ストレスによる眠気は藻(も)サプリメントで改善!

ストレスと眠気の関係!昼眠い原因はストレス?

ストレスによる眠気が藻(も)サプリメントで改善できると話題?!

十分な睡眠をとっているのに、日中に強い眠気がくるのは、ストレスやプレッシャーが原因のことがあり、日常生活に支障をきたすため、早めの対処が必要です。

そこで、89種の栄養素を含み、ストレスによる眠気を手軽に改善できると近年注目される、藻(も)のサプリメント「AFA」をご紹介します。

目次

  • ストレスで眠気に襲われるのはホルモンのせい
  • ストレスで不眠になるのは自律神経も関係
  • ストレスによる眠気は藻(も)サプリメントで対策
  • ストレスによる眠気を予防する方法とは
  • 昼間眠くなってしまったときの対処法は
  • 一番大切なのはストレスの元を断つこと

ストレスで眠気に襲われるのはホルモンのせい

仕事が忙しいときや、人間関係に悩んでいるときなど、日常生活で強いストレスを感じていると、睡眠の質に影響が出る場合があります。

人間の体は物理的なストレスや精神的なストレスを感じると、アドレナリンやコルチゾールなどのホルモンが分泌されます。
アドレナリンは交感神経の働きを活性化し、血管の収縮や血圧の上昇、心拍数の増加などを促すホルモンです。
一方、コルチゾールは代謝や免疫機能を活性化させる作用があります。

この2種類のホルモンはストレスを感じたときに分泌量が増えることから、ストレスホルモンと呼ばれることもあります。
どちらもストレスから体を守るために欠かせないホルモンですが、コルチゾールを分泌する際に放出される「コルチコトロピン」というホルモンには、睡眠を抑制する働きがあります。

ストレスを感じている状態が長く続くと、コルチコトロピンも分泌され続け、慢性的な睡眠不足におちいってしまいます。
そのため、日中も強い眠気を感じるようになってしまうのです。

ストレスで不眠になるのは自律神経も関係

ストレスにより自律神経のバランスが乱れてしまうのも、日中に眠気を感じる理由のひとつです。

自律神経とは血圧や脈拍、体温、内分泌系などをコントロールする神経のことです。
自律神経には、興奮状態のときに働く「交感神経」と、リラックスしているときに働く「副交感神経」の2種類があります。

本来、就寝前には副交感神経が優位になり、呼吸や内臓の働きがゆるやかになったり、睡眠を促すホルモンが分泌されたりします。

しかし、強いストレスを感じていると、交感神経と副交感神経の切り替えがうまくできず、就寝時も交感神経が優位なままになってしまいます。
すると、興奮してなかなか寝つけなかったり、夜中に何度も目を覚ましたりして、脳や体の疲労を十分に解消することができなくなってしまいます。

そのため、脳に蓄積した疲労物質を解消するために、日中でも体が睡眠を欲するようになるのです。

ストレスによる眠気は藻(も)サプリメントで対策

ストレスによる睡眠不足を予防するには、眠る前に副交感神経の働きを活性化させる必要があります。

まずは心身の緊張を解くために、深呼吸や腹式呼吸を意識して行いましょう。
強いストレスを感じると呼吸が浅くなり、交感神経がより活発になってしまいます。
ゆっくりと深い呼吸をすることでイライラや興奮が和らぎ、副交感神経の働きを上げることができるのです。

就寝1時間前を目安に、38度〜41度くらいのぬるめのお風呂に入るのも効果的です。

さらに睡眠の質を高めるには、グリシンやトリプトファン、ビタミンB6などの栄養を積極的にとると良いでしょう。

しかし仕事が忙しく、なかなか栄養バランスまで気を配れないという人には、これらの成分を豊富に含んだ、 藻(も)サプリメントの「AFA」がおすすめです。

AFAはグリシンやトリプトファン、ビタミンB6の他に、ミネラルなど89種類もの栄養素が豊富に含まれていて、摂取を続けるとストレス症状のほかに健康や美容にも効果を発揮します。

またAFAに含まれるγ(ガンマ)-リノレン酸は、ホルモンの分泌を正常にして、眠気を抑えるのはもちろんのこと、生理に伴う痛みや貧血、不快な症状、さらに不安・イライラの改善にも期待できます。

さらにAFAに配合される「フィコシアニン」という独自成分は、血中の余分な脂質をからめとり、体の外に排出する働きがあるため、便秘や肌の荒れを改善する効果もあるといわれ、キレイになりながらストレスを緩和ことができます。

生活習慣などを見直してもストレス性の眠気が改善されないときには、藻(も)サプリメントの摂取も検討してみると良いでしょう。

また、呼吸法や入浴法により一時的に副交感神経が優位になったとしても、自律神経のバランスが乱れたままだと、再び睡眠不足に陥ってしまう可能性があります。

自律神経は体内時計と連動して働いているので、うまく眠れないと感じたときこそ早起きして、太陽の光を浴びましょう。
すると、体内時計がリセットされて、夜には自然に眠気を感じるようになります。

昼間眠くなってしまったときの対処法は

昼間眠くなってしまったときの対処法は

昼間に眠気を感じた場合、本来であれば仮眠をとるのが一番です。
しかし、仕事が忙しいときなど、仮眠できる時間がないことも多々あるでしょう。

手軽にできる眠気解消法としては、まずは軽く体を動かして全身の血行を促しましょう。
座ったまま背筋を伸ばすだけでも体温が上がり、眠気を覚ます効果が期待できます。

ガムを噛むのも眠気覚ましには効果的です。
噛むことにより神経細胞の働きが活性化され、脳や体の機能が目覚めます。

また、コーヒーや緑茶などカフェインを含む飲み物を飲むのも良いでしょう。
カフェインには脳に溜まった疲労物質の働きを抑制し、眠気を感じにくくする作用があります。

余裕があれば屋外など明るい場所に出て強い光を浴びてみましょう。
光を浴びることにより睡眠を促す「メラトニン」という物質が減少し、眠気が和らぎます。

一番大切なのはストレスの元を断つこと

眠気を予防したり眠気を和らげたりする方法はたくさんありますが、いずれも一時的な対処法に過ぎず根本的な解決にはなりません。

日中の眠気を解消するには、ストレスの原因をつきとめ、解消に努めるのが一番です。
もしも職場の環境や人間関係など、自分ひとりの力ではどうにもならないことが問題であれば、専門家に相談したり、転職を考慮に入れたりするのもひとつの方法です。

全くストレスを感じずに生活するのは難しいとしても、無理をするのは禁物です。
つらいと感じたら生活のリズムや働き方を見直し、ぐっすりと眠れる環境を整えていきましょう。

しかしすぐに、毎日の生活環境を変えるのが難しいというかたは、藻(も)サプリメントの「AFA」がおすすめです。

AFAはビタミンやミネラルなど89種類の栄養素が含まれている他に、グリシンやトリプトファンなど、摂取を続けるとストレス症状のほかに健康や美容にも効果を発揮します。

さらにAFAに配合される「フィコシアニン」という独自成分は、血中の有害物質をからめとって、体外へ排出する働きがあるため、便秘や肌の荒れを改善する効果もあるといわれ、キレイになりながらストレスを解消することができます。

生活習慣を見直してもストレス性の眠気が改善されないときには、藻(も)サプリメントの摂取も検討してみると良いでしょう。

AFAブルーグリーンアレジーとは