ビタミンB2の効果や多く含む食品って?ビタミンB2摂取にオススメのサプリ

ビタミンB2は、体の健康を維持するための大切な栄養成分の一つとして、沢山の栄養機能食品やサプリに配合されています。

また、肌を美しく維持する大きな役割も持っています。

肌荒れや口内炎が治らない場合、ビタミンB2が欠乏している可能性があるのです。

ビタミンB2は身近な食品に配合されているため、日常の食事でも簡単に摂ることができます。

目次

  • ビタミンB2とは
  • ビタミンB2の効果・効果って?
  • ビタミンB2はどんな食品(食事)に沢山配合されるの?
  • ビタミンB2は欠乏するとどんな症状が起きるのか?
  • 1日にどれくらい摂ったら良いの?
  • ビタミンB2とその他栄養をバランスよく摂るなら藻(も)サプリがオススメ


ビタミン
B2とは

ビタミンB2は、水に溶ける特徴を持ち、皮膚や粘膜の健康を維持する役割をするビタミンの一種です。

また、食事から吸収した糖質や脂質、たんぱく質をエネルギーに変える助けをする役割や、老化を促す成分を分解する役割もあります。

 

皮膚の代謝や再生を補助するビタミンは数種類ありますが、特にビタミンB2は「エネルギー代謝と肌のビタミン」と呼ばれ、体を健康に維持する役割の中で大きな役割を持っています。

 

ビタミンB2は、人が生きていくうえで必要な、とても大切なビタミンです。


ビタミン
B2の効果・効果って?

ビタミンB2には、粘膜や皮膚を健康に維持する役割があります。

皮膚を再生させて傷を治癒したり、粘膜を正しく機能させてウィルスを体の中に入れない効果があるのはもちろんですが、皮膚細胞を生成し、肌の細胞を新たにする効果もあるのです。

そのため、ビタミンB2をしっかりと摂っていると、細胞の生まれ変わるリズム(ターンオーバー)が整って、キレイな肌質になる効果があります。

 

また、食事から摂った栄養成分をエネルギーに変える役割もあるため、ビタミンB2を摂ると体の調子がよくなる効果が期待できるのです。

ビタミンB2は、体の中で発生し、人体にとって有害である過酸化脂質も分解する特徴を持っています。

 

過酸化脂質が増え過ぎると、肌荒れやニキビなどの肌のトラブルが多くなったり、動脈硬化などの病気につながる様々な悪い影響が出てきます。

ビタミンB2は、粘膜や皮膚など体の表面の健康を維持し、体の中の健康も維持するという大幅な効果があるのです。


ビタミン
B2はどんな食品(食事)に沢山配合されるの?

ビタミンB2はハツ(心臓)やレバー(肝臓)などのうなぎ・内臓肉などの卵・納豆・魚類に沢山配合されています。

卵やレバーは、ビタミンB2を摂る目標になりやすく、日常の食事に摂り入れやすくオススメです。

なかでも、内臓の肉には特に沢山のビタミンB2が配合されています。

 

一番ビタミンB2の配合量が多い食事は、豚・牛・鶏のレバーです。

100gあたりに、牛のレバーは3.00mg、豚のレバーは3.60mg、鶏のレバーは1.80mgものビタミンB2が配合されています。

 

次にビタミンB2の配合量が多い食事は、100gあたりに0.90mg~1.10mgのビタミンB2を含むハツがあります。

 

その次にビタミンB2を沢山含む食事はうなぎであり、100gあたりに0.75mgのビタミンB2を配合しています。

 

うなぎの他にも、さば、すじこ、加工品の魚肉ソーセージなどの魚類の食料品には、ビタミンB2が沢山配合されている傾向性があります。

また、のりなどの海藻類やチーズなどの乳製品にもビタミンB2は配合されているので、様々な食事からバランスよく摂るのがよいです。


ビタミン
B2は欠乏するとどんな症状が起きるの?

ビタミンB2には皮膚や粘膜の健康を保ち、摂った栄養をエネルギーに変える役割がありますが、ビタミンB2が欠乏した場合、体の様々な箇所の調子が崩れてしまいます。

初症状が現れるのは、皮膚や粘膜の異常性です。粘膜や皮膚は体の中でも非常にデリケートな部位であり、栄養のバランスが乱れた際には、すぐに症状が出るといわれています。

口周りでは口内炎・舌炎・口角炎を発症したり、皮膚表面ではニキビ・脂漏性肌荒れ・皮膚炎を発症することがあります。

体全体では、細胞を生成するリズムが乱れるため、成長の遅れが生じます。

 

育ち盛りの子供には、ビタミンB2の欠乏は成長の障害を発生させる大きな要因になるのです。

ビタミンB2は水に溶ける特徴を持っているため、体の中に栄養分を貯蔵しておくことができません。

 

栄養の偏った食事をとる生活習慣の継続と、どんどんビタミンB2が欠乏していき、体の中の栄養成分のバランスが崩れて、健康を阻害する可能性もあるのです。


1
日にどれくらい摂ったら良いの?

ビタミンB2は体を健康に維持するために必要な栄養成分であるため、日常の食事の中に、ビタミンB2を含む食事を前向きに取り入れるとよいです。

1日あたりに、成人では1.6mgのビタミンB2を摂ることが推奨されています。

 

レバーには、100gあたりに1.80mg~3.60mgのビタミンB2が配合されています。

ビタミンB2が豊富なレバーを日常の食事に取り入れると簡単にビタミンB2を摂れます。

 

1日の最大摂取量は30mgと定められていますが、体の中で不要になった分のビタミンB2は早々に排出されるメカニズムになっています。

そのため、ビタミンB2は他の栄養成分のように、摂取のし過ぎで病気を発生させることはほとんどありません。

 

ビタミンB2は欠乏すると大きな悪影響が出てきます。

成長期の子供、授乳中や妊娠中の母親にとっても必要性のあるビタミンです。

サプリや栄養ドリンクを服用してビタミンB2を補完するのがよいでしょう。


ビタミン
B2とその他栄養をバランスよく摂るなら藻(も)サプリがオススメ

ビタミンB2は、皮膚や粘膜をはじめ、体の健康を維持する役割をするビタミンです。

ビタミンB2の欠乏は肌荒れや成長障害を発生させます。

摂取量の限度はないため、食事の他にもサプリメントなどを利用して栄養を補完するのがオススメです。

 

太陽のAFAには、ビタミンB2の他にも、89種類の栄養が豊富に配合されています。

サプリメントであれば、日常の食事で欠乏しがちな栄養成分を簡単に摂ることができるのです。

 

AFAブルーグリーンアレジーとは