ダイエット中の食事のポイントは?食べ方を紹介!

ダイエットと食事制限には密接な関係があります。
そして、食べる量だけではなく「食べ方」によってもダイエットの効果は変わります。

この記事では、ダイエットをサポートするための食べ方を5つのポイントから解説します。

目次
* ダイエット中の食事のポイント1.食べる時間に気をつける
* ダイエット中の食事のポイント2.食べる順番に気をつける
* ダイエット中の食事のポイント3.栄養バランスを考える
* ダイエット中の食事のポイント4.飲み物はヘルシーに
* ダイエット中の食事のポイント5.間食はフルーツを

ダイエット中の食事のポイント1.食べる時間に気をつける

夜食はダイエットの天敵です。
ダイエット中は寝る3時間前までに食事を済ませておくようにしましょう。

これは、人体には深夜帯に「ビーマルワン」というタンパク質が大量分泌される傾向があるからです。
ビーマルワンは脂肪を蓄積するために重要なタンパク質です。

適度な脂肪はエネルギー補充のために欠かせません。
しかし、ビーマルワンが分泌されているときに食事をすると、脂肪細胞に過剰な脂肪がたまっていきます。
その結果、寝る直前に食べると脂肪が増えてダイエットの効果が薄まるのです。

深夜帯に食事をするのはおすすめできません。
とはいえ「空腹が気になると眠れない」人も多いでしょう。

そこで、残業などで夕飯の時間が遅くなったらなるべく消化のいい食材を口にすることが重要です。
スープやおかゆなどカロリー控えめな食事を心がけましょう。

また、あまり量は食べずに空腹がカバーできる程度に留めておくのもコツです。

ダイエット中の食事のポイント2.食べる順番に気をつける

ダイエット中の食事では、カロリーと同じくらい血糖値のバランスが重要な鍵を握っています。
たとえ分量を制限したとしても、血糖値が上昇してしまうとブドウ糖が脂肪に変わりやすくなるからです。

血糖値は炭水化物に影響されやすい数値です。
そのため、食事では炭水化物から食べないようにしましょう。
炭水化物を多く含んだ、ごはん類から箸をつけるのはNGです。

理想的な食事の順番は、まず汁物を胃に入れて消化を助けてあげることです。
また、液体から先に食べ始めると満腹を感じるまでの時間が早くなります。

次に、血糖値を抑える働きのある野菜や、体の組織を作るタンパク質を摂取します。
食材では、汁物、野菜、肉や魚の順です。

そして、最後にごはんなどの炭水化物を口に入れます。
この順番で食べると、美容成分であるビタミンやミネラルが効率よく摂取できます。
また、脂肪の吸収率を下げるためにも効果的です。

ダイエット中の食事のポイント3.栄養バランスを考える

ダイエットでは「ご飯や肉を控える」方法が推奨されがちです。
カロリーを減らせるという意味では、短期ダイエットとしての効果はあるでしょう。

しかし、長期的にダイエットを行う場合、ご飯や肉をまったく食べないのは逆効果です。
少しずつ食卓に加えていきましょう。

ご飯などに含まれる炭水化物はエネルギーに変わる重要な栄養素です。
炭水化物が不足すれば、絶対的な体力が低下して「省エネ体質」になってしまいます。
省エネ体質だと新陳代謝が悪くなるので、結果的に脂肪がつきやすくなります。

また、ダイエットに必要な運動をこなせなくなり、カロリーを燃焼しにくくなるでしょう。

肉は筋肉を増やすために必要です。
筋肉がついた体はカロリーの燃焼率が高まるため、たくさん食べても太りにくい特徴が得られます。
脂身のついた肉をたくさん食べるのはおすすめできませんが、ささみなどは多く摂るようにしましょう。

ダイエット中の食事のポイント4.飲み物はヘルシーに

食事制限をともなうダイエットでは、空腹をごまかすために水分を多く補給するようになりがちです。

また、ダイエットによる肌荒れを防ぐためにも水分は欠かせません。
しかし、飲み物の選択を間違うとダイエットの効果が薄まるので気をつけましょう。

たとえば、添加物や糖分をたっぷり含んだ清涼飲料水はカロリーが高いのでNGです。

また、カフェイン系の飲み物にも糖分が入っていることがあります。
コーヒーや紅茶はミルク・砂糖抜きで注文しましょう。

ダイエット中の飲み物として、おすすめは体を温める白湯です。
低カロリーのうえ、ただの水よりも胃腸に優しいのがメリットです。

また、美容成分であるビタミンCも飲み物から補給しましょう。
レモンティーやローズヒップティーにはビタミンCが多く含まれています。

ただし、これらの飲み物をすっぱく感じる人もいるでしょう。
甘みを加えたければハチミツかオリゴ糖がヘルシーです。

ダイエット中の食事のポイント5.間食はフルーツを

食事の合間にお腹が空いても、スナック類やインスタント食品を口にするのは止めましょう。
フルーツやヨーグルトなど、低カロリーの食材がおすすめです。

バナナやイチゴ、キウイなどをヨーグルトにトッピングすると、おやつにぴったりです。
これらの食材からはビタミンと乳酸菌、水溶性食物繊維などを積極的に摂取でき、腸活に役立ちます。

ただし、仕事中などで間食にこだわれない場合もあります。
そんなときはサプリメントで健康成分をカバーしましょう。

バランスよく89種の栄養素が含まれた・AFAのサプリメントなら簡単にビタミンやミネラルなどを補充できます。
がダイエットに向いているのは、基礎代謝を高める効果もあるからです。

代謝が悪いと運動の効果が現れにくく、少し食事量を増やしただけで体重が戻ってしまいます。
健康的にダイエットを成功させるにはの力を試してみましょう。

AFAブルーグリーンアレジーとは