ビオチンの効果や多く含む食品って?ビオチン摂取にオススメのサプリ

ビオチンは、別名を「ビタミン7」「ビタミンH」などと呼ばれている水溶性ビタミンのひとつです。

髪や肌の健康には欠かせない栄養成分として注目されているビオチンは、美容と健康に大きなサポートを果たしています。

その効果や多く含む食事など、ビオチンについて詳細を理解しておきましょう。

目次

  • ビオチンとは?
  • ビオチンの効果・効能って?
  • ビオチンはどんな食品(食事)に多く配合されるの?
  • ビオチンは不足するとどんな症状が起きるのか?
  • 1日にどれくらい摂取したら良いの?
  • ビオチンとその他栄養をバランスよく摂るなら藻(も)サプリがオススメ

ビオチンとは?

ビオチンとは?

ビオチンの別名ビタミンHは、ドイツ語の「皮膚(Haut)」が元々の由来です。

ビオチンはアミノ酸の代謝やコラーゲンを作り出すために要する栄養成分で、健康な髪の毛や皮膚を作り出す効果があるのです。
ヒスタミンは皮膚炎を発症する要因となる物質ですが、ビオチンにはヒスタミンを抑える効果があります。

また、コラーゲンは髪や爪などを作るケラチンの合成に必須です。

またビオチンには、コラーゲンの生成を促す効果もあります。ビオチンは安全性の高いビタミンなので皮膚科でも処方をされます。

ビオチンは健康と美容に大切なサポートを果たす栄養成分です。

ビオチンの効果・効能って?

ビオチンは髪の原料となるアミノ酸の生成に関わる栄養成分なので、髪と頭皮の健康に効果が期待できます。

コラーゲン生成も促して髪そのものが健康的にキレイになる影響もあります。
ですから、ビオチンには育毛効果が期待できると話題になっています。

また、白髪は色素細胞が作用しますが、ビオチンには色素細胞を活動化させる効果があります。
ビオチンが不足すると白髪が増加することも認定されているので、ビオチンを十分摂ることは白髪改善にもなります。

他にも、ビオチンには肌のターンオーバーを促す効果があります。
ニキビ肌の再生や肌の老廃物を排出してくれる効果のあるビオチンは、肌の機能を正常にして健康な状態を保持します。

アトピー肌の治療に使われることもあるビオチンですが、効果については意見が二分されます。

ダイエットに関しては直接的な効果はないのですが、肌荒れや弱った髪を補修してくれる栄養成分として摂ることをおススメします。

>ビオチンを摂るなら藻()サプリメント「太陽のAFA」。その他の沢山の栄養成分も一緒に!

ビオチンはどんな食品(食事)に多く配合されるの?

ビオチンはどんな食品(食事)に多く配合されるの?

ビオチンは補酵素として働く栄養成分で、代謝をサポートし疲労感を感じにくい体にします。

体力向上のためにも、ビオチンが多く配合される食事を理解して毎日の食事に取り入れると十分量を摂れるでしょう。

動物性食品でビオチンが多く配合されるのは、肉類や魚類、卵などで、特に牛レバーに豊富に配合されています。
ただし、生の卵白を多く食べると腸でビオチンを吸収できなくなります。

すると脱毛や炎症を発症することもあるので、大量に食べる時には卵を加熱するなどの注意が大切になります。

ビオチンは野菜や乳製品などにも広く配合されていますが、特に豆類にはビオチンが多く配合されています。

多くの食品に配合されるビオチンですが、生活習慣の作用を受けると減少することがあるので覚えておきましょう。
たとえば、喫煙や不規則な生活、飲酒や偏った食生活などの作用を受けると体の中のビオチンは減少していきます。

もし不安がある時にはサプリを摂ることで補完することをおススメします。

>ビオチンンを摂るなら「太陽のAFA」。89種類の豊富な栄養成分。しかも含有量たっぷり!

ビオチンは欠乏するとどんな症状が起きるか?

ビオチンは不足すると脱毛や白髪といった頭髪のトラブルや皮膚炎などが発症します。また、疲労感や筋肉痛が発生し体力が低下してしまいます。

ビオチンが不足する要因は様々で、腸内で悪玉菌が増加することでビオチン欠乏症になると考えられています。

1日に5~6個以上の生の卵白を食することでもビオチンが欠乏します。

ビオチンが不足しているかどうかの目標としては、髪に潤いがあるか、抜け毛や白髪は増えていないか確認することで理解できるでしょう。

もし、髪がパサついている、抜け毛が増加して薄くなってきたと感じるならビオチンが欠乏しています。
また、爪が割れやすくなった、ニキビが中々治癒しない時もビオチン不足が考えられます。

他にも、最近体力がなくなり疲労を感じるなどの自覚症状があればビオチンが不足している影響があります。

一方ビオチンは水溶性のビタミンで、多く摂っても体の外に排出され過剰に蓄えられる心配はほぼありません。

1日にどれくらい摂ったら良いの?

ビオチンの効果を十分期待するには、1日の推奨摂取量をきちんと摂っているか確認することをおススメします。

ビオチンの1日の摂取量は成人で50㎍(マイクログラム)です。

ビオチンは水溶性ビタミンで、摂っても直ぐに体外に排出されてしまいます。
ですから、意識して食事から摂ることが大切ですが、心配な時はサプリで補完すると良いです。

ビオチンは体の中で吸収される前に悪玉菌に食べられるリスクがあります。
ビオチンの吸収性を向上させるには、ビタミンCと一緒に摂るのが効果的です。

また、ビタミンB群との相乗効果も期待できます。ビタミンB6やビタミンB12とビオチンを一緒に摂ることで代謝を活動化する効果が期待できます。

ビオチンはサプリメントや食品から摂っても、アルコールやタバコのニコチンによって大量に消費されます。

せっかく必要なビオチンの量を摂っていても無駄になるので注意が必要です。

ビオチンとその他栄養をバランスよく摂るなら藻(も)サプリがオススメ

ビオチンとその他栄養をバランスよく摂るなら藻(も)サプリがオススメ

ビオチンは髪や肌の健康に大きく作用する栄養成分ですが、他のビタミンとの相乗効果が大きいのでポイントを押さえて摂りましょう。

食生活に自信が持てない人や飲酒などの慣習がある人はサプリメントで補完することも大事です。

ビオチンなどの栄養成分を89種類もバランス良く含む「太陽のAFA」がおススメです。

太陽のAFA」は、ビオチンとの相乗効果が期待できて健康と美容に貢献してくれるサプリメントです。

>体の中からきれいになって、睡眠の質を高める!89種の栄養を含む、藻(も)AFAのパワーとは?

AFAブルーグリーンアレジーとは