便秘を改善する藻(も)サプリメントとは?!

便秘を手軽に改善できる、89種類もの栄養素を含む、藻(も)サプリメントが話題!

世の中の多くの女性にとって悩みの種のひとつが「便秘」ではないでしょうか。
便が出ないだけでストレスが溜まりますし、症状が慢性的になると長期間便秘が続くこともあります。
「いつも便秘気味」という女性は、もしかしたら毎日の栄養素の不足が原因かもしれません。
しかし、栄養素の摂取を毎日の食事で改善するのは、困難です。

そこで、便秘を手軽に改善できる、藻(も)のサプリメント「AFA」をご紹介します。

目次

  • 便秘を予防する食べ物とは
  • 食生活をサポートするサプリメント
  • 便秘を手軽に改善する藻(も)サプリメント
  • 乳酸菌の働きを助けるオリゴ糖
  • 食物繊維で毎日快調
  • 便秘改善に効果的な飲み物

便秘を予防する食べ物とは

便秘には「排便の回数が減る」「お腹が張っている感じがする」などさまざまな症状があります。
症状によって対策方法は異なるので、まず自分の便秘状況について確認しておきましょう。

便秘の症状を訴える人に多いのは「機能性便秘」と呼ばれるものです。
機能性便秘とは、乱れた食生活やストレスによって腸の活動が低下し便秘になる症状です。

便は腸が排便を促す運動(ぜんどう運動)をすることによって外に排出されます。
しかし、機能性便秘の人は腸の活動が弱りぜんどう運動が上手く機能しないため腸内で便が溜まってしまうのです。

この機能性便秘を予防するためには、普段の食生活を見直す必要があります。

まず、肉類の食べ過ぎは控えましょう。
肉に含まれているたんぱく質は腸内で悪玉菌のエサとなります。

逆に、普段の食事で積極的に摂取したいのが「オリーブオイルなどの植物油」です。
オリーブオイルに含まれている「オレイン酸」という成分は腸のぜんどう運動を手助けする働きがあります。

また「マグネシウムを多く含む食材」などもおすすめです。
マグネシウムもオリーブオイルと同様に、腸のぜんどう運動を促進する効果があります。

手軽に取れるマグネシウムを含む食材は「ごま」「さくらえび」「青のり」などです。
マグネシウムには体内での水分吸収を高めてくれる作用もあります。

排便を促すには水分を十分摂ることがポイントです。
また、朝・昼・晩と三食きっちり摂ることも体内の消化リズムを整え排便しやすくなるので、意識してみましょう。
特に、朝食を毎朝食べることが大切です。

朝は腸の活動が活発になる時間帯なので、朝食は腸を刺激し便意のきっかけとなります。
朝食には固形物よりもヨーグルトやおかゆなど消化の良いものが効果的です。

便秘を手軽に改善する藻(も)サプリメント

しかし、食事だけではなかなか必要な栄養素を摂取できないこともあるでしょうし、仕事などの事情により、毎日の食事だけでコントロールするのが難しいという方は、藻(も)サプリメントの「AFA」がおすすめです。

AFAサプリメントはDHAやEPAに加えて、89種類ものビタミン類やミネラルを豊富に含んでいるため、バランスのとれた栄養素を手軽に補えます。

またAFAには、善玉菌を増やして、悪玉菌をを減少させる、独自成分「フィコシアニン」という物質を含んでいます。

色素タンパク質の一種である「フィコシアニン」は抗酸化作用が強く、スポンジのように、有害物質を吸い込み、体外へ排出するという強力なデトックスの効果もあります。

つまり腸内環境を正常化し、便秘を解消させる驚くべき効果をもつサプリメントです。

仕事や生活サイクルの中で上手に対策ができない人でも、AFAを活用すると効果を実感しやすいのではないでしょうか。

89種類の栄養素できれいになって便秘を解消!藻(も)サプリ「AFA」はこちら >>

乳酸菌の働きを助けるオリゴ糖

機能性便秘は腸の活動が低下することによって起こります。

腸の活動が低下する原因のひとつが「腸内環境の悪化」です。
腸内には約100種類、1,000兆個以上の細菌や微生物がいます。

腸内の細菌は大きく分けて「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3つです。
このうち、日和見菌は善玉菌と悪玉菌のうち、優勢の方に味方をするという特徴を持っています。
つまり、腸内で悪玉菌が優勢になると日和見菌も味方をして腸内環境が悪化するという悪循環に陥るのです。

腸内環境が悪化すると便秘や下痢になりやすくなったり風邪を引きやすくなったりします。
つまり、便秘を改善するためには、まず腸内環境を善玉菌が優勢の状態にすることが必要です。

そこで、積極的に摂取したいのが「乳酸菌」になります。
乳酸菌は腸内で「乳酸」という酸性の物質を発生させます。
この乳酸が腸内を酸性に保つことで、悪玉菌の増殖を抑えたり定着したりするのを防いでくれるのです。

さらに、腸のぜんどう運動を活発にする働きもあるので便秘の人は積極的に取り入れたいのが乳酸菌です。
乳酸菌は「納豆」や「味噌」などの発酵食品に多く含まれています。

そして、乳酸菌と一緒に取りたいのが「オリゴ糖」です。
オリゴ糖は乳酸菌の腸内での活動を手助けしてくれます。

オリゴ糖を多く含む食品としては「きな粉」や「ごぼう」「はちみつ」などです。
朝食のヨーグルトにきな粉やはちみつをかけて食べると、腸にやさしい朝食になります。

食物繊維で毎日快調!

便は「腸内細菌の死骸」と「食べ物の残りカス」、そして水分でできています。
このうち水分が70%〜80%を占めており、便のほとんどは水分です。

したがって、便秘を予防・改善するには水をしっかりと飲むことがポイントになってきます。
ただし、水分だけをとっても今度は便が固まらず下痢になってしまう場合もあります。

「水分をしっかりと取る」のは大前提ですが、水分に合わせて「食物繊維」も摂取しておきましょう。
食物繊維とは食べ物に含まれている繊維で、消化されにくいのが特徴です。
胃で消化されないまま腸に届き、腸内の水分を吸って便を形作ります。

さらに、腸を刺激しぜんどう運動を促してくれるので便秘に非常に効果的です。

食物繊維には水溶性と不溶性がありますが、症状によって必要な食物繊維は変わります。

「便が固い」「コロコロしたウサギのフンのような便が出る」という人は水分が足りていない証拠です。
水分をたくさん取ると同時に水溶性の食物繊維を摂りましょう。

水溶性の食物繊維を多く含む食材は「りんご」「みかん」「にんじん」「トマト」などです。
逆に「便がゲル状」「下痢のような便」という方は、腸で便が上手く形成されていません。
不溶性の食物繊維をたくさん摂って便が形成されやすくしましょう。

不溶性の食物繊維を多く含むのは「大豆」「イモ類」「キノコ類」などです。
症状に合わせて最適な食物繊維を摂りましょう。

便秘改善に効果的な飲み物

便秘を改善するためには、普段から取っている水分にも気を付けましょう。
できれば、摂取する水分は「ただの水」がよいでしょう。
清涼飲料水やコーヒーなどは水分とカウントしません。

「ミネラルウォーター」または「浄水器の水」を常に持ち歩き、1日1.5リットル〜2リットルを目安にこまめに摂取します。

ほかにも「ココア」や「フルーツジュース」「甘酒」なども便秘改善に効果的な飲み物です。
普段から意識して摂取するようにしてみましょう。

食生活をサポートするサプリメント

便秘を改善するにはいろんな点に気を付けなければいけません。
もっとも、機能性便秘は毎日の生活習慣の積み重ねによって起こるものです。

したがって、1週間や2週間程度のあいだ、食生活を変えたところですぐに改善するものでありません。
半年や1年という長いスパンでちょっとずつ改善していく必要があります。

しかし、長年続けてきた生活スタイルをいきなり変えるのは難しいでしょう。

そこで、利用したいのがサプリメント活用です。
生活のなかで栄養素をバランスよく摂るのは慣れていないと難しいですし、面倒でもあります。

この点、サプリメントを活用すれば乳酸菌や食物繊維など便秘に効果がある成分を効率よく摂取できます。

いきなり生活スタイルを変えるのは大変」という人は、普段の食生活に藻(も)サプリメントの「 AFA」がおすすめです。

AFAサプリメントはDHAやEPAとさらに、89種類ものビタミン類やミネラルを豊富に含むため、バランスのとれた栄養素を手軽に補給できます。

またAFAには、善玉菌を増やして悪玉菌をを下げる「フィコシアニン」という物質を配合しています。

フィコシアニンは強い抗酸化作用で、スポンジのように有害物質を吸い込んで、体外へ排出する作用があります。
その優れたデトックス効果により、腸内環境を改善して、便秘を解消させる効果が期待できるサプリメントです。

体に中からきれいになって便秘を解消したい人は、藻(も)サプリメントの「AFA」をぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

AFAブルーグリーンアレジーとは