ビタミンB1を手軽にとれる藻(も)サプリメントがおすすめ!

ビタミンb1を手軽に摂れる、話題の藻(も)サプリメントとは?

ビタミンB1の欠乏により発症する症状として最も有名なのが脚気があります。
徐々に足に痺れが出てむくみが出て、動機が多くなります。
悪化すると、感覚麻痺が進行して、心不全に陥ることもあるため怖い病気です。

そこで、豊富なビタミンb1はもちろん、89種類を手軽に摂れる、藻(も)サプリメントの「AFA」をご紹介します。

目次

  • ビタミンB1は不足するとどんな症状が起きるのか?
  • 1日にどれくらい摂取したら良いの?
  • ビタミンB1とその他栄養をバランスよく摂るなら藻(も)サプリがオススメ
  • ビタミンB1とは
  • ビタミンB1の効能・効果って?
  • ビタミンB1はどんな食品(食べ物)に多く含まれるの?

ビタミンB1は欠乏するとどんな症状が発症するのか?

ビタミンB1の欠乏により発症する症状として最も有名なのが脚気があります。

脚気は、ひざの下を木槌などで叩いて検査を行う病気として認知している人が多いのかもしれません。
脚気の症状は、初期は食欲不振や倦怠感から始まり、特に下半身に症状が集まります。

徐々に足に痺れが出てむくみが出たりし始めて、息切れや動機が多くなります。
悪化すると、感覚麻痺が進行して、心不全に陥ることもあるため怖い病気です。

そこまでひどい症状でなかったとしても、ビタミンB1が欠乏すると、エネルギーが作られづらくなるため疲れが出やすくなります。
疲労を感じやすくなると動くことが辛くなり、運動不足になるのも問題です。

運動をしていなくても、これまでと同様にビタミンB1が欠乏した糖質中心の食事を継続してしまうと、脂肪が蓄積し肥満が進行します。

疲れやすいなど夏バテ症状が出たときには、ビタミンB1不足を疑い、ビタミンB1の摂ることを心掛けると、それだけで症状が治癒することもあります。

1日にどれくらい摂ったら良いのか?

2015年度の日本人食事摂取基準によると、ビタミンB1の1日の推奨摂取量は、成人男性で1.4mg、成人女性で1.1mgです。

女性の時、授乳中や妊娠中はさらに0.2mg余分に摂ることが良いとされています。

数字だけで見ればほんの微量の量に見えますが、最もビタミンB1の配合量が多いと言われている豚ひれ肉でも100g当たり0.98mgです。

豚ひれ肉に配合されているビタミンB1がすべて吸収される訳ではないうえに、水溶性ビタミンのため調理過程でも失われます。
ですから、余分に摂っているつもりでも、十分に摂取するのは困難な栄養成分です。

サプリメントなどに使用されるビタミンB1は食品に配合されるビタミンB1とは形が違います。
食品から摂るときよりも吸収率の高い形に変化してあるため、食事で不足する分はサプリメントなどで補完することも大切でしょう。

ビタミンb1とその他栄養素をバランスよく摂るなら藻(も)サプリメントがオススメ >

ビタミンB1とその他栄養をバランスよく摂るなら藻(も)サプリがオススメ

ビタミンB1とその他栄養をバランスよく摂るなら藻(も)サプリがオススメ

ビタミンB1を含む食品は色々ありますが、中でも藻(も)サプリは、ビタミン、ミネラル、アミノ酸をバランスよく配合されているのでオススメです。

豊富なビタミンB1はもちろん、89種類の栄養成分を一度に摂れるAFAサプリを日々の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。
糖の代謝をサポートし、体の健康維持に役立つことができます。

ビタミンB1とさらに、その他89種類の栄養素を含む!藻(も)「太陽のAFA」はの驚くパワーとは?

ビタミンB1とは

ビタミンB1とは

ビタミンB1とはチアミンもしくはサイアミンとも呼ばれる水溶性ビタミンの一つです。水溶性ビタミンは水に溶けるビタミンでB群の他にCも水溶性に位置づけられます。
なかでもビタミンB1は糖質代謝には欠かすことができないビタミンです。

糖の代謝に関連しているということは、エネルギーを作り出す役割をしているということも同時に言えます。

エネルギーを作り出す時にはビタミンB1が必要ですので、ビタミンB1が欠乏するとエネルギーが構築できません。

ビタミンB1はまた、糖を栄養素としている脳の作用を正しく維持するためにも欠かす事のできない栄養成分です。
糖質代謝を正しく行うことで、粘膜や皮膚にも健康的な状態に保持できます。

ビタミンB1の効能・効果って?

ビタミンB1の作用として先ず挙げるべきなのが糖質代謝です。

糖質の代謝とは、糖からエネルギーを発生する力のことです。

食べ物として栄養を摂取した糖が体内で効率よくエネルギーに変化できないと、余分な糖は中性脂肪として肝臓などに蓄積されることになります。

ご飯の過剰摂取や甘いものの摂りすぎが肥満に繋がるのはそのためです。

>ビタミンb1を摂るなら藻()サプリメント「太陽のAFA」。その他の沢山の栄養成分も一緒に!

しかし、ビタミンB1が十分にあれば、糖質が効率よくエネルギーに変化し、余分な糖質の量が減少します。

その結果として、蓄積される脂肪の量も減少するわけです。食べ物で摂った糖がエネルギーになれば、体を活発に動かすことができます。

ビタミンB1は運動しても疲労を蓄積させず、溜まった疲れも回復させる効能が期待できる栄養成分です。

糖質の代謝に関わるビタミンB1の量は、糖を栄養として活動する脳にも影響が出てきます。
脳神経を正しく動作させるにはビタミンB1は欠かすことができない栄養成分です。

また、ビタミンB1には、皮膚や粘膜を健やかに保持する効果もあります。

ビタミンB1はどんな食品(食べ物)に多く配合されるの?

ビタミンB1はどんな食品(食べ物)に多く配合されるの?

ビタミンB1を多く配合される食品としては、穀類のはい芽や豆類、レバー、豚肉などがよく認知されています。

特に、ビタミンB1の配合量が多く摂取しすいのが豚肉です。

夏バテ防止に豚肉を食べると良いと言われるのは、夏場はあっさりとしたそうめんなど糖質中心の食生活に偏りがちのためです。

糖質はビタミンB1を摂らないとうまくエネルギーに変化しません。
糖がエネルギーに変化せず、動く力を発揮できないのが夏バテ状態ですから、その解消に豚肉が良いといわれるのです。

また、米が主食の日本人ですが、実は精白米は胚芽を取り除いた米なので、ビタミンB1はほぼ残りません。
ビタミンB1を豊富に配合するぬかの部分を取り除いているからです。

ビタミンB1は水溶性で、過剰に洗いすぎると、微量に残っているビタミンB1も洗い流されます。

ビタミンB1を日々の食事で効率よく摂るなら、精白米をはい芽米や玄米に変更するか、もしくは麦ご飯にするのも良いでしょう。

>ビタミンb1とさらに89種の栄養素も含む!その吸収率は98%!?体が喜ぶAFAがおすすめ

AFAブルーグリーンアレジーとは