デトックスで汗をかくのは効果がない?

デトックスで汗をかくのは効果がない?

デトックスは一般的に「たくさん汗をかいて毒素を無理やり出す」というような意味合いで使われますが、実はその目的で汗をかくことは、あまり効果がないという見方もあります。
汗をかくこととデトックス効果について、詳しくご紹介していきます。
ダイエットとデトックス効果についてお考えなら、参考にしてみてください。

目次

・汗をかくこととデトックスとは

・汗をかいても意味がない?

・ウォーキングでの汗も効果的

・デトックス効果は腸活がかなめ

・腎臓の働きを上げるのもデトックスでおすすめ

・汗をかくこととデトックスとは

「デトックス効果は汗をかくことに限る」とお考えの方はとても多いはずです。
サウナや岩盤浴、半身浴で思い切り汗をかくことできれいに流れ出る、というデトックス効果ですが、実は「汗をかく=デトックス」とは、一概には言えません。

この理由はなぜかというと、汗によるデトックス効果は、全体のわずか3%しかないとされているためです。
老廃物の9割以上は便、尿、リンパ液と言ったものから排出されているのです。

汗をたくさんかくことは、体の水分が大きく失われるということです。
お風呂上りなどで体重を測ると、目に見えて減少することが多いですが、これはデトックス効果ではなく単に体から水分がなくなっているからなのです。

汗で排出される老廃物は、ほぼ無いに等しいレベルで、たくさん汗をかいたからと言って老廃物がたくさん出ていくというものではないということです。

・汗をかいても意味がない?

ただし、汗をかくことは意味がないというわけではありません。
汗は体にとって重要な代謝の一つですので、汗をかくことで細胞が活発に働くことは事実です。

また、岩盤浴や半身浴は体を芯から温める効果があり、さらに汗をかくことで汗腺が鍛えられて体温調節の機能が強化されることにつながります。
冷え性にお悩みの方に、岩盤浴や半身浴をゆっくりやることがおすすめされるのにはこうしたことがあるためです。

冷え性が解決されるということは血行が良くなり、腸や内臓の働きが改善されるため、デトックス効果の向上につながります。

・ウォーキングでの汗も効果的

お風呂などでかく汗以外も効果的です。
例えばウォーキングやジョギングと言った有酸素運動は、心肺機能が上がり結果として内臓の代謝が向上します。
激しい筋トレほどではありませんが、足腰の筋肉にも刺激が行くため筋力のアップにもつながります。

またもちろん、脂肪燃焼の効果もあるためダイエット効果も強く得られる上、気持ちのいい汗は気分転換に最適で精神的にも滞っていた空気を流せるためおすすめです。

注意する点は、逆に激しいランニングや坂道ダッシュなどはあまりおすすめできません。
普段から走る必要のあるアスリートや、強靭な足腰が必要な仕事などであれば取り入れても大丈夫ですが、一般的な生活でしたら、それらのような激しい運動は大きな疲労になり、けがの原因にもなるため避けてください。
こまめに続けることが大切ですので、無理なく続けられる量、負担の運動するのが一番大切です。

いきなりの過度な運動は関節や筋肉の負担になるだけではなく、内臓にも負担になるため、しないようにしましょう。

・デトックス効果は腸活がかなめ

・デトックス効果は腸活がかなめ

最初に書いたように、老廃物の7割以上は便や尿などで出ていきます。
つまり、一般的にデトックス効果と言われるものは、腸にあると考えてもおかしくありません。

もともと、腸内環境というものは、生活リズムの乱れや偏っている食生活、ストレスなどで悪化しやすいものです。
健康を維持するためには、腸内環境を整えることが非常に大切です。腸の動きを自然に活発にさせることが重要なのです。
最近は「腸活」という言葉も出てくるほど、腸内環境がカギを握っています。

腸活と言っても、例えば乳酸菌を含むヨーグルトや飲料を日ごろから積極的に飲むというレベルでも、効果はあります。
乳酸菌を含む食品は、腸内の善玉金を増やす働きがあるため、腸内環境を整えるという意味では欠かせないものです。

乳酸菌を含む食品以外では発酵食品全般がおすすめです。
例えば漬物や魚のぬか漬けなども便利です。

さらには、おなかを揉んでマッサージするというような、外部からの刺激を与えるだけでも意味はあります。
いわゆる腹筋、クランチも腸のぜん動運動を強く刺激するため、便秘解消に役立ちます。

様々なアプローチをして腸内環境を変えていくことで、便がスムーズに排出され、結果的に大きなデトックス効果になります。

・腎臓の働きを上げるのもデトックスでおすすめ

ちなみに、腸と同時に腎臓の働きを助けるというのも、デトックス効果という意味では効果的です。
腎臓は体内にたまった老廃物や毒素を尿にして排出する役割があるため、例えばカフェインやアルコールは利尿作用があり、デトックス効果が期待できます。
特にコーヒーにはポリフェノールの一つのクロロゲン酸や脂肪分解作用のあるリパーゼなどが含まれており、ダイエットに非常に効果的です。

ただ、カフェインやアルコールはとても刺激の強いもので、負担になるものです。
人によっては普段からとりすぎているためセーブする必要がある、という方もいるかと思います。

そこでおすすめなのがハトムギ茶です。
緑茶などはカフェインが含まれているためおすすめできませんが、麦茶はカフェインがなく、中でもハトムギ茶はミネラル類が特に豊富なため、様々な面で役立ちます。
基本的には通常の水道水でも大丈夫ですので、普段から水分不足だと感じている方は意識して飲んでみてください。

デトックス効果を考える上で、尿と便による排出は最も大切な要素です。
もし便秘などで不安があれば、それらの解消をしてみましょう。

AFAブルーグリーンアレジーとは