ビタミンCは(も)サプリメントで手軽に摂ろう!

ビタミンCを手軽に摂れる、話題の藻(も)サプリメントとは?

ビタミンCが欠乏すると、肌や粘膜がダメージを受け、進行すると修復機能が弱くなり、ケガが治癒しにくくなったりします。

そこでビタミンCはもちろん、89種類の栄養をバランスよく含む、藻(も)サプリメントの「AFA」をご紹介します。

目次

  • ビタミンCは不足するとどんな症状が起きるのか?
  • 1日にどれくらい摂取したら良いの?
  • ビタミンCとその他栄養をバランスよく摂るなら藻(も)サプリがオススメ
  • ビタミンCとは
  • ビタミンCの効果・効能って?
  • ビタミンCはどんな食品(食事)に沢山含まれるの?

ビタミンCは不足するとどんな症状が発症するのか?

ビタミンCが欠乏すると、まずコラーゲンが構築されにくくなり、肌や粘膜がダメージを受けます

この状態がさらに進行すると細胞間を繋ぐことができなくなることにより、もろくなった血管から血が出たり、ケガが治癒しにくくなったりします

現在ではほぼ見られない、体の粘膜や様々な部位から出血する壊血病(かいけつびょう)という病気は、ビタミンCが欠乏し、コラーゲンが作られないことで起こる病気です。

また、粘膜のダメージは免疫力の減少を招いて、インフルエンザや風邪などにもかかりやすくなります。

その他にコラーゲンは骨や関節にとても大切な成分により、欠乏すると関節の動きが悪くなり、骨がもろくなって骨粗鬆症なども発生する恐れがあります。

また、抗酸化力や抗ストレスの効果も期待できなくなるので、老化が進んで、イライラや食欲の不振など、ビタミンCによって得られる効果の反対の症状が表れることもあります。

全体的に欠乏したときのリスクが大きいため、心身の健康や美容のために、症状として表面化する前にしっかりと摂ることが望ましいことでしょう。

1日にどれくらい摂ったら良いのか?

厚生労働省が設けている「日本人の食事摂取基準(2015年版)」によると、ビタミンCの1日の摂取基準値は、100mg(15歳以上の男女)となります。

ビタミンCを食品から摂る時、過剰摂取しても、基本的に副作用はないです。

なぜなら、ビタミンCは水溶性のため、体の中に長期間とどまることがなく、過剰に摂取した時、通常70%~90%ほどの吸収率が50%未満に低下し、吸収されなかったものは尿として排出されるからです。

しかも早い時は数時間~1日ほどで排出される時もあるので、毎日コツコツと摂取した方が安定した効果が得られます。

また、摂取するタイミングも空腹時より食後の方が効率よく吸収できます。特に免疫力が低下している時やストレスを強く感じている時は、積極的に摂取した方が良いでしょう。

しかし、腎機能障害などの問題がある時、腎臓に結石ができる可能性が否定できないため、過剰摂取は避けた方が無難です。

また、薬やサプリメントによる過剰摂取も胃腸への影響がでる時もあるので、適量を摂ることが大切になります。

ビタミンCとその他栄養素をバランスよく摂るなら藻(も)サプリメントがオススメ >

ビタミンCとその他栄養をバランスよく摂るなら藻(も)サプリがオススメ

ビタミンCは、他の栄養成分の作用を助ける潤滑油のような作用をします。

したがって単独で摂るより、相乗効果を発揮する組み合わせでの摂取が望ましいといえます。

そこでオススメしたいのが、藻(も)サプリメントの【AFA】です。

動物性と植物性の栄養が摂れるAFAが一つのカプセルに98%も含まれ、さらにセサミンとイソフラボンも配合されているおり、ビタミンCとさらに、89種類の栄養成分がバランスよく摂れます。

毎日の栄養のバランスを調整するためにも藻(も)サプリを試してみてはいかがでしょうか。

豊富なビタミンCはもちろん、その他89種類の栄養素を配合!藻()「太陽のAFA」はこちらから >>

ビタミンCとは

ビタミンCは、かつて死の病として不安視されていた壊血病を改善するための物質として発見をされました。

化学名は、「アスコルビン酸」といい、熱や水、アルカリに弱いため、ビタミンCを壊さない保存や調理法が大切になります。

人には、ほとんどの動物にあるビタミンCを構築する時に大切な酵素がないため、ビタミンCは他のビタミンと同じ、時で作ることはできません。
したがって、必要量を果物や野菜などのビタミンCを沢山含む食事から摂取する必要があります。

そもそもビタミン類は、人が生きていくために必要不可欠で、体の中では作りだすことができない、エネルギー源にもならない有機化合物と定義されます。

ビタミンCの効果・効能って?

ビタミンCがもつ効果や効能の一つが、強力な抗酸化力です。

この抗酸化力により、活性酸素による細胞の酸化が改善できて、結果として心疾患や動脈硬化、加齢による様々な症状が防止できます。

またビタミンCは、細胞間を結び付けるたんぱく質の一つであるコラーゲンを作り出す際にも欠かせません。
コラーゲンには肌に弾力やハリをもたせる作用があり、美容効果が期待されています。

また粘膜を正常な状態にする作用もあるため、免疫力を発揮する上でも大切な成分といえます。

そしてビタミンCそのものにも、免疫物質のインターフェロンの生成量を増やし、ニトロソアミンという発がん物質の生成を抑えたりといった作用があり、免疫力を高める上で欠かせない栄養成分だといえます。

その他にストレスに対応する成分としても、ビタミンCは欠かすことができない栄養成分です。
ストレスにより副腎からは、そのストレスに対抗するためのホルモンが分泌されますが、ホルモンはビタミンCがないと作りだせません。

そのため、ストレスが大きい時ほどビタミンCを補完する必要があります。

前述した効能の他にも、ビタミンCは鉄分の吸収性を促したり、脂肪を燃焼させるカルニチンの合成を補助したりといった、様々な効果の期待できる栄養成分です。

>ビタミンCを摂るなら藻()サプリメント「太陽のAFA」。その他の豊富な栄養成分も一緒に!

ビタミンCはどんな食品(食事)に沢山配合されるの?

ビタミンCはどんな食品(食事)に沢山配合されるの?

ビタミンCは、果物や野菜、イモ類などに含まれますが、種類によって成分量に大きな差があります。

一般に購入しやすい食品では、100gあたり赤ピーマンが170mg、芽キャベツが160mg、黄ピーマン150mgとなり、成分量1700mgのアセロラ果実(生)以外では、野菜が上位を占有します。

果物ではキウイフルーツが100gあたり140mg、甘柿が70mg、レモンが100mgなどとなります。

ビタミンCは、水に溶けやすく熱にも弱いため、生で食べた方がより沢山摂ることができます。
また、収穫後も自然に減少していくため、できる限り新鮮なものを摂ることも大事です。

野菜など調理して食べるものは、洗いすぎないようにしたり、熱を通す時間を短くしたりなどの工夫が大切になります。

一方、ジャガイモやサツマイモなどのイモ類は、含有するビタミンCの成分量が柑橘類と同様ですが、デンプンを作る膜により、加熱してもビタミンCが壊れづらい特徴を含んでいます。

ただし、バランスの良いビタミンCを食事の中で定期的に摂るのは、難しいことです。
しかし、サプリであれば必要な栄養素を手軽に摂ることができるため、手間はかかりません。

またビタミンCもまた単体で摂取すればいいわけではなく、バランスのよい食生活の中で積極的に取っていくべき栄養素です。

藻(も)サプリメントの「AFA」は、豊富なビタミンCはもちろん、その他にも89種類の栄養素がバランスよく含まれています。

さらにAFAは、細胞壁がないため一般の野菜の吸収率が約40%に対して、なんと98%の吸収率と非常に高い特性を持っています。

手軽で効果的にビタミンCを摂りたい人は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

>ビタミンCとさらに89種の栄養素を配合!その吸収率は98%!?健康に嬉しいAFAの驚くパワーとは?

 

AFAブルーグリーンアレジーとは