体外に排出される過程で血中の悪玉コレステロールを吸着してくれるのでコレステロール値を下げるのに一役買ってくれます。

この食物繊維には水溶性と不溶性の2つがあり、上記の働きをするのは水溶性食物繊維です。
水溶性食物繊維はコレステロール値を下げるほかにも、食後の血糖値上昇を抑える働きもあります。

水溶性食物繊維を多く含んでいる食材は「きのこ」「海藻」「ゴボウ」などです。
玄米にも多くの食物繊維が含まれているので、普段のごはんが「白米」の人は「玄米ごはん」に変えるだけでも健康的な食事につながるでしょう。

知っておきたい!コレステロールを下げる脂とは

食事に含まれる脂肪分にはコレステロールが含まれているので、食べれば食べるほど血中のコレステロール値は増えやすくなります。

しかし、脂のなかにはコレステロールを下げる脂もあります。
それは、サバなどの青魚などに多く含まれているDHAやEPAと呼ばれる脂質です。

DHAやEPAは脂肪の分解を促進したり、体内で脂肪が作られるのを抑えたりする働きがあります。

「さんま」や「サバ」「ブリ」などに多く含まれているDHAとEPAですが「毎日、魚を食べるのはちょっと難しい」という方も多いはず。

もし、食材から十分な量を摂取することが難しいときは、サプリメントを活用するのも良いでしょう。

コレステロールを下げる成分は藻(も)サプリで摂る

なかでも近年注目されている、藻(も)サプリメントの「AFA」はおすすめです。

AFAにはDHAやEPAをはじめとする、89種類ものビタミンやミネラル、アミノ酸を配合しており、手軽に十分な栄養素を摂取できます。

またAFAが含んでいる「フィコシアニン」は余った脂肪をからめとって、便としてダイレクトに排出する効果があるため、健康になって、コレステロール値を下げる作用が期待できるのです。

さらにAFAは、強い抗酸化作用によって、スポンジのように有害物質を吸いとって体外へ排出する力があるので、コレステロールを蓄積しにくい体へと変える働きがあります。

>高いコレステロール値を効率的に下げられる!藻()サプリメント「AFA」の驚くパワーとは?

コレステロールって何?

コレステロールとは体内で合成できる脂質のひとつです。
コレステロールは細胞を覆う細胞膜を形成したり、副腎皮質ホルモンなどの各種ホルモンの材料となったりする働きをもっています。

「ダイエットするにはコレステロールに注意」「コレステロールを抑える食事がよい」など過剰な広告や宣伝によって「コレステロールは取らないほうが良い」と思っている人も多くいます。しかし、コレステロール自体は体にとって必要な成分です。

問題なのは「コレステロールの過剰な分泌」です。
体内のコレステロールは食事から摂取する分が全体の20%〜30%、体内で合成するコレステロールが70%〜80%を占めます。

ここで重要なのは、コレステロールを食事から多く摂取すると肝臓でのコレステロール合成は減少し、逆に食事から摂取する量が少ないとコレステロール合成が増加することです。
つまり、食事のコントロールだけでコレステロール値が下げられるわけではありません。

善玉コレステロールと悪玉コレステロール

コレステロールには「善玉コレステロール(HDL)」と「悪玉コレステロール(LDL)」の2種類があります。

悪玉コレステロールは肝臓で生成され血液を通して全身を巡り細胞膜や各種ホルモンの材料となります。
しかし、一定量を超えると血管の中に潜り込み動脈硬化の原因となります。

この入り込んだ悪玉コレステロールを取り除き肝臓へ回収する働きを持っているのが善玉コレステロールです。
善玉コレステロールは小腸で生成されて体内の悪玉コレステロールを調整しています。

悪玉コレステロールが増えると脂質異常症と呼ばれる病気の原因になります。
血中の脂肪が多いことで起こる脂質異常症は動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞など症状によっては死に至る危険性もある病気です。

脂質異常症は日本全国で約206万人もの患者がおり、食事制限や薬物療法などが行われています。

上記で紹介したようにコレステロールは普段の食事だけではコントロールすることができません。

悪玉コレステロールを下げるのに一番効果的なのは「有酸素運動」です。
30分や1時間程度のジョギングを週1回〜2回ほど行いましょう。
そうすれば血中の善玉コレステロールが増え、悪玉コレステロールは抑えられます。

コレステロールを下げる食事とは

悪玉コレステロールが増える原因となるのは「動物性脂質の摂り過ぎ」です。

脂質は大きく「動物性」と「植物性」に分かれます。
動物性脂質とは牛や豚、バターなどの動物から取れる脂に含まれる成分です。

一方、植物性脂質とはゴマや菜の花から取れる脂を指します。
このうち動物性脂質の摂り過ぎは悪玉コレステロールが上昇する原因になります。

特に、毎日の食事で「外食が多い」「ファーストフード店をよく利用する」という人は注意しましょう。
外食やファーストフード店での食事は炭水化物や動物性脂質などが多く偏った食事になりがちです。

コレステロールを下げるには「動物性脂質を抑えながら栄養バランスの整った食事をする」ことを意識しましょう。

このポイントをおさえているのが「和食」です。
和食には魚や野菜がたくさん使われることが多く、動物性脂質も抑えることができます。
主菜を肉以外の魚や野菜にし、副菜として具だくさんの味噌汁やお浸しなどが添えた献立にしましょう。

また日々の食生活の対策と合わせて、手軽にコレステロールを下げる栄養素を摂取できる、藻(も)サプリメント「AFA」もおすすめです。

AFAはコレステロールを下げる、ビタミンやミネラルなど89種もの栄養素を幅広く合有をしています。

さらにAFAの独自の成分である「フィコシアニン」が、毒素を体内へ排出して、腸内環境を改善してくれることにより、コレステロールを蓄めにくい体へ変えるを働きも持っています。

コレステロールが高く不安な方は、ぜひ一度「AFA」取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

AFAブルーグリーンアレジーとは