ブルーグリーンアルジーでプリン体を排出!デトックス効果も

ブルーグリーンアルジーでプリン体を排出!デトックス効果も

デトックス効果という言葉をご存知でしょうか。
体にあるものを汗などでそのまま体外へ排出するという効果のことですが、実はAFAにはデトックス効果もあります。
特に役立つのがプリン体やコレステロールなどと言ったものの排出です。
プリン体は知らず知らずのうちに体内にたまってしまい、特に中高年の方の大敵と知られますが、体内のプリン体の量の調節にAFAが非常におすすめです。

今回はプリン体とAFAについて、そしてなぜAFAが効果的なのかなどについてご紹介していきます。

目次

・プリン体とは

・プリン体をとりすぎることで現れるデメリット

・プリン体をとらないようにするのは至難の業

・AFAのフィコシアニンが作用する

・AFAを活用しながら、プリン体の摂取量を抑えていく

・プリン体とは

そもそもプリン体という物質は、たんぱく質やコレステロールと言ったなどの栄養素の一つではなく、細胞核の中にある「核酸」のさらに中にあるアデニン、グアニンと言ったものを主成分に構成している物質のことです。
プリン塩基と呼ばれることもあり、あらゆる生物、植物の中の細胞に必ず存在しているものです。
肉や魚、野菜、穀物など、一般的に食事で摂取する全て食べ物の8割ぐらいには、必ず含まれているとされています。
さらにもっと言えば、細胞が自然と生み出すものですので、新陳代謝によって自然と体内でも生まれるものでもあります。

しかし、含有量が増えすぎると、尿酸値を高め、いわゆる「痛風」の原因になる物質でもあります。
痛風の元凶になることから、摂取は最大限まで控えたほうが良いとお考えの方も多いですが、あくまでもエネルギーの伝達物質の原料の一つなため、全く不要なものではありません。
たとえ痛風や高尿酸血症の治療中であっても、摂取量の上限は1日で400ミリグラムもあります。

もちろん一般的な食事で摂取しやすいものではありますが、それでも少量でも必ず摂取する必要がある物質なのです。
過剰摂取にだけは気を付けるようにしてください。

・プリン体をとりすぎることで現れるデメリット

・プリン体をとりすぎることで現れるデメリット

プリン体はもともと人間の中にある物質で、細胞の代謝や増殖に使われます。
余分なプリン体は尿酸となって体外へ排出されます。

プリン体が生まれるタイミングとしては、古くなった細胞が新しいものと入れ替わることで古い細胞の核が分解されたときです。
そこで生まれ、一度肝臓へと運ばれ尿酸へと変化します。
尿酸ももともと血中にあるもので、一定量は漂いますが余分なものが尿や便として排出されます。

食事などで血中のプリン体の濃度が高まり、数値が上がると結晶になり、関節などに沈着します。
そして、血中にある白血病が尿酸の結晶を異物とみなし、戦います。
その戦う部分が炎症と言われ、激しい痛みになります。これが痛風と呼ばれるものです。また、もし関節ではなく膀胱や尿管などにできたら、尿路結石となります。

・プリン体をとらないようにするのは至難の業

痛風や尿路結石というとてもつらい病の原因がプリン体ですが、あらゆる生物、植物の細胞にほぼ必ずと言っていいほど存在する物質ですので、現代にある食料品のおよそ8割以上に含まれています。
気付かないうちに必要以上に摂取してしまい、結晶となる可能性がありますが、中でも特に注意するべき食品が白子やたらこ、いくらと言った魚卵類や、レバーなどの内臓系のお肉です。
プリン体は重量当たりの細胞の数が多いものほど多く含まれるという性質を持つため、一匹丸ごと食べる煮干しなども注意が必要です。

反対に、プリン体がほとんど含まれない食品の代表例が乳製品で、牛乳やチーズ、ヨーグルトなどはプリン体が大幅に少ない食品の一例です。

しかし、実は食べ物から食事から摂取されるプリン体は全体の3割ほどで、残りはすべてエネルギーを消費した際や新陳代謝の際にATPなどの物質が分解されて生まれるものです。
プリン体が体内で大量に作られることを防ぐには、食事の量と同時に、ほかの栄養素が分解されて体内で生まれる量も考慮する必要があるのです。

・AFAのフィコシアニンが作用する

プリン体への対策は、一般的な食事制限や見直しである程度効果は出ますが、直接体外へ排出する方法もあります。
それはAFAのサプリを使うものです。
AFAはフィコシアニンという成分を持ちます。

フィコシアニンは色素タンパク質の一種で、藻類などに含まれる光合成色素の種類ですが、これだけ豊富な天然のフィコシアニン持っているのは地球上ではAFAのみとされています。

抗酸化作用があり、抗がん作用や免疫力の向上とともに、コレステロールやプリン体を吸着して便として排出する働きもあります。

フィコシアニンは血中に漂う余分な成分を吸って、そのまま排出できます。
胃酸や小腸で消化されずに大腸まで届き、大部分が便になるため、非常に効率の良い物質です。

・AFAを活用しながら、プリン体の摂取量を抑えていく

フィコシアニンは一般的に「AFAサプリ」とか「サプリ」というものであれば問題なく含まれています。
AFAを日常的に摂取することで、体内の余分なプリン体を上手く排出できますので、プリン体にお悩みでしたらとっても便利な物質になります。

ただし、AFAのサプリなどを使っていたら、どれだけ食べても問題ないというわけではありません。
プリン体を高める食品やアルコールはできるだけ控えることが何よりも大切ですので、注意してください。

AFAブルーグリーンアレジーとは