中高年こそ鉄分が必要!藻(も)が鉄分補給におすすめの理由

鉄分というものはタンパク質やビタミンなどと比べると普段あまり意識されることは多くありませんが、体にとっては極めて大事な栄養成分です。

しかも、その大事性は中高年になるとますます向上していきます。
しかし、どのようにすれば鉄分が摂ることができるのかについては、よく認識していないという人も多いのではないでしょうか。

そこで、鉄分が多く配合されている食事や効率的な摂取の方法などについて説明をしていきます。

目次

  • 鉄分は人体に欠かせない大事な栄養成分
  • 鉄分が多く配合されている食事と効率のいい摂取方法
  • 鉄分が不足すると体にどんな影響が出る?
  • 若者だけじゃない!中高年で貧血に悩む人は多数
  • 藻(も)は貧血の改善にピッタリ!

鉄分は体に欠かすことができない大事な栄養成分

鉄分は体内に3~4g程度存在し、主に赤血球を作りだすのに必要なヘモグロビンの成分として用いられています。

ヘモグロビンは肺から取り込んだ酸素と結合して体の隅々まで行き渡らせるという大事な作用を担っています。

しかし、鉄分の役割はそれだけではなく、他にも、活性酸素を除去して肌や細胞を酸化から守ったり、免疫機能の維持に関わったり、DNAの複合や修復に関係したりしているのです。

体内にある約75%の鉄分はそうしたことに使用され、残り約25%は肝臓に貯蔵されています。
体内の鉄分が不足した時にはそれらが用いられるというわけです。

また、同じ肉体でも筋肉量が増すと、それを動かすエネルギーとしてより多くの酸素を取り入れなくてはなりません。

そのため、筋肉の増量に従って、赤血球の材料となる鉄分もより多く必要となるのです。

つまり、成長期においてはより意識して鉄分を摂らなければならないということになります。

鉄分が多く配合されている食事と効率のいい摂取方法

鉄分はタンパク質と結合するヘム鉄とミネラルとして存在している非ヘム鉄の2種類に分かれます。

前者は主に肉や魚といった動物性食品に配合されており、後者は卵や乳製品、植物性食品などに配合されているのです。

同じ鉄分でも両者には大きな違いがあります。ヘム鉄は吸収性が10%~20%程度だと言われているのに対して非ヘム鉄の吸収性はわずか2~5%程度だとされています。

これだけを見るとヘム鉄だけを積極的に摂取した方が効率がよさそうにも思えますが、動物性食品にはビタミンB6・ビタミンB12、植物性食品には葉酸が多く配合されており、どちらも赤血球の複合には必須なものです。

そのため、両者ともバランスよく摂ることが大事になってきます。
また、タンパク質や非ヘム鉄もビタミンCを多く配合する食品と一緒に摂ると、吸収性を上昇することができます。

さらに、胃液が多くなると栄養の吸収性が向上するため、鉄分を配合する食品と一緒に梅干し等の酸っぱいものを食べるのも一つの手です。

ちなみに、ヘム鉄を多く配合する食品にはうなぎ・牛肉・かつお・いわし・レバー・まぐろなどがあり、非ヘム鉄を多く配合する食品としてはほうれん草、牛乳、大豆、小松菜、卵、ひじきなどがあります。

>鉄分はもちろん、その他89種類の栄養素を持つ藻()「太陽のAFA」はこちらから

鉄分が欠乏すると体にどんな作用が現れる?

鉄分が欠乏すると赤血球が十分に作成できくなり、酸素の供給が不足する可能性が高くなります。

その結果、貧血になり、動悸・頭痛・疲労感・息切れ、立ちくらみといった症状を発生しやすくなります。

また、抵抗力が低下するため風邪を起こしやすくなるのも大きなポイントです。
それに、鉄分は爪にとっても必須な栄養成分であるため、欠乏すると爪が割れやすくなります。

ちなみに、1日に必要な鉄分量は男性が約10mg、女性が約12mgです。なぜ、女性の方が多く必要なのかというと、生理によって大量の鉄分が欠損するからです。
そのため、女性は男性に比べると貧血になる傾向性が高いです。

また、妊娠期に入ると必要な鉄分はさらに上昇し、妊娠前期で1日15mg以上、後期で20mg以上を摂るべきだとされています。

そもそも、鉄分不足が発生すると黄体ホルモンの分泌が低下してしまうので妊娠しにくくなるのです。

したがって、上記に挙げた症状が現れた時はまず鉄分不足を疑い、適切な対策を取ることが大事です。

>鉄分を含む89種類の栄養成分がたっぷりの藻()サプリ「太陽のAFA」はこちらから

若者だけじゃない!中高年で貧血に悩む人は多数

若者だけじゃない!中高年で貧血に悩む人は多数

貧血は月経、出産、授乳などと関連性が高いため、若い女性に多いイメージがありますが、実際には中高年でも貧血に悩んでいる人は少なくありません。

特に、中高年の女性の時は、良性腫瘍の一つである子宮筋腫によってよく月経過多が発生します。
そして、それが原因となって貧血に陥るケースも珍しくないのです。

また、がんに伴う胃や大腸の切除手術を行うと鉄分の吸収性が下がってしまいます。
そういったことから、大病リスクが上がる中高年は特に鉄分不足が問題となってくるわけです。

さらに、中高年の貧血には内臓からの出血が伴うケースがよくあります。

もし中高年になって原因不明の貧血に悩まされている時は、できるだけ早く病院で検査を受ける方がよいでしょう。

鉄分とその他の栄養をバランスよく摂るなら藻(も)サプリがオススメ >>

藻(も)は貧血の改善にピッタリ!

健康的な生活を送るために鉄分の摂るのは欠かせませんが、注意をしなければならないのは鉄分を配合する食品を単独で食べても効率性が悪いということです。

鉄分はビタミンCと一緒に摂取することで体内の吸収性を飛躍的に向上させるので、食事のメニューについて考える時には、食材のかけ合わせについても考慮することが大事です。

しかし、毎日、それを行うのは大変という人もいると思います。そういう時は藻(も)のサプリメント「AFA」がオススメです。

AFAとは藻の一種であり、鉄分が多く配合されていることで知られています。

しかも、赤血球の複合には必須なビタミンB12や葉酸も多く、その上、ビタミンCも豊富に配合されています。貧血改善のためにはぴったりのサプリメントと言えるでしょう。

鉄分の他にも沢山の栄養成分。その数なんと89種類!?健康に嬉しいAFAのパワーとは?

AFAブルーグリーンアレジーとは