ストレス性の過食や拒食は藻(も)サプメントで改善!

ストレスは食欲不振と過食に影響する?

ストレスによる過食や拒食が藻(も)サプメントで改善できるって本当?!

不安や悩みがあるときは、食べ物が喉を通らなかったり、食べ過ぎたりと精神的な不安感やストレスは、肉体に大きな影響を与えます。

そこで、89種もの栄養素を含み、過食や拒食などのストレスを手軽に改善できると注目されている、藻(も)のサプリメント「AFA」をご紹介します。

目次

  • ストレスによる食欲不振の対処法
  • ストレスによる過食の対処法
  • ストレスによる過食や拒食は藻(も)サプメントで改善しよう
  • ストレスで食欲不振に陥ってしまう原因とは
  • ストレスで過食に陥ってしまう原因とは
  • 食欲不振も過食も心身のリラックスを心がけて

ストレスによる食欲不振の対処法

ストレスによる食欲不振の対処法

ストレスによって食欲不振に陥ったら、まず無理をして食べようと思わず、消化の良いものを中心に口に運ぶようにしてください。

ストレスに弱い体質の人は、多かれ少なかれ胃腸も弱い傾向にあります。
ですから、無理をして食べようとすると、胃腸にまで悪い影響を与えかねません。

また、食べなければいけないという強迫観念が、かえってストレスを助長することにもなってしまいます。
少量からでも良いので、食べることを義務だと考えず、自分のペースで物を口にするようにしてください。

その際、栄養不足に陥ってはいけないので、なるべく栄養価の高いものを食べるようにすると良いでしょう。
消化の良い食べ物であれば、胃腸にも優しく食欲不振を改善に導けます。

たとえば、すりおろしリンゴやヨーグルト、バナナやおかゆなどは胃腸に優しく、また栄養価も高い食べ物です。
こうした食べ物を口にして、少しずつ食欲不振を改善していきましょう。

どうしても食べられないときは、せめて水分だけでも摂るようにしてください。
胃腸を刺激しないように、冷たい水は避けるのが基本です。
胃腸に優しい白湯なら無理なく飲めるのでおすすめです。

できればカフェインレスのお茶などで、少しずつ栄養を摂ることを心がけましょう。

ストレスによる過食の対処法

ストレスで過食ぎみになっているなら、まずは脳内のセロトニンを増やすことを考えてください。

脳内のセロトニンを増やすためには、身体を動かしましょう。
運動するとセロトニン神経が活性化しやすくなります。
できれば散歩やウォーキングなど、外に出て運動するようにしてください。

太陽光に当たることもセロトニンの分泌を促します。
特に網膜に太陽の光を入れると良いそうなので、外に出てたくさんの太陽を浴びるようにしましょう。

ただ、あまり太陽をじっくり見つめすぎると目を痛めるおそれがあるので気をつけてください。

運動は日常のちょっとした作業でも構いません。
掃除や洗濯などの家事、家からひと駅分の徒歩通勤などでも良いでしょう。

特にストレッチはおすすめの運動法です。
深呼吸をすると精神は落ち着きやすくなります。
ストレッチをしながら深呼吸をして、身体を動かしながら精神も一緒にほぐしてあげてください。

また、食べ物でもストレスを和らげることができます。
バナナやチーズ、牛乳にはセロトニンの原料であるトリプトファンが入っています。
ストレスによる過食に悩んでいるなら、こうした食品を積極的に食べてセロトニンを増やしましょう。

ストレスによる過食や拒食は藻(も)サプメントで改善しよう

とはいえ忙しくてなかなか食習慣に気を使えない人は、サプリメントでストレス改善を行う方法がおすすめです。

なかでも藻(も)サプリメントの「AFA」には、ビタミンやミネラル、アミノ酸や不飽和脂肪酸など89種類もの豊富な栄養成分が含まれており、摂取を継けるとストレス症状のほかに美容や健康にもよい効果をもたらします。

また藻(も)に含まれるγ(ガンマ)-リノレン酸は、ホルモンの分泌を正常にして、生理痛や貧血、不快な症状、さらに不安・イライラの改善も期待できます。

さらに藻(も)に含まれる「フィコシアニン」という独自の天然成分は、血中の余分な脂質を吸いとって、体の外に排出する働きがあり、便秘や肌の荒れを改善する効果が持っていて、キレイになりながらストレスを治すことができます。

生活習慣などを見直してもストレスが治らないときには、藻(も)サプリメント「太陽のAFA」を摂取してみるのも良いかもしれません。

ストレスで食欲不振に陥ってしまう原因とは

私たちの体は、ストレスを感じて自律神経のひとつである交感神経が活発になると、インスリンが減少して血糖値が上昇します。
そうすると、満腹中枢が刺激されて食欲が落ちてしまいます。

つまり、何も食べていないのに食欲がないと感じるのは、ストレスが原因で脳が「もうお腹いっぱい」と勘違いしているからです。

また、脳の勘違いは消化液の分泌を抑えてしまい、食べても消化不良を起こしやすくなる場合があります。

ストレスで過食に陥ってしまう原因とは

一方、ストレスを感じると、逆に過食に陥ってしまうケースもあります。
これは過労などで日常生活や食生活が乱れた結果、セロトニンが不足してしまったことが原因だと考えられます。

セロトニンは脳の機能を安定させる神経伝達物質です。
セロトニンは同じ神経伝達物質であるドーパミンやノルアドレナリンの分泌をコントロールする役割を担っています。

意欲をつかさどるドーパミンや不安感をあおるノルアドレナリンは、分泌され過ぎると脳や精神に悪影響を及ぼします。
それを抑えて心身のバランスを保つのがセロトニンなのです。

しかし、セロトニンが不足すると、心身が乱れてストレスも感じやすくなってしまいます。
すなわち、セロトニン不足によってストレスが助長され、ストレスを発散するために過食に走るという構図ができあがってしまうというわけです。

しかも、セロトニンは食欲を抑制する作用も持っています。
そのため、セロトニンが不足すると過食になったり、甘いものが欲しくなったりするわけです。

セロトニンが不足すれば心身も不安定になり、心身が不安定になればますますセロトニンが不足してしまいます。
こうした悪循環を断ち切るのは容易ではなく、その結果としてどんどん過食が進んでしまうのです。

食欲不振も過食も心身のリラックスを心がけて

ストレスを常に感じている状態は、体も心もエネルギー消費が激しくなっている状態です。
過度なストレスは過食や食欲不振だけでなく、さまざまな体調不良にもつながってしまいます。
リラックスすることを心がけ、ストレスを溜めない生活を維持することが大切です。

もし、ストレスを感じることが多いなら、身の回りにリラックスできるアイテムを置いてみると良いでしょう。
ラベンダーやカモミールなどの香りは心を落ち着けるのに効果的です。
心地よい香りは心身に良い影響を与えてくれるので、家の中に芳香剤を置いてみたり、実際に花を飾って目と鼻で楽しんでみたりするのも良いでしょう。

また、ストレス解消のためには、特に睡眠習慣が大切です。
睡眠不足はストレスを助長するので、しっかり睡眠を取るようにしてください。

寝る前にパソコンやスマートフォンを見ると、モニターのライトで目が冴えてしまいます。
寝る前はモニターから離れて、寝る準備をするように心がけましょう。

しかし、毎日の生活習慣に気をつかい続けるのは難しい人も多いでしょう。

さまざまなサプリメントが売られていますが、各栄養素を個別に摂ろうと思うと大変な手間がかかりますし、長期で継続するには費用も気になるところです。
そんな人におすすめなのは、藻(も)サプリメント「AFA」です。

ストレスに効果的なトリプトファンはもちろん、ビタミンやミネラルなど89種類もの栄養素がバランスよく配合されています。

とくにAFAに含まれる「フィコシアニン」は、血中の余分な毒素を吸着して、体外へ排出す働きがあるので、腸内環境を改善しストレスを蓄積しにくい体へと変えることができます。

さらにAFAは香料や着色料などの不要な成分は含まれていません。
何よりサプリメントはこれ1つで充分なので手軽でお財布にも優しく長期で継続しやすいのが注目の理由です。

 

AFAブルーグリーンアレジーとは