チロシンの効果や多く含む食品って?チロシン摂取にオススメのサプリ

抑うつ症状の対策やストレス緩和に役立つとされるチロシン。

ここではチロシンの概略、効能・効果、どんな食品に多く配合されているかなど、チロシンについて詳しく解説していきます。

チロシン摂るのにもってこいのサプリメントについても最後に紹介しますので、参考にしてみてください。

目次

  • チロシンとは?
  • チロシンの効能・効果って?
  • チロシンはどんな食品(食べ物)に多く含まれるの?
  • チロシンは不足するとどんな症状が起きるのか?
  • 1日にどれくらい摂取したら良いの?
  • チロシンとその他栄養をバランスよく摂るなら藻(も)サプリがオススメ

チロシンとは?

チロシンとは?

チロシンはドイツの化学者によりチーズから発見されたのが始めです。

チロシンという名称はギリシャ語の「チーズ」が由来になっているといわれています。

チロシンはうつ状態を対策する非必須アミノ酸に分類されています。
興奮を伝えるアドレナリン、抑制を司るノルアドレナリンなどの神経伝達物質の材料になります。

その他にも自律神経、および代謝のバランス調整のサポートを担う甲状腺ホルモン、毛髪や皮膚の黒色色素であるメラニンの材料でもあります。

チロシンは脳の働きをサポートする一面もあるため、認知症の改善効果も期待できるでしょう。

チロシンの効能・効果って?

チロシンは脳を緊張状態にすることで集中力を上昇するノルアドレナリンや、一種の興奮の状態にしてやる気を発生させるドーパミンの材料になります。

そのため、うつ状態の治療には一定の効果があります。
またチロシンは疲労やストレスをやわらげる作用も期待できます。

長期間に渡り強い疲労感が出現する「慢性疲労症候群」にも有効的です。

人は強いストレスを感じると攻撃的な反応を表すことが多くなりますが、チロシンはノルアドレナリンを構築して神経機能を整えますのでこの攻撃性を穏やかにすることができるといわれています。

厳しい訓練が継続する軍隊の兵士達にチロシンを与えるとストレス抵抗が強くなったというデータもあります。

チロシンは体の中でメラニン色素を構築することができますので、白髪改善にも役立ちます。
黒髪は紫外線から頭皮を守る役目を持っています。

メラニン色素が低下し、皮膚が紫外線によるダメージを受けた時にガンなどの重大な病を発生することも起こり得るので、メラニン色素を発生するチロシンの効果はとても大事なものなのです。

>チロシンを摂るなら藻()サプリメント「太陽のAFA」。その他の沢山の栄養成分も一緒に!

チロシンはどんな食品(食べ物)に多く配合されるの?

チロシンはどんな食品(食べ物)に多く配合されるの?

チロシンは食べ物で増やすことができます。

たとえばチーズや大豆はチロシンを大量に含む代表物ともいえます。
チーズ、大豆、どちらに関しても100gあたり、1000mg以上のチロシンが配合されていますので他の食品よりも遥かに高い数字です。

加工食品の時は納豆よりも大豆に近い豆腐のほうがチロシンをより多く含んでいることを覚えておきましょう。

チロシンを多く含む食品としては牛乳もオススメです。牛乳の成分としてカゼインというたんぱく質の一種があるのですが、このカゼインにはチロシンが豊富に配合されています。

カゼインの成分にはアレルギーを引き起こすものがあるため大量摂取は避けなければなりませんが、適量を守れば効率よくチロシンを補完できるでしょう。

その他にもマグロやかつおなどの赤身魚、肉類、たらこなどからもチロシンを多くとることができます。
チロシンはフェニルアラニンから合成される物質なので、フェニルアラニンを摂取してチロシンを増やすのも良いアイディアです。

チロシンを含む藻()をたっぷり配合したサプリメント「太陽のAFA」はこちら >

チロシンは欠乏するとどんな症状が発生するのか?

チロシンが足りなくなると抑うつ症状が発生しやすくなります。

何に対しても意欲がわかなかったり、常に気分が落ち込んでいるような状態です。
これはチロシンが原料であるノルアドレナリンやドーパミンが低下することで引き起こされると考えられます。

その他にも記憶力や性機能が低下する可能性もあるでしょう。

また、乳幼児の成長期にチロシン不足が発生すると甲状腺機能低下症の要因となる可能性があります。
甲状腺機能低下症になってしまうとなんらかの成長障害や発達障害になるリスクを抱えるため、注意が大切です。

過眠や不眠の症状もチロシンの欠乏が要因なことがよくあります。
ストレスがかかりノルアドレナリンを消耗することで過眠になります。ノルアドレナリンが枯渇することでセロトニン不足が慢性化しますので不眠症状にもつながります。

一見逆に思える過眠、不眠ですが、どちらもチロシンの欠乏が深く関与しているのです。

1日にどれくらい摂ったら良いの?

チロシンはうつ症状を改善したり、代謝や自律神経の調整をしてくれる大事な成分ですが、摂りすぎはよくありません。

チロシンを体の中に入れ過ぎると、メラニンがオーバーフローをしてシミやそばかすの要因になりますので適量を心がけましょう。

チロシンは1日500~2000mg程とるのが良いとされていますが、それは自分の体格次第となります。
一般的な健康状態の方が1日にとるチロシンの上限は体重1kgあたり25mg程度と言われます。

つまり体重が50kgの人であればチロシンの限度は1250mgがボーダーラインとなります。

大豆やチーズは100gあたり1000mgのチロシンが配合されていますので、もし体重が50kgの人であれば大豆やチーズを1日で125g以上は摂ったほうが良いということです。

普通の食事でこの上限はなかなか超えないはずですので、チロシンが含まれる食事をバランスよくとっていればそれで十分な時がほとんどでしょう。

チロシンとその他栄養素をバランスよく摂るなら藻(も)サプリメントがオススメ

チロシンとその他栄養素をバランスよく摂るなら藻(も)サプリメントがオススメ

チロシンを効果的に摂りたいなら藻(も)サプリメントの「太陽のAFA」がオススメです。

医療従事者がすすめるサプリ部門で1位のサプリメントです。

AFA成分たっぷりの高品質ですが、値段は低価格を実現していますので、お手軽に試すことができます。

>体の中からきれいになって、ストレス緩和!89種の栄養を含む、藻(も)AFAのパワーとは?

 

AFAブルーグリーンアレジーとは