ルテインは藻(も)サプリメントで効率よくを摂ろう!

ルテインを効率よく摂れる、藻(も)サプリメントとは?

ルテインが不足すると、白内障や加齢黄斑変性などの目の病気に繋がり、
最悪の場合は失明してしまう恐れもあるので注意が必要と言えます。

そこで、ルテインはもちろん、89種類の栄養をバランスよく含む、藻(も)サプリメントの「AFA」をご紹介します。

目次

  • ルテインが不足するとリスクが高まる病気には何がある?
  • ルテインは緑黄色野菜に多く含まれている
  • 藻(も)でルテインをたっぷり摂ろう!
  • 目を酷使している人は前向きに摂りたい「ルテイン」とは
  • ルテインは目の健康に大きく関係

ルテインが不足するとリスクが高まる病気には何がある?

ルテインは、人の体全体にあるものです。

しかし、体内で複合することができない栄養素であるため、年齢を重ねるごとにルテインは低下していくということを認識しておく必要性があります。

他にも、喫煙習慣や紫外線などが要因でルテインは減少していくので、喫煙量を減らしたり、紫外線を回避したりと生活習慣を改善することも大切です。

中高年で気をつけるべきなのが白内障や加齢黄斑変性などの目の病気です。
特に、黄斑部にあるルテインは年齢を重ねるごとに低下していくため、場合により目の病気を発症させる可能性を上昇させます。

特に、加齢黄斑変性は視野が狭くなる、視力が低下するなどの症状が見られるようになり、最悪の場合は失明してしまう恐れもあるので注意が必要と言えます。

また、ルテインの減少は肌にも影響があります。ルテインは肌にも存在していますので、日光などから保護してくれます。

ルテインを含む89種類の栄養素がたっぷりの藻()サプリ「太陽のAFA」はコチラから>

ルテインは緑黄色野菜に多く配合されている

ルテインを日頃から摂るためには、食事から前向きに摂ることが必要です。

日頃の食事から意識して摂ることができれば、ルテイン不足を解決できるといえます。ルテインを多く含む食品として挙げられるのが、緑黄色野菜です。

例えば、ブロッコリーやカボチャ、インゲン、グリーンピース、ほうれん草などです。
特にほうれん草は1年中食べられる食材でもあることより、毎日のメニューに加えやすい食材と言えます。

他にも、季節ごとで違った緑黄色野菜を味うことができるため、飽きることなく楽しみながら摂れます。
また、桃や柿などの果物にも多く配合されていますし、卵黄もルテインを摂り入れられる食材です。

ルテインの利点は、熱に強いという点です。
栄養成分の中には、熱を通過してしまうことで効果が解消されてしまうものがありますが、ルテインは加熱調理をしても効果が消えるということはありません。

しかも、油と一緒に調理するとルテインの体内吸収性が上昇させるため、オススメの調理法です。
バターなどで炒めたり、ごま油で中華風の味付けにしたり、色々な調理方法で味わうことができます。

藻(も)でルテインを多めに摂取しよう!

ルテインを摂る方法としてオススメなのが、サプリメントからの摂る方法です。

特に、食習慣を変化することができない人はルテインをサプリメントから摂った方が良いでしょう。
ただ、ルテインサプリメントを摂るのであれば、効果を最大限引き出せるような飲み方を知ることが大切です。

その方法の1つが、ゼアキサンチンと一緒に飲むという方法です。
ゼアキサンチンとは、カロテノイドの一種でルテインと似たような特性を持っているものです。

主に、黄斑の中心にありますが、ルテインは黄斑の周辺地点にあるため、それぞれ違うところに分布しているという特徴を持っています。

また、ルテインと同時に摂ることで健康効果を上昇させることができるため、ルテイン摂る時に欠かせない重要な栄養素となっています。

ルテインとゼアキサンチンを同時に摂りたいのであれば、藻(も)サプリメントの「AFA」がオススメです。
なぜなら、AFAの中にはルテインとゼアキサンチンが豊富に含まれているためです。

しかも、健康維持に欠かせない様々な栄養素も配合されているので、体調管理にはピッタリの食品です。

気になる方はぜひ1度試してみてはいかがでしょうか。

ルテインの他にも豊富な栄養素。その数なんと89種類!?体が喜ぶAFAのパワーとは?

目を酷使している人は前向きに摂りたい「ルテイン」とは

ルテインとは、カロテノイドと言われる天然色素の一種です。

カロテノイドは、脂溶性の色素で自然界には約750種類以上あるとされています。
たとえば、花についた黄色、紅葉や野菜、橙色の色素、果実に見られる黄色、赤色、橙色などの色素です。

また、魚にもカロテノイドは見られ、加熱時のエビの赤色、サケやイクラの切り身についた赤色などが挙げられます。

そして、カロテノイドの一種であるルテインは体にも存在しており、主に目の網膜の中心にある黄斑部や水晶体に多く見られるものです。

そのため、ルテイン不足になると目に何かしらの異常が発症しやすいので、目を酷使する人はしっかりと摂りたい栄養素となります。

ルテインは目の健康に大きく関与

ルテインは目の健康に大きく関与

ルテインは強い抗酸化力があるというポイントがあります。

体内にある細胞を老化させる要因となる活性酸素の働きを抑え、細胞の老化の進行を食い止めることができるので、アンチエイジングの効果が期待されます。

また、ルテインは別名「天然のサングラス」とも言われており、紫外線や蛍光灯の光、パソコン・携帯電話が発するブルーライトから目を守っています。

そのため、これらの影響を受けやすい現代人にとって、重要な健康成分なのです。
また、ルテインが多く存在する黄斑部や水晶体は、人間の視機能を担う重要な部位です。

ルテインの必要量を摂取することができれば、年齢を重ねても目の健康を保つことが可能になります。

ただし、バランスの良いアミノ酸を食事の中で定期的に摂るのは、難しいことです。
しかし、サプリであれば必要な栄養素を手軽に摂ることができるため、手間はかかりません。

藻(も)サプリメントの【太陽のAFA】は、アミノ酸だけでなく、89種類の栄養素がバランスよく配合されています。

さらにAFAは、細胞壁がないので一般の野菜の吸収率が約40%に対し、なんと98%の吸収率ととてもに高い特徴を持っています。

効率的で効果的にアミノ酸を摂りたい方は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

>ルテインとさらに89種の栄養素を合有!その吸収率は98%!?健康に嬉しいAFAのパワーとは?

 

 

AFAブルーグリーンアレジーとは