中性脂肪とコレステロールは藻(も)サプリメントで対策!

中性脂肪値が高い!コレステロール値も対策!

高い中性脂肪値とコレステロール値を下げる、89種の栄養素を含む、藻(も)サプリメントとは?!

人間の身体にとって、脂質は欠かすことのできない栄養素ですが、
中性脂肪やコレステロールを摂取しすぎると、重大な病気につながる恐れがあります。

そこで、高い中性脂肪値とコレステロール値を手軽に対策できる、藻(も)のサプリメント「AFA」について、高くなる原因にも触れながらご紹介します。

目次

  • コレステロールと中性脂肪がたまるとどうなる?
  • コレステロールや中性脂肪を下げるには?
  • 高い中性脂肪値とコレステロール値を下げる藻(も)サプリメント
  • 中性脂肪値とコレステロール値が増える原因
  • 脂質異常症ってどんな疾患?
  • コレステロール対策をするときの注意点は?

コレステロールと中性脂肪がたまるとどうなる?

コレステロールや中性脂肪は、それ自体が特に身体に悪い物質というわけではありません。

コレステロールは細胞膜を保護して、ホルモンや胆汁酸の餌になってくれます。
中性脂肪も皮下脂肪に蓄えられて、身体を寒さから守ったり、強い衝撃から保護したりしてくれます。

このように、コレステロールや中性脂肪は、正常な数値にあるうちは人間の身体に不可欠な物質です。

しかし、血中における濃度が正常な数値を超えてしまうと、コレステロールと中性脂肪は途端に人間の身体に牙をむけます。
コレステロールや中性脂肪が血中脂質の基準値を上回った状態を脂質異常症といいます。

脂質異常症はさまざまな病気を引き起こすきっかけになります。
ときには突然死を引き起こす原因にもなるため、コレステロールと中性脂肪の摂り過ぎにはくれぐれも注意しなければならないのです。

コレステロールや中性脂肪を下げるには?

コレステロールや中性脂肪を下げるためには、食生活や日々のちょっとした習慣に気を配ることが何より大切です。
そのためにも、まずは自分の生活態度を見直してみることから始めてみてください。

暴飲暴食や過度な飲酒をしていないでしょうか。
食べ過ぎれば脂質異常症のリスクも高まるので、普段の食事は腹八分目を目安にして食べるようにしましょう。

普段から口にする食べ物にも注意を払ってください。
特に脂っこいものや高カロリーのものは身体に良くありません。
油の量を控えめにし、カロリーの高い食べ物はなるべく避けましょう。

その代わりに、食物繊維や青魚、大豆などを積極的に摂るようにしてください。
こうした食品には動脈硬化を予防する効果が期待できます。

日々の食生活を見直すとともに、BMIの数値を意識して体重や体脂肪をコントロールすることも忘れないようにしましょう。
脂質異常症には自覚症状がありません。
だからこそ、BMIや体重、体脂肪率などから自分の健康状態を逐一チェックすることが大切です。

ただ、いきなり食生活の見直しと、体脂肪コントロールをするのは難しいという方は、サプリメントの対策がおすすめです。

高い中性脂肪値とコレステロール値を下げる藻(も)サプリメント

とくに近年注目される、藻(も)「AFA」のサプリメントがおすすめです。

AFAは豊富なDHAやEPAを始めとする、89種類ものビタミンやミネラルを配合しており、必要十分な栄養素を手軽に補給できます。

またAFAが含む「フィコシアニン」は余分な脂肪類を吸着し、便としてダイレクトに排出してくれ、健康的になりながら、中性脂肪やコレステロール数値を下げる効果が期待できます。

さらにAFAは、その強い抗酸化作用によって、スポンジのように有害物質を吸い込んで体外へ押し出してくれるので、中性脂肪やコレステロールを溜めにくい体へ変えてくれます

>健康になって、高い中性脂肪とコレステロールを下げる!藻()サプリメント「AFA」がおすすめ

中性脂肪値とコレステロール値が増える原因

中性脂肪値とコレステロール値が増える原因

中性脂肪値やコレステロール値の上昇は、とりわけ暴飲暴食や乱れた食習慣に原因があることが多いです。
食べたら食べた分だけ、食物に含まれている脂肪は身体についてしまいます。
そのため、暴飲暴食をしていれば、食べる量も増えるため、多量の中性脂肪やコレステロールが体内に入ることになります。

また、中性脂肪やコレステロールは脂っこいものや高カロリーのものに多く含まれています。
そのような食べ物ばかりを食べるような食習慣では、高い中性脂肪値とコレステロール値を避けることはできません。

脂質異常症を防ぐためにも、暴飲暴食はなるべく控え、食習慣も見直す必要があります。

また、食事に関することだけでなく、日常のちょっとした習慣も中性脂肪やコレステロールを増やす原因になります。
とりわけ運動不足は中性脂肪とも深い関係にあります。
運動不足は代謝の低下を招きます。
体内に蓄えられた中性脂肪も、代謝が低下すれば燃焼しづらくなります。

その結果、中性脂肪がどんどん蓄えられ、肥満や脂質異常につながってしまいます。

食事だけでなく、運動など日々の生活習慣にも気を配るようにしましょう。

脂質異常症ってどんな疾患?

脂質異常症が恐ろしいのは、自覚症状がほとんどないという点です。
この症状を放置してしまうと、動脈硬化をどんどん進行させてしまいます。

動脈硬化は狭心症や心筋梗塞、脳出血、さらには脳梗塞など、さまざまな重大な疾患の引き金になる症状です。
血中におけるコレステロール値が上昇すると、余ったコレステロールが血管の内側に定着するようになります。

すると動脈の壁が分厚くなり、アテローム硬化という硬い状態になります。
これがいわゆる動脈硬化です。

一方、中性脂肪は動脈硬化の直接的な原因にはなりませんが、中性脂肪が増えるとコレステロールの数値も上昇してしまいます。
コレステロール値が上がれば動脈硬化のリスクが高まるため、いずれにしても中性脂肪が動脈硬化の遠因になることは確かです。

脂質異常症が引き起こす動脈硬化は、死の危険もあるさまざまな疾患を招きます。
だからこそ、放置せずにいち早く対策を取ることが重要になります。

脂質異常症には自覚症状がないだけに、日頃から中性脂肪やコレステロールが上昇しすぎないように気をつけておくことが大切です。

コレステロール対策をするときの注意点は?

実はコレステロールの中には、身体に良い効果をもたらしてくれる種類があります。

善玉コレステロールといわれる成分は、むしろ数値が低いと血管が細くなって身体に悪影響を与えます。
そのため、善玉コレステロールは数値が下がりすぎないように配慮しなければなりません。

一方、数値が上昇すると身体に悪影響を及ぼすのが悪玉コレステロールです。

このように、コレステロールには善玉と悪玉の違いがあるため、コレステロール対策をするときは、悪玉コレステロールを減らして、善玉コレステロールが増えるようにすることが大切です。
食生活の改善が悪玉コレステロールの減少に効果的ですが、それだけでは善玉コレステロールを増やすことはできません。

善玉コレステロールを増やすためには、適度な運動を取り入れることがおすすめです。
ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動は善玉コレステロールを増やすのに効果があるといわれています。

また毎日の運動習慣のほかに、手軽に高い中性脂肪とコレステロールの下げられる、藻サプリメント「AFA」の活用もオススメです。

AFAなら中性脂肪やコレステロールを下げる、ビタミンやミネラルなど89種もの栄養素を満遍なく含んでいます。

さらにAFAの独自成分、「フィコシアニン」が、体内の毒素を強力に排出し、腸内環境を改善して、中性脂肪を蓄積しにくい体へ変えてくれます

健康になりながら、中性脂肪とコレステロールの対策したい方は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

 

AFAブルーグリーンアレジーとは