亜鉛の効果や多く含む食品って?亜鉛摂取にオススメのサプリ

栄養成分の一種である亜鉛は健康や美容において大活躍してくれます。

そのため、亜鉛を毎日の生活から摂取する認識は大事です。

この記事では、亜鉛の効用や摂る方法、欠乏したときのリスクについて詳しく説明していきます。

目次

  • 亜鉛とは
  • 亜鉛の効能・効果って?
  • 亜鉛はどんな食品(食事)に沢山含まれるの?
  • 亜鉛は不足するとどんな症状が起きるのか?
  • 1日にどれくらい摂取したら良いの?
  • 亜鉛とその他栄養をバランスよく摂るなら藻(も)サプリ


亜鉛とは

亜鉛は体を構築する栄養成分の一種であり、内臓、皮膚、骨格などの材料です。

また、たんぱく質を複合するためにも大事であり、亜鉛が十分に摂ると体は健康かつ頑丈に保持できます。

 

ただし、亜鉛は体の中で生み出される栄養成分ではなく、食事などの方法で体外から摂る必要があります。

 

体の働きを活発化させる亜鉛が欠乏すると、病気になりやすくなったり、肌荒れが発生したりします。

そのため、亜鉛は「必須ミネラル16種」に配合するなど、絶やさず摂れる必要があります。

 

毎日を快適に過ごすためには、「亜鉛」は強く認識したい栄養成分の一つです。


亜鉛の効能・効果って?

たんぱく質を複合してくれる亜鉛は、満足な量を摂り続けると新陳代謝や皮膚のターンオーバーに役立ちます。

たんぱく質は体のあらゆる組織の源泉であり、新しく質が高いたんぱく質が複合されると、体は健康になります。また、肌の老朽化も改善できます。

 

亜鉛の「抗酸化作用」もアンチエイジング効果のために見逃せません。

亜鉛は「SOD」と呼ばれる抗酸化物質を作ります。しみやくすみを防止する抗酸化物質が増加すると肌はみずみずしさを維持でき、ツヤやハリが目立つようになります。

 

亜鉛は免疫力アップにも貢献する物質です。亜鉛をたくさん摂っていると風邪などの病気にかかりにくくなります。

 

また、亜鉛はアルコールを分解してくれる効果があるので二日酔いの対策ができます。

アルコールで胃腸を破壊しやすい方にはお酒と一緒に摂りたい栄養成分です。

 

脳にも亜鉛は配合されており、細胞を作り出しています。そのため、亜鉛を摂ると精神状態が安定し、リラックスして毎日を過ごせます。


亜鉛はどんな食品(食事)に沢山配合されるの?

亜鉛はミネラルの一種であり、ミネラルを沢山含んでいる商品に亜鉛もたくさん入っているケースが目立ちます。

 

中でも海鮮類の「かき」は亜鉛が豊富な食事の代表例でしょう。かきの亜鉛含有量は13.2ミリグラムです。

成人女性はかき3個ほどで1日の亜鉛をまかなえるので、かなりの亜鉛を摂ることができます。

 

その他、するめ、かに、うなぎといった魚介類からも亜鉛を効果的に摂ることができます。

 

肉類のなかでは特に牛肉から亜鉛を摂取できます。部位として亜鉛を沢山含んでいるのはレバーです。

レバーは脂身が少量なうえ、亜鉛以外の栄養成分も豊富に入っているので健康食品として人気です。

 

また、ひき肉や卵黄も亜鉛を含む食材です。

乳製品も亜鉛食品の一種です。チーズは種類ごとに亜鉛の含有量が異なり、特にパルメザンチーズは亜鉛を豊潤に含んでいます。

絶対量は少量なものの、牛乳にも亜鉛は配合されているので、毎日牛乳を飲む慣習がある人は比較的、亜鉛を補完できています。

 

栄養バランスのために色々摂らないといけないでも難しい。

たった1つで89種類の栄養成分がバランス良く摂れる食品、ご存知ですか?


亜鉛は欠乏するとどんな症状が発生するのか?

亜鉛が欠乏すると、免疫に異常を出ます。

外部からの刺激を敏感に受け、乾燥や肌荒れに悩まされます。

 

また、風邪などの軽度な病気にもかかりやすくなります。

亜鉛不足が深刻になると「亜鉛欠乏症」という症状にまで進展し、不調が長引くことも珍しくありません。

食欲不振が継続し、体調が優れないまま体力が落ちていく悪い循環におちいります。

 

亜鉛欠乏症は亜鉛が十分に摂れていないので、体の中の組織が新たに作られない状態です。そのため、貧血や脱毛症などが発生し、肌が若さを保持できなくなります。

 

亜鉛欠乏症の主な症状は「味覚の障害」でしょう。味覚をつかさどる舌の一部は新陳代謝が活発で、亜鉛が調整する器官です。

そのため、亜鉛欠乏症になると味覚を感じにくくなります。食事をしていて違和感を抱くなら亜鉛欠乏症の傾向を疑いましょう。

 

亜鉛欠乏症になる以前に、日常で亜鉛を摂る慣習が大事です。


1
日にどれくらい摂ったら良いのか?

亜鉛の1日の摂取量の目安は、成人男性が10ミリグラム、成人女性が8ミリグラムです。

また、高齢者になるほど推奨量は減少する傾向があり、70歳以上の男性で9ミリグラム、女性で7ミリグラムです。

なお、亜鉛の吸収量は約30パーセントと言われます。

 

亜鉛は欠乏すると比較的すぐに症状が出現しやすい栄養成分です。

特に、家事や仕事で多忙な人は十分な食事時間を保持できずに栄養が偏りがちです。

亜鉛のように体内生成がなされない栄養成分は不足しがちでしょう。

 

一方で、牛乳など部分的な食品をのぞくと亜鉛を配合する食品は「調理に手間暇がかかる」「手に入れるのが面倒」などの不安点があります。

体の働きを良好にするために欠かせない栄養成分であるにもかかわらず、決して摂るのは簡単ではありません。

 

そのため、亜鉛の効率的な摂取方法に悩んでいる人は沢山います。

特に、亜鉛不足による肌荒れや髪の毛のツヤの減退など、美容面の影響を懸念する女性には大きな課題です。


亜鉛とその他栄養をバランスよく摂るなら藻(も)サプリ

亜鉛をその他の健康栄養成分と一緒に摂るなら栄養成分89種類の「太陽のAFA」のサプリメントがおすすめです。

亜鉛以外のミネラルのほか、ビタミンやアミノ酸も幅広く配合されており、アンチエイジングに作用を発揮します。

 

多忙で時間がない1日にも簡単に飲めるサプリメントで、健康と美容を保持しましょう。

 

35億年前から存在する栄養のかたまり。体内からキレイになるための救世主。その正体とは

 

 

AFAブルーグリーンアレジーとは