ストレス症状は藻(も)サプリメントで対策!

ストレス症状で要注意なのは?代表例を紹介!

ストレス症状は藻(も)サプリメントで対策できると話題?!

生活の中で少なからずストレスは発生しますが、
ストレスを溜め続けると、胃炎・自律神経・適応障害などさまざまな障害が発生します。

そこで、89種の栄養素を含み、ストレス症状を手軽に対策できると、近年注目されている藻(も)のサプリメント「AFA」を見ていきましょう。

目次

  • ストレスが溜まるとコルチゾールが分泌される
  • ストレスが溜まると交感神経が活発に
  • ストレスによる症状の特徴とは
  • ビストレスの症状1.自律神経失調症
  • ストレスの症状1.自律神経失調症
  • ストレスの症状2.適応障害
  • ストレスの症状3.胃炎
  • ストレス症状は藻(も)サプリメントで対策

ストレスが溜まるとコルチゾールが分泌される

ストレスにさらされると身体のあちらこちらで不調を感じるようになります。
その原因のひとつにコルチゾールの分泌が挙げられます。

ストレスを感じると脳の視床下部から「副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン」が分泌され、これを受けて脳下垂体から「副腎皮質刺激ホルモン」が分泌されます。

さらに、このホルモンが血液に乗って副腎に到達すると「糖質コルチコイド」の合成が促されます。
その結果、別名ストレスホルモンと呼ばれる「コルチゾール」が分泌されてしまうのです。

このように、複雑な経路を経て分泌されるコルチゾールは、通常1日のあいだで一定量は出ています。
ただし、起床後をピークにして就寝前に少なくなるのが一般的です。

ストレスによってコルチゾールが増えると、血圧や血糖値が上昇していきます。
一方で、コルチゾールには炎症を抑制する効果もあります。

つまり、コルチゾールは一種の生体防御反応の結果生まれるものであり、ストレスにさらされた状態から身を守るために生成された自然治癒力の結果と言えるでしょう。

ただし、副作用として血糖値の上昇は糖尿病のリスクが上がり、血圧の上昇は高血圧の危険が高まります。
したがって、コルチゾールは自然に分泌される分を除き、できるだけ生み出さないようにすることが重要です。

ストレスが溜まると交感神経が活発に

ストレスを溜めていくと交感神経が活発となることも問題です。

自律神経の一種である交感神経は、闘争と逃走の神経と呼ばれています。
自律神経には交感神経と副交感神経があり、どちらかが優位になるともう一方の活動は抑えられます。

自律神経が乱れると怒りっぽくなったり不安を感じたりしやすくなりますが、これは交感神経が優位になっている状態と言えるでしょう。

交感神経が優位になると、血圧が上がったり呼吸が浅くなったり、動悸が早くなったりします。
ストレスで交感神経ばかりが優位になると、体は常に緊張状態となり悪影響を身体に及ぼします。

逆に副交感神経が優位になるとリラックスした状態になります。
胃液が分泌されて消化が良くなったり、排尿が促進されたりすることなども副交感神経が活発化した結果です。

交感神経ばかりが優位になるのも問題ですが、副交感神経が常に活発化しているのも良い状態とは言えないため、どちらも適度にバランスよく活発化させることが重要です。

ストレスによる症状の特徴とは

コルチゾールもまた、闘争と逃走に備えるためのホルモンといわれています。

ストレスが溜まるとコルチゾールと交感神経が働いて、身体は過度な緊張状態に陥ります。
コルチゾールも交感神経もストレスに耐えるために必要な仕組みですが、両者が過度に働くとさまざまな不調が心身にあらわれます。

ストレスは万病の元といわれるだけあり、ストレスを感じてもうまく発散させないと病気のリスクが上がるので注意が必要です。

ストレスの症状1.自律神経失調症

身体の各器官をコントロールする役割のある自律神経が乱れると、不安や抑うつなどの精神不安になることがあります。
原因不明の吐き気や頭痛、肩こり、動悸、手足のしびれ、めまい、不眠などがあれば、自律神経失調症を患っているかもしれません。

そのほかにも、自律神経失調症では理由がないのにイライラしたり落ち込んだり、何をするにも無気力になったり焦りを感じたりするといった症状を伴うこともあります。

ストレスの症状2.適応障害

ストレスの症状2.適応障害

適応障害もストレスによる症状のなかでおそろしいもののひとつです。

適応障害とは抑うつや漠然とした不安、軽いパニック発作を起こす心の病気ですが、肩こりや頭痛など身体的な症状を伴う場合もあります。
症状が進んでいくと,人によっては暴飲暴食や万引き、飲酒運転などの自暴自棄な行動に発展するケースもあるので注意が必要です。

ストレスの症状3.胃炎

ストレスを感じると胃がキリキリと痛くなるという経験をしたことがある人も多いでしょう。
ストレスを抱えると免疫機能が弱くなるので、胃炎にかかりやすくなります。
そのうえ、ストレスによって胃酸が多く分泌されて胃の粘膜が傷つき、胃もたれや胸焼けなどを感じることもあります。

胃炎を招くストレスは精神的なものばかりではなく、アルコールや刺激の強い食べ物を摂取するなど直接的に胃を刺激するストレスも含まれます。
そのため、ストレスによって暴飲暴食をしてしまうと、胃がますますダメージを受けることを覚えておきましょう。

ストレスが多く胃炎になりそうなときにこそ、胃をいたわる食品や身体の回復に有効な栄養素を摂取することが大切です。

ストレス症状は藻(も)サプリメントで対策

忙しくてなかなか食事に気を使えないという人は、藻(も)「AFA」サプリメントで必要な栄養分を補う選択肢もあります。

植物と動物の両方の性質を持つ、藻(も)サプリメント「AFA」には、豊富なビタミンやミネラル、アミノ酸や不飽和脂肪酸が含まれています。

藻(も)には植物特有の細胞壁がなく、体内に98%も吸収されるといわれています。
ほかの植物と比べてとても高い吸収率なので、栄養素を効率的に取り込めるのが特徴のサプリメントです。

なかなかストレスを発散させられないときは身体の回復に努めるサプリメントによる対策方法も積極的に実践してみてください。

AFAブルーグリーンアレジーとは