デトックス方法のおすすめ5選!体内から綺麗に

おすすめデトックスの方法4.ストレッチ

体内の老廃物などを排出して美しい身体を手に入れる方法として、デトックスが注目されています。
毎日の生活にデトックスを取り入れて、美しくなりましょう。

この記事では、気軽にチャレンジできるデトックスの方法を5つ解説していきます。

目次
* おすすめデトックスの方法1.岩盤浴
* おすすめデトックスの方法2.半身浴
* おすすめデトックスの方法3.ウォーキング
* おすすめデトックスの方法4.ストレッチ
* おすすめデトックスの方法5.ファスティング

おすすめデトックスの方法1.岩盤浴

気軽にできるデトックスの方法のひとつとして、岩盤浴が挙げられます。
岩盤浴はサウナと同じように汗をかくため、しばしば混同されがちです。

しかし、一般的に岩盤浴はサウナよりも温度が低いため、岩盤浴をしている最中でも体が楽という特徴があります。
岩盤浴は、40度くらいの岩盤に20分〜30分程度寝転ぶだけという簡単な方法によるものです。

岩盤浴をすると汗をかくことからデトックスになり、血流が良くなる、新陳代謝が活発になる、美肌になるなどのうれしい効果を得られるでしょう。
岩盤浴をするとたくさんの汗をかくため、脱水症状を起こさないように気をつけることがポイントです。

脱水症状を防ぐためには、小まめな水分補給を心がけましょう。
水分補給については、喉が渇いたときに水を一気飲みするのではデトックスの効果を高めることはできません。
500ml〜800ml程度の水分を小まめに摂っていく方法がおすすめです。

おすすめデトックスの方法2.半身浴

半身浴は、家でも手軽にできるのが最大のメリットとされるデトックスの方法と言えるでしょう。
半身浴を行うときのお湯の量は、湯船に浸かったときにおへその上あたりを目安として溜めておきましょう。

ただし、半身浴を行うとき、季節によってはどうしても上半身が冷えてしまいます。
上半身の冷えを防ぐために、湯船のふたをしめてから入ると冷えを感じることはないでしょう。

加えて、身体を冷やさないために、浴室をおよそ25度に暖めておくなどの工夫をすることがおすすめです。

デトックスの目的で半身浴を行うのであれば、15分〜20分程度を目安として入浴すると良いでしょう。
また、半身浴を始めるおよそ30分前には、胃腸に負担をかけない常温の水、もしくは白湯を摂取しておくのがおすすめです。

そして、半身浴をしていると、だんだん汗をかいてきます。
いつでも水分補給ができるように、浴室に水を用意しておきましょう。

おすすめデトックスの方法3.ウォーキング

運動にはデトックス効果が期待できます。
数ある運動の種類のなかでも、ウォーキングは誰でも比較的気軽に取り組むことができる有酸素運動と言えるでしょう。

ウォーキングを行うとデトックス効果だけでなく、ダイエット、体脂肪の燃焼、代謝アップなどが期待されます。
ウォーキングを行うときには、30分〜40分を目安とすると良いでしょう。

最初から長時間のウォーキングを行ってしまうと、継続すること自体が難しくなってしまいます。
また、ウォーキングをするときには、会話ができる程度の早歩きを意識しましょう。
すると、内臓が活発になって代謝が良くなるのです。

デトックスの目的でウォーキングを行うと、汗をかきやすくなるだけでなく、尿の排泄が促され、むくみが取れるというメリットもあります。
ウォーキングは特別な道具を必要としないため、デトックスに興味がある人は気軽にはじめてみることをおすすめします。

運動する時間がない人の場合は、「会社帰りに歩く」「一駅分歩く」などのように、隙間時間を見つけて歩いてみましょう。

おすすめデトックスの方法4.ストレッチ

おすすめデトックスの方法4.ストレッチ

家にいながらデトックスしたいなら、ストレッチにチャレンジしてみましょう。

体が固いと、全身の血流が滞ってしまいます。
血のめぐりが悪いと、肩こりや冷え性、むくみなど、さまざまな症状を引き起こしてしまうのです。
全身の筋肉をほぐして血行をよくするために、前屈や肩甲骨剥がしなどのストレッチで身体を柔らかくしましょう。

また、ストレッチをすることでリンパの流れが良くなり、老廃物が流れやすくなります。
体内に老廃物を溜めたままにせず、体外へとしっかり排出することは、健康を維持するうえでも非常に大切なことです。

特に、デスクワークなどで身体をあまり動かさないという人は、ストレッチで身体をほぐしてみましょう。

おすすめデトックスの方法5.ファスティング

デトックスの目的で行われているファスティングとは断食のことをいいますが、全く食べない断食のことを指しているのではありません。

ファスティングにはさまざまなやり方があります。
たとえば、1日の準備期間を経て3日ほどの断食を行うようなものなどがありますが、自分のスケジュールなどを考慮しながら無理のないファスティングを取り入れることが大切です。

ファスティングの準備期間では、玄米や野菜などを中心に食べて身体を少しずつ慣らしていきましょう。
断食をするからといって、準備期間に暴飲暴食をすることは避けるべきです。

次に、ファスティング期間中は、酵素たっぷりの酵素ドリンクのみを飲んで過ごしましょう。
酵素ドリンクを飲むことによって、空腹を抑えることにもつながります。

また、ファスティング期間後は回復食と呼ばれる期間にあたるため、消化に良いものを食べるよう心がけましょう。
具体的には、お粥や野菜スープなどがおすすめです。

きちんとした方法を守ってファスティングを行うと、腸がきれいになって内臓が休まるといわれています。
ファスティングは毒素を体外へと効率よく排出することが望めますから、ぜひ取り入れてみましょう。

こちらの記事もおすすめ!
↓↓↓↓↓↓
家で簡単デトックス!おすすめの飲み物5まとめ

AFAブルーグリーンアレジーとは