ビタミンB6の効果や多く含む食品って?ビタミンB6摂取にオススメのサプリ

多くの食べ物に配合されるビタミンは、人体にとって大切な栄養素成分です。

その中でも配合されています。

また、ビタミンB6を摂ることによる良い効能も報告されており、注目されている栄養素成分です。

目次

  • ビタミンB6とは
  • ビタミンB6の効能・効果って?
  • ビタミンB6はどんな食品(食事)に豊富に含まれるの?
  • ビタミンB6は欠乏するとどんな症状が起きるのか?
  • 1日にどれくらい摂取したら良いの?
  • ビタミンB6とその他栄養をバランスよく摂るなら藻(も)サプリがオススメ


ビタミン
B6とは

ビタミンB6は、水に溶ける特徴を持っている水溶性ビタミンの一種です。

皮膚炎を改善する働きから発見されたビタミンであり、豊富に食事に天然のまま配合されています。

 

人体に必要なビタミンB6は食品を摂ることによって栄養を取り込みますが、一部は体内の腸内細菌によって作られ活用されています。

 

ビタミンB6は食品中のタンパク質からエネルギーを作り出したり、筋肉や血液を作る時に使われています。

また、皮膚や粘膜の再生、健康を維持する働きもあります。胎児から乳児期の脳の発達を促したり、体内の免疫機能にも大きな役割を持っています。


ビタミン
B6の効能・効果って?

人の体は、摂った栄養からエネルギーを作り出す「代謝」が常時行われています。

 

代謝を行う際に使われているのがビタミンB6です。皮膚・髪の毛・粘膜・爪などを再生させる働きを助ける効果があります。

また、「代謝」は古くなった細胞が生まれ変わることも指します。

また、神経に必要な栄養を伝えるのを助けたり、ホルモンバランスの調節を行う効能もあります。

 

ビタミンB6は食品中のタンパク質からエネルギーを作成するため、肉などのタンパク質を沢山食べる方ほど、ビタミンB6の必要量が豊富になります。

血液中にビタミンB6が多い高齢者は記憶力がよいという研究結果や、ビタミンB6を摂ることによって月経前症候群(PMS)によって起こるイライラや不安などの気分のムラ、物忘れが改善された例も多数あります。


ビタミン
B6はどんな食品(食事)に豊富に含まれるの?

ビタミンB6は、豊富に食事の中に自然に配合されています。

特にピスタチオや生ニンニク、ヒマワリの種子は100gあたりにビタミンB6を1mg以上ととても豊富に配合していますが、これらの食品を日常の食事に取り入れる機会はあまりありません。

食事のメニューに取り入れやすい鶏肉・レバー・カツオやマグロ等の魚の肉類には、100gあたりにおよそ0.45mg~0.85mgものビタミンB6が含まれるとされています。

 

野菜ではジャガイモなどのデンプン質を含む野菜や、果実ではバナナ1本あたりに0.34mgと植物の中では比較的、豊富にビタミンB6が配合されています。

バナナはエネルギー源にもなるため、スポーツ選手など体を動かすことが多い方にとって、簡単にビタミンB6とエネルギーを補完できる食事です。

 

食事によって配合されているビタミンB6の配合量には少なからずバラつきがあります。

野菜や肉類、果物をバランスよく食することで、効率よくビタミンB6が摂ることができるのです。

 

>ビタミンB6だけじゃない!89種類もの栄養成分を含む藻()AFA)サプリ「太陽のAFA」はこちら


ビタミン
B6は欠乏するとどんな症状が起きるのか?

ビタミンB6は皮膚などを再生させる代謝を行う際に使われています。

ビタミンB6が欠乏すると、皮膚や粘膜を健康に保てなくなり、様々な症状が出てきます。

痒みを伴う発疹や口唇、口角がひび割れたり、舌が腫れる症状が現れます。

 

また、ビタミンB6が極端に欠乏している状態では、貧血や抑うつ・錯乱・免疫機能の低下など神経系に影響する症状が出ることもあります。

麻痺性の発作を引き起こしたり、聴覚過敏になることもあり、病院で検査をした結果、脳波に異常が出ていることが判明する場合もあるのです。

 

ビタミンB6が欠乏する生活を送ると、皮膚や神経系に症状が出ることがありますが、ビタミンB6のみ欠乏しているため症状が出るのではなく、体に必要な他のビタミンが欠乏したり、ビタミンのバランスが崩れた時に起こるとされています。

 

ビタミンB6欠乏を改善するためには、他のビタミンとのバランスも考えて食事を摂ることが大事なのです。


1
日にどれくらい摂ったら良いの?

ビタミンB6は、体を健康に維持するために必要な栄養成分です。

成人では、1日あたり1.2~1.4mgが推奨量とされています。

 

100gの肉類には約0.6mgのビタミンB6が配合されているため、食事の際、簡単に摂ることができます。

また、ビタミンB6は「栄養機能食品」と表示されている健康食品にも配合されています。そのため、日常の生活でビタミンB6欠乏に陥ることはあまりないと言われています。

 

人体にとってとても大事な栄養成分となるビタミンB6ですが、大量に摂る生活を続けると健康を害する場合があります。

高濃度なビタミンB6が配合されているサプリメントや健康食品を大量に摂取し続けると、神経やホルモンに異常が出たり、皮膚が荒れる症状が出るのです。

 

サプリや健康食品をメインに摂るのではなく、バランスの良い食生活を心がけたうえでサプリを飲むなど、ビタミンB6の推奨量を考えて服用すると効果的です。


ビタミン
B6とその他栄養をバランスよく摂るなら藻(も)サプリがオススメ

ビタミンB6は、血液や筋肉を作ったり、免疫機能を正しく維持するための人体に必須な栄養成分です。

しかし、日常の食事で推奨量がしっかりと摂れているか、計算しながら食事をするのはとても困難です。

バランスが摂れた食事をするように心がけたうえで、サプリメントを服用することが簡単でオススメです。

 

AFAには、89種類もの栄養成分が配合されています。様々な栄養成分をバランスよく摂ることで、体の機能を健康に維持する効果があります。

 

 

35億年前から存在する栄養成分のかたまり。体の中からキレイになるための救世主。その詳細とは

 

AFAブルーグリーンアレジーとは