マグネシウムを積極的に摂るなら藻(も)サプリメントを活用!

マグネシウムは効果的に摂れる藻(も)サプリメントが話題に?!

体に必要なミネラル分は沢山ありますが、マグネシウムもまた私たちの体になくてはならないものです。
マグネシウムが慢性的に欠乏すると、日常的にだるさを感じたり食欲が減少したり、さらに腹痛や下痢を発症することがあります。

そこで、マグネシウムもちろん、89種類の栄養をバランスよく含む、藻(も)サプリメントの「AFA」をご紹介します。

目次

  • マグネシウムが欠乏すると生じる症状
  • 現代人はマグネシウムが不足しがち
  • まずは基本!マグネシウムの作用と多く含む食材
  • マグネシウムはカルシウムと一緒に摂らなければ効果半減!?
  • 栄養価が高い藻(も)をマグネシウム補給に活用しよう

マグネシウムが欠乏すると発生する症状

体を構築するのに必須なマグネシウムが欠乏すると、血液量や血圧の減少により、脳が酸素不足の状況となってしまう可能性があります。

その結果、集中力及び記憶力が減少したり、心疾患を患うなど生活習慣病のリスクが上昇したりするリスクが挙げられます。

また、マグネシウムが慢性的に欠乏してしまうと、日常的にだるさを感じたり食欲が減少したり、さらに腹痛や下痢などの症状が発生したりするので注意が必要です。
骨を作るのに必須なマグネシウムが欠乏することで、骨粗しょう症の引き金になります。

このように、マグネシウムの欠乏状態が継続すると、体に様々な不調や病気を引き起こす可能性があるでしょう。

もしも食生活が乱れていてマグネシウムが不足しがちだと感じたら、適量のマグネシウムをサプリメントなどの形で摂るのも一つの方法です。

まずは基本!マグネシウムの作用と多く配合する食材

まずは基本!マグネシウムの作用と多く配合する食材

マグネシウムとは、体の中にある300種類以上の酵素の作用に関与しているミネラルのことです。

歯や骨を形成したり神経の興奮を抑えたり、または血圧を維持するのに必要な栄養素でもあります。
骨の形成といえばリンやカルシウムを思い浮かべるかもしれませんが、マグネシウムもまた他のミネラルとともに骨を構築しているとても大切なものなのです。

体の中にあるマグネシウムのおよそ半分以上は骨に配合されており、体の中のマグネシウムが欠乏すると骨から離れて不足箇所を補完します。

マグネシウムは体の中で合成されないため、食品など外部から摂らなければなりません。
マグネシウムを多く配合する食材には、アーモンド等の種実類、わかめやなどの海藻類、枝豆などの豆類に紫蘇などの野菜類が挙げられます。

マグネシウムは海藻類や豆類に沢山配合されていることからもわかるように、日本人は歴史的に普段の食事の中でマグネシウムを積極的に摂れてきた民族です。

とはいえ、食事からマグネシウムを摂るにはなかなか渦かしという得ます。

栄養価が高い藻(も)をマグネシウム補給に活用しよう

マグネシウムを効果的に摂るためにオススメなのが藻(も)サプリメントの「AFA」です。

成人が一日に必要とするマグネシウムの量は310~320ミリグラムといわれていますが、AFAには100グラムあたりおよそ333ミリグラムのマグネシウムが配合されています。

そのため、 AFAを100グラム摂ると大体一日の必要量をカバーすることが可能です。
また、 AFAにはカルシウムも豊富に配合されていることから、 AFAはマグネシウムやカルシウムとのバランスを崩さないようにマグネシウムを補完するのにぴったりといえます。

さらに、 AFAにはアミノ酸やビタミン、その他沢山のミネラル分も配合されているので、AFA一つで体に必要な栄養分をバランス良く補完できるのがポイントです。

普段の食生活でマグネシウムが不足していると感じたら、 AFAが配合されているサプリメントを適宜利用してください。
AFAが配合されているサプリメントは沢山ありますが、とりわけ AFAがたっぷり配合されているものがオススメです。

藻(も)サプリメントの「AFA」とともに、健康的な体づくりを実現していきましょう。

豊富なマグネシウムはもちろん、その他89種類の栄養素を配合!藻()「太陽のAFA」はこちらから >>

現代人はマグネシウムが欠乏しがち

日本人がマグネシウム不足になる可能性は基本的に低いと述べましたが、現代の食生活ではマグネシウムが不足しやすくなることに注意をしましょう。

一昔前まで継続していた日本の典型的な食事は、一汁三菜を基本としたバランスの良い物でした。

しかし、現代日本人は魚介類や海藻類を十分に食べなくなったため、マグネシウムを摂る機会が必然的に減少します。
また、栄養価の低下したファストフードなどが普及したこともあり、さらにマグネシウム不足は深刻になってきています。

したがって、現代人は日本人だからマグネシウムの欠乏は発生しないと考えるのではなく、マグネシウムが不足しないよう気をつけながら生活する必要性があるでしょう。

>マグネシウムを含む89種類の栄養成分がたっぷりの藻()サプリ「太陽のAFA」はこちらから

マグネシウムはカルシウムと一緒に摂らなければ効果が半減する!?

マグネシウムはそれ単体で骨を形成しているわけではなく、カルシウムとお互いに作用し合いながら骨を強くしたり健康な状態を保持したりしています。
そのため、マグネシウムだけ摂っても健康に対する高い作用が期待できません。

カルシウム対マグネシウムは2:1のバランスが理想的と言えます。

マグネシウムを多く摂るなどでこのバランスが崩れると筋肉の収縮がスムーズに行われにくく、逆に心筋梗塞などのリスクを高める危険性が指摘されています。
マグネシウムは少量だと健康被害をもたらしますが、過剰過ぎても体にとって良くない作用を与えます。

単に大量に摂れば良いということではなく、適量を摂ったりカルシウムと一緒に摂ったりを心がけることが大切です。

マグネシウムと他栄養素をバランスよく摂るなら藻(も)サプリメントがオススメ >

栄養価が高い藻(も)をマグネシウム補給に活用しよう

マグネシウムを効果的に摂るためにオススメなのが藻(も)サプリメントの「AFA」です。

成人が一日に必要とするマグネシウムの量は310~320ミリグラムといわれていますが、AFAには100グラムあたりおよそ333ミリグラムのマグネシウムが配合されています。

そのため、 AFAを100グラム摂ると大体一日の必要量をカバーすることが可能です。

また、 AFAにはカルシウムも豊富に配合されていることから、 AFAはマグネシウムやカルシウムとのバランスを崩さないようにマグネシウムを補完するのにぴったりといえます。

さらに、 AFAにはアミノ酸やビタミン、その他沢山のミネラル分も配合されているので、AFA一つで体に必要な栄養分をバランス良く補完できるのがポイントです。

普段の食生活でマグネシウムが不足していると感じたら、 AFAが配合されているサプリメントを適宜利用してください。
AFAが配合されているサプリメントは沢山ありますが、とりわけ AFAがたっぷり配合されているものがオススメです。

藻(も)サプリメントの「AFA」とともに、健康的な体づくりを実現していきましょう。

>マグネシウムとさらに89種の栄養素を配合!その吸収率は98%!?健康に嬉しいAFAのパワーとは?

AFAブルーグリーンアレジーとは