ダイエットの食事制限に無理は禁物!成功のコツ紹介

食生活を見直すことでスリムな体型を目指せる「食事制限」は、多くの人から注目を集めているダイエット法です。
しかし、食事制限は無理に行うと途中で挫折したり、ツラくなったりしてしまう原因になります。
食事制限でダイエットを成功させるには、いくつかのポイントを意識することが重要です。

ここでは、食事制限を行う際のポイントについて紹介します。

目次
* ツラくなって当たり前!無理な食事制限はNG
* ご飯もお肉も敬遠せずにしっかり食べる!
* 糖質制限ダイエットは炭水化物の量に注意
* 筋肉をつけて代謝の良い体に!お肉の選び方
* 野菜だからと安心しない!野菜の食事制限とは

ツラくなって当たり前!無理な食事制限はNG

食事制限を行うときに最も重要になるのが、決して無理はしないということです。
たとえば「1週間で3キロ痩せる」というように、短期間で急激に痩せるための食事制限は、危険なため避けたほうが無難です。

無理な食事制限を行うと、体にとって必要な栄養が不足してしまい、便秘や貧血などのさまざまな体調不良を引き起こす原因につながります。
単品ダイエットと呼ばれるリンゴやバナナしか食べない方法や、1日1食しか食べないという方法は、長期間続けると栄養が足りず、体調を崩すおそれがあるので注意しましょう。

また、栄養の偏った食生活を続けると体が省エネ状態になり、痩せにくい体になってしまう場合があります。

このように、無理な食事制限はかえって脂肪を蓄えやすい状態をつくる原因になり得ます。
早く理想のプロポーションを手に入れたいという気持ちはあったとしても、健康的にスリムを目指すためには無理な食事制限は避けたほうが良いでしょう。

ご飯もお肉も敬遠せずにしっかり食べる!

炭水化物やお肉などは太りやすいというイメージを持つ人も多く、ダイエット中は敬遠されがちな食材と言えるでしょう。

しかし、炭水化物を一切摂らない食生活を続けていると、体がエネルギー不足の状態に陥ってしまいます。
加えて、お肉を食べないと筋肉をつけることが難しくなってしまうという点にも注意が必要です。

効率良く筋肉をつけるためには、良質なたんぱく質を多く含む、お肉を適度に摂取することが大切です。

それから、食事制限をするうえで重要になるのが「腹八分目」を意識するということです。
腹八分目で食事を終えることで無駄に食べ過ぎず、効率的にカロリーの摂取量を抑えることができます。

お腹いっぱいにならないとなかなか満足できないという場合は、噛む回数を増やしたり、ひと口ごとに箸を置いたりすることがおすすめです。
ゆっくりと時間をかけて食事を行うことで、満腹中枢が刺激されて食べ過ぎを防止できます。

糖質制限ダイエットは炭水化物の量に注意

雑誌やテレビでも多く取り上げられ、高い注目を集めている糖質制限ダイエット。
炭水化物は体内でブトウ糖に変わるため、摂取量を減らすことでスリムな体型に近づきやすくなります。
そのため、糖質制限ダイエットとしてご飯や麺類を食べないという方法も存在します。

ただ、炭水化物に含まれる糖質は、体を動かすための重要なエネルギー源だと考えられています。
炭水化物の摂取を過度に控えてしまうと、体調を崩す原因につながる場合があるのでやりすぎには注意が必要です。
無理のない程度にほどほどを意識しましょう。

糖質制限ダイエットを無理なく行うには「夜だけ炭水化物を抜く」ことも良い方法です。
朝は1日のエネルギーを補うためにもしっかりとご飯を食べて、活動の少ない夜は炭水化物を制限しましょう。
ランチも午後に活動する時間が長いため、炭水化物を摂取してOKです。
夜だけ炭水化物の摂取を制限することで、無理なく余分な糖質を抑えられます。

筋肉をつけて代謝の良い体に!お肉の選び方

ダイエットにおいて重要だと考えられている基礎代謝。
基礎代謝が高い人は消費が活発であり、太りにくい傾向だといわれています。
したがって、ダイエットでは減量を目指すことはもちろん、基礎代謝を高めて太りにくい体をつくることが大切です。

基礎代謝を高めるには、筋肉をつけることが大切です。
効率良く筋肉をつけるには、たんぱく質やビタミン、ミネラルなどの栄養をきちんと摂ることを意識しましょう。

また、炭水化物や脂質なども必要であり、これらの栄養をバランス良く摂取することがポイントです。
なかでも、たんぱく質はしなやかな筋肉をつけるうえで欠かせない存在と言えます。
積極的にたんぱく質を摂取して、代謝の良い体を目指しましょう。

たんぱく質を摂取するには、毎日の食事にお肉を取り入れることがおすすめです。
特に牛や豚の赤身肉は脂肪分が少なく、良質なたんぱく質やビタミンB群を豊富に含んでいます。

また、大根おろしやピクルスは、お肉と一緒に食べることで消化をサポートしてくれます。
しょうがやわさびなども消化を助ける働きを持つため、お肉を食べる際は同時に摂取すると良いでしょう。

ただ、毎日決まったメニューを食べると飽きてしまったり、栄養バランスを考えた食事を用意することが大変だったりする人もいるでしょう。
このような場合は、サプリメントで必要な栄養素を補うという方法もあります。

なかでもAFA・サプリメントは筋肉づくりに欠かせないビタミン類をはじめ、ミネラルなどの89種もの栄養素を豊富に含んでいるためおすすめです。

サプリメントをうまく活用することで、不足しがちな栄養を効率的に摂取できるようになり、健康できれいな身体に無理なく近づくことができます。

野菜だからと安心しない!野菜の食事制限とは

野菜はビタミンとミネラルの宝庫ともいわれており、ダイエットの心強い味方です。
栄養バランスをきちんと考えたうえであれば、たっぷりと摂取しましょう。

ただし、注意しなければならないのが、糖質を多く含む野菜があるという点です。
特にさつまいもやじゃがいも、かぼちゃなどは炭水化物であり、食べ過ぎると体重が増えてしまうおそれがあります。

イモ類は野菜のなかでも糖質が多い傾向にあり、ダイエット中は控えたほうが無難な食材と言えるでしょう。

もしも糖質を多く含む野菜を食べる場合は、エネルギー消費の多い朝や昼の時間帯を選ぶことがおすすめです。

また、食事制限で重要になるのが、食べる順番です。
食事の最初に野菜を食べることで血糖値の上昇がゆるやかになり、満腹感を得やすくなります。
まずは野菜をたっぷりと食べてからスープ類、続いてお肉や魚などのたんぱく質を摂ることで、痩せやすい体を目指せます。

AFAブルーグリーンアレジーとは