リジンは藻(も)サプリメントで手軽にとろう!

リジンを手軽に摂れる、話題の藻(も)サプリメントとは?

リジンが体内に不足すると、代謝が悪くなったり疲労を感じやすくなり、
さらに活力の低下、吐き気や目の充血も出てきます。

そこで、豊富なリジンはもちろん、89種類の栄養をバランスよく含む、藻(も)サプリメントの「AFA」をご紹介します。

  • リジンは不足するとどんな症状が起きるのか?
  • 1日にどれくらい摂取したら良いの?
  • リジンとその他栄養をバランスよく摂るなら藻(も)サプリがオススメ
  • リジンとは?
  • リジンの効果・効能って?
  • リジンはどんな食品(食事)に多く含まれるの?

リジンは不足するとどんな症状が発生するのか?

リジンが体内に不足すると、代謝が悪くなったり疲労を感じやすくなったりします。

リジンはタンパク質全体の吸収性を助ける役割を持っているため、ほかのアミノ酸をせっかく摂っても肝心の働きが十分に発揮できない可能性も出てくるでしょう。

また、リジンが欠乏すると吐き気や目の充血なども発生しやすくなります。

十分なカルシウムの吸収性が期待できなくなるので、カルシウム不足が心配される年齢の場合は、必要なカルシウム量を保持するのが難しくなります
中でも40代以降に入ってくるとカルシウムが不足しがちになるので、注意したいところです。

また、免疫力が低下してしまうなど、健康な体の維持が難しくなるかもしれません。
毛髪の健康にも良い効果を与えないでしょう。

リジンを含めたアミノ酸で構築されているタンパク質は毛髪や皮膚の健康には欠かせないものです。
リジン不足は抜け毛の要因になったり、肌荒れの要因になったりすることも懸念されます。

1日にどれくらい摂ったら良いの?

リジン不足を回避し、健全な体作りを促すには毎日適切な量を摂る必要があります。

そのためには、リジンを摂る1日あたりの目標を知っておきましょう。
リジンの1日当たりの適切な摂取量の目標は、体重1kgに対して0.3g前後といわれています。

これを基にして自分の体重に照合し、必要量はどれくらいかで目標の摂れるかを考えてみると良いでしょう。

また、リジン単体ではありませんが、厚生労働省でもタンパク質の必要な保持目標を「日本人の食事摂取基準(2015年版)策定検討会」報告書の中で公開をしています。

それによると、健康な体を保つのに必要なタンパク質の量は体重1kg当たり0.65gが平均値とされています。
これは健康な男女から得られたデータによります。

リジンは健康維持をできる一方で、過剰摂取すると下痢に繋がることもあります。
過剰摂取に注意しながら、食事などで健康的にリジンを摂りましょう。

リジンとその他の栄養をバランスよく摂るなら藻(も)サプリがオススメ

リジンとその他の栄養をバランスよく摂るなら藻(も)サプリがオススメ >

リジンは、単独で摂っても、効率よく吸収できないので、複数栄養素のとれる総合サプリがおすすめです。

たとえば、藻(も)サプリメントのAFA」は、リジンを含めたアミノ酸が20種類も入ったサプリメントです。

アミノ酸以外にも、ビタミンB1にビタミンB2などのビタミン群やビオチンなど13種類のビタミン類と葉酸、そしてマグネシウムや亜鉛など50種類のミネラルを含めた全部で89種類もの栄養素がバランス良く配合されており、リジンを効果的に摂ることができます。

食事ではなかなか取りにくい栄養素も一度に摂れるので、仕事で多忙な女性にも継続しやすいのでオススメです。

豊富なリジンはもちろん、その他89種類の栄養素を配合!藻()「太陽のAFA」はこちらから >>

リジンとは?

リジンとは?

リジンはアミノ酸の一種で、牛乳から発見されました。

体内での合成ができないため、必須アミノ酸に分類されます。そのため、食事などでの摂取が必要です。

アミノ酸はタンパク質を構築しているもので、肌や毛髪など人体のさまざまな部位の形成や維持に欠かせません。

リジンのような必須アミノ酸は前向きに体外からの吸収性が必要といえます。
リジンは疲労回復や肝機能の助けなど、体の健康に働きかける役割を含んでいます。

その他、育毛剤への利用にも着目されている栄養素です。
食事などから効率的な摂取をするといいでしょう。

リジンの効果・効能って?

リジンはアミノ酸の中でも吸収性の良い栄養素といわれています。

タンパク質全体の吸収性を助ける役割を担っているリジンは、代謝をアップして疲労回復をスムーズに助けしてくれる効果を含んでいます。
また、カルシウムの吸収性を促す効果もあるので、カルシウム不足の改善に役立つことができるでしょう。

リジンには、肝機能を健康的に保つ効果もあります。特にアルコール摂ることによって機能が低下気味の肝機能を正しく整えてくれることが期待できます。

そして、リジンは免疫力をアップさせる効果も含んでいます。感染症への抵抗性が促進されるので、適切に摂れていればヘルペスの改善にもつなげることができるでしょう。

リジンがほかのアミノ酸より効果が期待できるのは毛髪の健康維持です。
抜け毛防止や育毛に働きかけてくれるといわれています。

リジンの不足を抑えれば、加齢やストレスなどさまざまな理由による毛髪のトラブルを改善して健康的な毛髪の維持が期待できるでしょう。

>リジンはもちろん、その他89種類の栄養素を持つ藻()「太陽のAFA」はこちらから

リジンはどんな食品(食事)に多く配合されるの?

リジンはどんな食品(食事)に多く配合されるの?

リジンが多く配合されている食品は魚介類に乳類、そして豆類などが代表的です。

文部科学省が運営している「食品栄養素データベース」を見るとリジンを摂れる食品を確認することができます。

それによると最もリジンの配合量が高い食事はトビウオの煮干しで、100gで7300mgの量を配合しています。
次に多いのは乳類のカゼインで、100g中の配合量は7100mgになります。

魚介類はほかにもイワシ、カツオ節、タラなどがあります。アジ、サケもリジンを含む食事です。
そして、肉類にも多くリジンが含まれており、豚肉や鶏肉などからも摂れます。

鶏卵にもリジンが配合されていますが、代表的に卵白の部分から多く摂れます。
その他、黒豆や大豆などの豆類もリジンの含有量が高いことが分かっています。

加工食品では湯葉やチーズ、油揚げ豆腐などからもリジンを摂ることができます。
この他には、香辛料にパン酵母もリジンを摂れる食事です。

ただし、リジンを毎日の食事の中で定期的に摂るのは、難しいことです。
しかし、サプリであれば必要な栄養素を手軽に摂ることができるため、手間はかかりません。

またリジンは、単体で摂っても、効果的に吸収できないため、その他の栄養素と一緒にとれる総合サプリがオススメです。

藻(も)サプリメントのAFA】は、リジンとさらに、その他のビタミンやミネラルなど89種類の栄養素がバランスよく配合しています。

さらにAFAは、細胞壁がないことから一般野菜の吸収率が40%ほどに対して、なんと98%の吸収率と驚くほど高い特徴を持ちます。

より効果的にリジンを摂りたい方は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

>リジンはもちろん89種の栄養素を配合!その吸収率は98%!?健康に嬉しいAFAはこちら

 

 

AFAブルーグリーンアレジーとは