中性脂肪を下げる藻(も)サプリメントが話題に!

中性脂肪を下げる方法!健康になるポイントは?

中性脂肪値を下げると話題!89種の栄養素を含む、藻(も)サプリメントとは?

健康な身体を維持するためには、中性脂肪の数値に注意しながら生活することが大切です。
それは、中性脂肪の数値が高いと様々な病気のリスクが高まるためです。

そこで、手軽に中性脂肪が下げると注目される、
藻(も)のサプリメント「AFA」について、生活習慣の対策法とともに紹介します。

目次

  • 中性脂肪ってなに?高い原因と高いと起こること
  • 食べ方や食事内容に気をつける
  • 中性脂肪は藻(も)サプリメントで下げる
  • 質のいい睡眠をする
  • 有酸素運動をする

中性脂肪ってなに?高い原因と高いと起こること

中性脂肪は身体に悪いものというイメージを持っている人も多く見られます。

しかし、中性脂肪は人間の身体にとって欠かせない物質であり、存在自体は決して害になるものではありません。
中性脂肪は、体内で過剰となった糖質や脂質を効率的にエネルギーとして貯蓄するという重要な役割を担っています。

また、クッション材の働きをして外部から受ける衝撃から守ってくれるのも特徴です。
体温を維持するためにも役立つため、ある程度の中性脂肪はなくてはならない物質といえるでしょう。

ところが、中性脂肪が高すぎるとLDLコレステロールが増えやすくなり、動脈硬化・脳梗塞・心筋梗塞のリスクを高めるというデメリットが生じます。
また、メタボリックシンドロームの原因ともなるため、病気のリスクだけでなく見た目も損なってしまうので注意が必要です。

中性脂肪は、LDLコレステロールを増やすだけでなく、余分なコレステロールを肝臓へ戻す役割を持つHDLコレステロールを減少させてしまう物質でもあります。

中性脂肪は人間にとってなくてはならないものですが、高すぎると糖尿病などの生活習慣病を引き起こすことがあるので、健康診断で数値が高いと診断された場合は下げるための対策が必要です。

食べ方や食事内容に気をつける

中性脂肪を減らすためには、食事の内容を見直すことが大切です。

炭水化物やアルコールの摂取が多い人は中性脂肪を貯めやすい食生活であるといえます。
また、毎日の食事で脂質や糖質が高いものを食べている人は控えるようにしましょう。

バター・牛肉・ベーコンなど動物の脂を多く含むものは飽和脂肪酸が多いのが特徴です。
一方で、魚や大豆には不飽和脂肪酸が豊富に含まれているので、積極的に摂れば中性脂肪の増加を防ぐことができます。

魚が苦手な人や肉を中心にした食事を好む人は、肉を食べた翌日を魚のメニューにするなどストレスを溜めずに食事内容を改善するのがおすすめです。

菓子パン・ジュース・アルコールのように脂質や糖質が高いものは中性脂肪を作りやすいので、数値が高い人は避けたほうが良いでしょう。

また、白米や麺類は炭水化物(糖質)を多く含むため、糖質の吸収を抑える食物繊維が豊富な食材をメニューに取り入れることがおすすめです。
野菜やきのこには食物繊維がたくさん含まれているので、バランスよく食べるように心がけましょう。

藻(も)サプリメントで中性脂肪を下げる

とはいえ、食習慣を毎日気をつけるのは難しい、という人も多いのではないでしょうか。
そんなときには、不足しがちな栄養を補ってくれるサプリメントの活用がおすすめです。

1日に必要な食物繊維を野菜や海藻から毎日摂取するのは簡単なことではありません。
しかし、サプリメントなら栄養素が凝縮されているので、毎日手軽に続けることができます。

なかでも藻(も)サプリメントの「AFA」が、中性脂肪を下げるとして注目されています。

AFAサプリメントはDHAやEPAをはじめ、89種類ものビタミン類やミネラルなど豊富に含んでいるため、必要な栄養素を簡単に補給することができます。

AFAに含まれる「フィコシアニン」には、余分な脂肪類や毒素を吸着して、便としてダイレクトに排出するため、健康的になりながら、中性脂肪やコレステロール数値下げる効果が期待できます。

さらにAFAは、その強い抗酸化力によって、スポンジのように有害物質を吸い込み体外へ押し出す働きがあり、中性脂肪を溜めにくい体質へと変化してくれるのです。

またAFAは便秘の解消もサポートするので、中性脂肪の減少だけでなくダイエットや美肌効果も期待できるといえるでしょう。

体の中からキレイになって中性脂肪を対策!藻(も)サプリメント「AFA」はこちら>>

質のいい睡眠をする

【対策2】質のいい睡眠をする

寝ている間は運動量が減るので中性脂肪とは無関係と思われがちです。

ところが、睡眠は中性脂肪の増加や減少に大きく関わっていることが知られるようになりました。
眠っている間に分泌される成長ホルモンは、脂肪を分解する働きを持っているのが特徴です。
そのため、質の良い睡眠を取る習慣を身につければ中性脂肪の増加を予防することができます。

インスリン分泌を抑えるために、夕食は炭水化物の摂取を控えることもポイントです。
睡眠不足はもちろん過剰睡眠も中性脂肪増加につながるので、6〜8時間を目安に質の良い睡眠を心がけましょう。

質の良い睡眠や規則正しい食生活が維持できるようになれば、ストレスの軽減にもつながり中性脂肪が下がりやすくなります。

有酸素運動をする

運動の習慣がある人は、中性脂肪とも深く関わりのある生活習慣病のリスクが低いと考えられています。

適度な運動によって脂肪が燃焼されやすいことが理由の1つです。
有酸素運動は体内にある脂肪を効率よく燃焼してくれます。
中性脂肪が気になっている人は、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動がおすすめです。

自宅で有酸素運動をしたいという人は、踏み台昇降を試してみると良いでしょう。
1日に30分程度の有酸素運動を続けると脂肪燃焼がスムーズになります。
テレビを見ながら踏み台昇降を10分、ウォーキングやジョギングを20分というようにトータルの運動量で目標をクリアできるように続けることが大切です。

連続して運動をするよりも、通勤や家事の時間を活用しながらこまめに運動することが長く続けるポイントであるといえるでしょう。

また日々の生活習慣を注意するより、手軽に中性脂肪を下げる栄養素がとれる、藻(も)サプリメント「AFA」の活用もおすすめです。

AFAなら中性脂肪を下げる、ミネラルやビタミンなど89種もの栄養素を幅広く含んでいます。

さらにAFAには「フィコシアニン」という強力な抗酸化成分が含まれており、
体内の脂肪分や毒素を排出して、中性脂肪を蓄めにくい体を形成してくれます

健康になりながら、手軽に中性脂肪を下げたい人は、ぜひ一度試してみてはどうでしょか。

 

AFAブルーグリーンアレジーとは