ルテインは藻(も)サプリメントで手軽にとろう!

ルテインを手軽に摂れる、注目の藻(も)サプリメントとは?!

ルテインが欠乏すると、年齢を重ねるとルテインが減少することが分かっており、白内障などの目の病気を発症する危険性が高まります。進行すると黄斑変性症など失明原因に発展することもあります。

そこでルテインと、89種類の栄養をバランスよく含む、藻(も)サプリメントの「AFA」をご紹介します。

目次

  • ルテインは不足するとどんな症状が起きるのか?
  • 1日にどれくらい摂取したら良いの?
  • ルテインとその他栄養をバランスよく摂るなら藻(も)サプリがオススメ
  • ルテインとは
  • ルテインの効果・効能って?
  • ルテインはどんな食品(食べ物)に多く含まれるの?

ルテインは不足するとどんな症状が発生するのか?
ルテインは不足するとどんな症状が発生するのか?

ルテインは、緑黄色野菜を日常的に食べる人でない限り、不足しやすい栄養素です。

ルテインが不足すると、目にかかる負担が大きくなります。
ルテインが多く存在しているのは目であり、紫外線やブルーライトの害から目を保護しています。

その役割をするルテインが不足した状態になれば、目に悪影響を及ぼす可能性が高くなります。
したがって、目の異常を引き起こしやすくなるのです。

特に、年齢を重ねるとルテインが減少することが分かっており、白内障などの目の病気を発症する危険性が高まる可能性があるようです。

ですから、高齢の方は食事やサプリからルテインをしっかりと摂取するように意識する必要があります。

また、肌の老化も進行しやすくなるでしょう。紫外線の影響は肌にも及ぼします。
ルテインは、目だけでなく肌も紫外線から守ってくれる働きがあるため、不足状態が続くと肌の乾燥やたるみが見られるようになるなど、肌に大きなダメージを与えることになるのです。

1日にどれくらい摂ったら良い?

ルテインの1日の摂取目安量は一般の方で6mg~10mgとなっています。

ただし、目に疾患を持っている方の摂取目安量は約20mgといわれています。

この摂取量を満たすにはほうれん草を約120g、ケールは約60g摂ることが必要になるでしょう。

しかし、ルテインは体内に取り込むのに時間が必要となりますから、吸収されるまでに減少する可能性があるのです。
したがって、目安量の倍を摂るのが良好とされています。

注意したいのが摂取方法です。ルテインを効果的によく摂取する方法として、油を使って調理することが挙げられます。
油を使うと、ルテインの吸収率が増えます。

ほうれん草をバターで炒めたり、緑黄色野菜を揚げたりするなど、脂質と組み合わせた調理方法がおすすめです。

また、ルテインの過剰摂取で起きる副作用についてはないということですが、あまりにも摂りすぎると体に不調をきたす可能性は十分ありますので、適正量を保護するようにしましょう。

ルテインとその他の栄養をバランスよく摂るなら藻(も)サプリ「 AFA」がオススメ >

ルテインとその他栄養をバランスよく摂るなら藻(も)サプリがオススメ

ルテインは、食品から摂ることも可能ですが、毎日の食事にそこまで気を使っていられないという方も多いかもしれません。
そのような人は、サプリメントを毎日の習慣に取り入れることをオススメします。

そして、藻サプリメントのAFA】は、必要な栄養素を摂るのにピッタリです。

ルテインサプリメントを摂るのであれば、効果を最大限引き出せるような飲み方を知ることが大切です。その方法の1つが、ゼアキサンチンと一緒に飲むという方法です。

ゼアキサンチンとは、カロテノイドの一種でルテインと類似した特性を持っています。

ルテインとゼアキチンはもちろん、ビタミンやミネラルなどの全89種類の栄養素が含まれる「 AFA」は効果的によく栄養素を摂れる優れたアイテムです。
気になる方は一度利用してはいかがでしょうか。

豊富なルテインもちろん、その他89種類の栄養素を含む!藻(も)「太陽のAFA」はこちらから >>

ルテインとは

ルテインとは600種類以上あるとされるカロテノイドの一種です。

カロテノイドは、カロテン系とキサントフィル系の2種類に分けられ、ルテインはキサントフィル系に分類されます。

目を酷使する現代社会において、ルテインは目を保護する重要な栄養素として着目を集めています。
また、ルテインはあらゆる病気の改善効果が認められるファイトケミカルの一種で、強い抗酸化作用を持っているという特徴があります。

さらに、ルテインは眼球の水晶体と黄斑部に存在しているため、老化によって起きる老眼はルテインの不足が原因の1つになっていることが多いようです。

ルテインの効果・効能って?

ルテインの効果・効能って?

ルテインの効果・効能で着目されているのが目の保護です。

目は、人が持っている臓器の中で唯一露呈をしている点であるため、まぶたが閉じているとき以外は常に光にさらされることになります。

そのため、ルテインは目の水晶体や黄斑部に多く見られるので「天然のサングラス」といわれており、パソコンや携帯電話、テレビなどが放出しているブルーライト、日光から出されている紫外線から目を保護しています。

また、黄斑変性症や白内障などの加齢で発症するとされる目の病気についても、進行をといった効果を持った栄養素でもあるのです。

さらに、ルテインは目だけではありません。ルテインは、大腸や乳房など体中のいたるところに存在している栄養素です。

そのため、強い抗酸化力を持っているルテインは、病気から身を保護することができる可能性があるのです。

その他にも、ルテインは肌にも良いとされています。
紫外線からのダメージから肌を保護するルテインは、肌質を維持するために欠かせない栄養素だといえるでしょう。

>肌を保護するルテインを含んだ太陽のAFAサプリはこちらから

ルテインはどんな食品(食べ物)に多く含まれるの?

ルテインはどんな食品(食べ物)に多く含まれるの?

ルテインが含まれる食品(食べ物)には、緑黄色野菜が挙げられます。

ほうれん草やブロッコリー、カボチャ、パセリ、ケールなどがその代表です。
特にほうれん草は、100g当たり5mgのルテインが含まれており、容易に手に入る食品でもあることから摂取しやすい食べ物の1つです。

ブロッコリーも手に入りやすい食品ではあるものの、100g当たり1mgと比較的含有量は少なめです。
ケールは、100g当たり10mgとほうれん草の倍のルテインが含まれているとされていますが、必ず手に入る食品ではないというデメリットがあります。

また、パセリも100g当たり10mgの含有量があるものの、苦みが強い食品ですので積極的に食べられるものではありません。
しかし、卵黄や果物にもルテインは含まれており、工夫次第で1年中摂取できる栄養素だといえるでしょう。

その他のルテインの特徴としては、熱に強いというものがあります。
ですから、煮たり焼いたりする加熱調理をしても問題ないというメリットもあるのです。

ただし、ルテインを毎日の食事の中で定期的に摂るのは、難しいことです。
しかし、サプリであれば必要な栄養素を手軽に摂ることができるため、手間はかかりません。

また実はルテインは、単独で摂取しても、効率よく吸収することができないため、複数の栄養素を摂取をすることが大切です。

藻(も)サプリメントのAFA】は、ルテインやゼアキチンはもちろん、その他にも、89種類の栄養素がバランスよく含まれています。

さらにAFAは、細胞壁がないので一般野菜の吸収率が約40%に対して、なんと98%の吸収性と非常に高い特性を持っています。

手軽で効果的にルテインを摂取したい方は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

>ルテインとさらに89種の栄養素を配合!その吸収率は98%!?健康に嬉しいAFAのパワーとは?

 

AFAブルーグリーンアレジーとは