内臓脂肪とコレステロールは藻(も)サプリメントで対策!

内臓脂肪とコレステロール対策なら、89種類の栄養素を含む、藻(も)のサプリメントが話題に?

人の体には、脂質は欠かせない栄養成分ですが、
内臓脂肪やコレステロールを摂りすぎると、大きな病気になる可能性が高まります。

そこで、内臓脂肪とコレステロールを手軽に対策できる、藻(も)サプリメントの「AFA」をご紹介します。

目次

  • コレステロールと内臓脂肪がたまると何が起きる?
  • コレステロールや内臓脂肪を下げるには?
  • 内臓脂肪値とコレステロール値を下げる藻(も)サプリメント
  • 内臓脂肪値とコレステロール値が増えるきっかけ
  • 脂質異常症ってどのような疾患?
  • コレステロール対策をする時のポイントは?

コレステロールと内臓脂肪がたまると何が起きる?

コレステロールや内臓脂肪は、それ自体が特に体に悪い物質というわけではないのです。

コレステロールは細胞膜を防護して、ホルモンや胆汁酸の餌になってくれます。
内臓脂肪も皮下脂肪に蓄えられて、体を冷たさから守ったり、強い衝撃から防護したりしてくれます。

このように、コレステロールや内臓脂肪は、正常な数値にあるうちは人間の体に必要な物質です。

けれども、血中における濃度が正常な数値を超えてしまうと、コレステロールと内臓脂肪は途端に人間の体に牙をむけます。
コレステロールや内臓脂肪が血中脂質のスタンダード値を上回った状況を脂質異常症といいます。

脂質異常症は多様な病を引き起こすきっかけになります。
ときには突然死を引き起こすきっかけにもなるため、コレステロールと内臓脂肪の摂り過ぎにはくれぐれも配慮しなければならないのです。

コレステロールや内臓脂肪を下げるには?

コレステロールや内臓脂肪を下げるためには、食生活や毎日のなに気ない習慣に気を配る事が大事です。
そこで、最初に自らの生活リズムを再検討してみる事から開始してみてください。

暴飲暴食や過度な飲酒をしていないでしょうか。
食べ過ぎれば脂質異常症の危険性も高まるので、いつもの食事は腹八分目を判断基準にして食べるようにしましょう。

日常から口にする食べ物にも注意をしてみてください。
特に脂っこいものや高カロリーのものは体に良くないのです。
油の量を控えめにし、カロリーの高い食べ物はなるべく避けましょう。

その代わりに、食物繊維や青魚、大豆などを積極的に摂るようにしてください。
こうした食品には動脈硬化を阻止する作用の期待が持てます。

毎日の食生活を見直すとともに、BMIの数値を意識して体重や体脂肪をコントロールする事も忘れないようにしましょう。
脂質異常症には自覚症状がないのです。
だからこそ、BMIや体重、体脂肪率などから自らの健康状況を逐一把握する事が大事です。

ただ、いきなり毎日の食生活の見直しと、体脂肪のコントロールは難しいという方は、サプリメントの活用がおすすめです。

内臓脂肪値とコレステロール値を下げる藻(も)サプリメント

とくに近年注目されている、藻(も)のサプリメント「AFA」がおすすめです。

AFAは豊富なDHAやEPAをはじめ、89種類ものビタミンやミネラルを配合しており、内臓脂肪の解消に必要な栄養素を効率よく補給できます。

AFAが含む「フィコシアニン」は、余分な脂肪や毒素類を吸着して、便としてダイレクトに排出する働きがあり、健康になりながら、内臓脂肪も下げる効果が期待できます。

さらにAFAは、強い抗酸化作用を持っており、スポンジのように有害な物質を吸い出して体外へ排出するため、内臓脂肪を蓄積しにくい体にしてくれる効果を持っています。

内臓脂肪とコレステロールが気になる方へ 藻(も)サプリメント「AFA」のススメ >>

内臓脂肪値とコレステロール値が増えるきっかけ

 内臓脂肪値とコレステロール値が増えるきっかけ

内臓脂肪値やコレステロール値の上昇は、とりわけ暴飲暴食や乱れた食習慣にきっかけがある事が多々あるです。食べたら食べた分だけ、食物に配合されている脂肪は体についてしまいます。

それにより、暴飲暴食をしていれば、食べる量も増えるため、多量の内臓脂肪やコレステロールが体内に入る事になります。
その上、内臓脂肪やコレステロールは脂っこいものや高カロリーのものに多く配合されています。
そのような食べ物ばかりを食べるような食事習慣では、高い内臓脂肪値とコレステロール値を避ける事はできません。

脂質異常症を防ぐためにも、暴飲暴食はなるべく控え、食事習慣も見直すことが不可欠です。
さらに、食事に関連する事だけでなく、普段の何気ない習慣も内臓脂肪やコレステロールを増やすきっかけになります。

とりわけ運動不足は内臓脂肪とも深い関わりがあります。
運動不足は代謝の低下を招きます。
体内に蓄えられた内臓脂肪も、代謝が低下すれば燃焼しづらくなります。

その結果、内臓脂肪がどんどん蓄えられ、肥満や脂質異常につながってしまいます。
食事だけでなく、運動など毎日の生活習慣にも気をつける様にしましょう。

脂質異常症ってどのような疾患?

脂質異常症が恐ろしいのは、自覚症状がおおかたないという点です。

この症状を放置してしまうと、動脈硬化をどんどん進行させてしまいます。
動脈硬化は狭心症や心筋梗塞、脳出血、なおは脳梗塞など、重大な疾患の引き金になる症状です。

血中におけるコレステロール値が上昇すると、余ったコレステロールが血管の内側に定着するようになります。
すると動脈の壁が分厚くなり、アテローム硬化という硬い状態ができます。
これがいわゆる動脈硬化です。

一方、内臓脂肪は動脈硬化の直接的なきっかけにはなりませんが、内臓脂肪が増えるとコレステロールの数値も上昇してしまいます。
コレステロール値が上がれば動脈硬化の危険性が高まるため、いずれにしても内臓脂肪が動脈硬化の遠因になる事は確かです。

脂質異常症が引き起こす動脈硬化は、死亡のリスクもある疾患を招きます。
だからこそ、放置せずにいち早く対策を取る事が大切です。

脂質異常症には自覚症状がないだけに、日頃から内臓脂肪やコレステロールが上昇しすぎないように気を留めておく事が重要でしょう。

コレステロール対策をする時のポイントは?

実を言えばコレステロールの中には、体に良い作用をもたらしてくれる種類があります。

善玉コレステロールといわれる成分は、むしろ数値が低いと血管が細くなって体に悪影響を与えます。
それ故、善玉コレステロールは数値が下がりすぎないように配慮しなければなりません。

一方、数値が上昇すると体に悪影響を及ぼすのが悪玉コレステロールです。

このように、コレステロールには善玉と悪玉の差異があるため、コレステロール対策をする事例は、悪玉コレステロールを減らして、善玉コレステロールが増えるようにする事が大事です。
食生活の改善が悪玉コレステロールの減少に効果がありますが、それだけでは善玉コレステロールを増やす事はできません。

善玉コレステロールを増やすためには、程よい運動をする事が大事です。
ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動は善玉コレステロールを増やすのに良い作用があるといわれています。

また、効果的に高い内臓脂肪とコレステロールが下げられる、藻サプリメント「AFA」の利用もオススメです。

AFAは内臓脂肪を下げる、ビタミンやミネラルなど89種類もの栄養素をもれなく含んでいます。

さらにAFAは「フィコシアニン」という抗酸化力の強い物質を含んでおり、
体内の余分な毒素や脂肪を除外して、内臓脂肪を蓄積しにくい体質へ変えてくれます。

体の中からキレイになって、内臓脂肪とコレステロールの改善したい方は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

AFAブルーグリーンアレジーとは