内臓脂肪が高いのは藻(も)サプリメントで改善!

内臓脂肪が高いのを改善できると話題!89種の栄養素を含む、話題の藻(も)サプリメントとは?

内臓脂肪が高いと容姿や美容の悩みだけではなく、健康への影響も出てきます。
お腹周りの余分な肉や皮下脂肪が増加したとき、健康診断結果で内臓脂肪が高かったときは要注意です。

そこで、高い内臓脂肪を下げる注目のサプリメント、藻(も)「AFA」をご案内します。

目次

  • 内臓脂肪が高いと何が起こる?
  • 多くのきっかけは食事!いつもから食事に気をつけよう
  • 内臓脂肪は藻(も)サプリメントで改善
  • 喫煙がきっかけとなる事も
  • ストレスで内臓脂肪が増える

内臓脂肪が高いと何が起こる?

内臓脂肪は体にとって必須になる要素でもありますが、脂肪の付き過ぎは色々な病を引き起こすきっかけにもなります。
お腹周囲にぜい肉が付いてきたなと感じたら、内臓脂肪が多々あるサインかもしれません。

内臓脂肪の数値が高くなると、血管の詰まりが起こります。それ故、動脈硬化のような血管疾患になってしまう懸念があるのです。
静脈瘤や脳梗塞、心筋梗塞といった重篤な病を招く事例もあるので、内臓脂肪の数値はこまめに参考にしましょう。

内臓脂肪の怖いところは「自覚症状をあまり感じない」点にあります。
数値が高いだけでは痛さや不自然さなどがないので、対処が後回しになってしまうからです。

動脈硬化は体の随所に症状が現れ、進行してしまうと命のリスキーもあります。
血管が弱ってしまうネフローゼ症候群や慢性腎臓病になる時もあるので、早めに改善しておきましょう。

多くのきっかけは食事!いつもから食事に気をつけよう

内臓脂肪が付いてしまうきっかけの多くは定期的な食事にあります。

内臓脂肪を上げるものは炭水化物・脂質を多く含んでいる食べ物・糖質を多く含んでいる食べ物・アルコールの4つです。
揚げ物、油もの中心の食生活であったり、炭水化物やアルコールの取り過ぎは内臓脂肪を高める事になります。

思い当たる節がある人はできるだけ糖質や脂質の低いメニューにする、アルコールの種類を変えるなどを、気をつけると内臓脂肪が付きにくくなるでしょう。
定期的に晩酌している人、特にお酒の量が多い場合は内臓脂肪が増加しやすい性質にあります。

厚生労働省が公表されている「節度ある適度な飲酒量」では「ビール(中瓶1本500ml)」「清酒(1合180ml)」「ウイスキー・ブランデー(ダブル60ml)」「焼酎35度(1合180ml)」「ワイン(1杯120ml)」と定義されています。

お酒が好きな人はついつい飲み過ぎてしまうものですが、水を飲みながらお酒を飲む、低カロリー高たんぱくのおつまみを食べながら飲むなど、注意をして飲酒するようにしましょう。

炭水化物が好きな人は糖質が少ない玄米、雑穀を使用すると糖質の摂取量が抑えられます。
このところでは麺類もこんにゃくや、おから配合タイプのものが提供されているので、麺類が食べたくなった時は置き換えてみるのも一つの手です。

ただし、いきなり食生活を改善するのは、なかなか簡単ではないという方は、サプリメントでの対策が良いです。

内臓脂肪は藻(も)サプリメントで改善

なかでも藻(も)サプリメントの「AFA」は、DHAやEPA89種類ものビタミンやミネラルを配合しているため、十分量の栄養素を効率よく補完できます。

AFAが含む「フィコシアニン」は、余分な脂肪や毒素を吸い出し、便としてダイレクトに排出するため、健康になりながら、内臓脂肪値を下げる効果が期待できるのです。

さらにAFAには、強力な抗酸化力があり、スポンジのように有害物質を吸着して体外へ排出して内臓脂肪を蓄積しにくい体にしてくれる作用を持っています。

内臓脂肪・コレステロールが気なる方に 藻(も)サプリメントの「AFA」がおすすめ >>

喫煙がきっかけとなる事も

喫煙がきっかけとなる事も

内臓脂肪の増加には喫煙の習慣性も関与しています。

内臓脂肪はコルチゾールと呼ばれるステロイドホルモンによって生じ、タバコはこのコルチゾールを増加させる作用があるのです。
コルチゾールは糖・脂質・たんぱく質の代謝や血圧の調節を担っている成分です。

けれども、コルチゾールが分泌され過ぎてしまうと、肥満になったり、インスリンの働きを阻害したりと悪影響がでます。
喫煙はコルチゾールの分泌を手助けしてしまい、内臓脂肪を溜め込む体になるきっかけにもなります。
その上喫煙をすると血管が収縮、血管がダメージを受けてしまうのです。

動脈硬化や脳梗塞のきっかけにもなりますし内臓脂肪の数値を高くします。
禁煙が望ましいのですが、いきなり無理な時は本数を減らすなどしましょう。

ストレスで内臓脂肪が増える

内臓脂肪は食事や生活習慣だけではなくて、ストレスを感じる事でも増加してしまいます。
業務のストレス、人間関係上のストレスなどを普段強く感じている時は配慮しましょう。

コルチゾールは飲酒だけではなくストレスでも分泌される物質なので、知らないうちに内臓脂肪が増加していってしまいます。
そして、ストレスを解消したいために飲酒や暴飲暴食をしてしまう人も要注意です。
ストレスを感じると眠れなくなる人もコルチゾールの分泌が多くなってしまいますので、用心しましょう。

睡眠は心と体を充分にと休ませ、傷付いた部位を修復させる時でもあります。
ストレスで眠れなくなってしまうと体の多くのパフォーマンスが低下してしまうので、なるべく睡眠を取るように心がけましょう。

ストレスを抱えたままだと、ストレス太りや精神疾患などのきっかけになります。

また毎日の生活習慣を気をつけるよりも、手軽に内臓脂肪を低下させる、藻サプリメント「AFA」の活用もオススメです。

AFAなら内臓脂肪を下げる、ビタミンやミネラルなど89種類もの栄養素を幅広く含んでいます。

さらにAFAには「フィコシアニン」という強力な抗酸化成分が含まれており、
体内の余った脂肪や毒素を排出して、内臓脂肪を蓄めにくい体へ変えてくれます。

体の中からキレイになって、内臓脂肪を低下させたい方は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

AFAブルーグリーンアレジーとは