内臓脂肪を下げる栄養は藻(も)サプリメントでとる!

内臓脂肪を下げる89種類の栄養成分を含む、藻(も)サプリメントが話題に?

内臓脂肪やコレステロールなどの脂質は、それ自体は決して害のない物質です。けれど内臓脂肪とコレステロールの体内濃度が高くなり過ぎると大きな病気を発症する可能性があります。

そこで内臓脂肪を下げる、藻(も)のサプリメント「AFA」をご紹介します。

目次

  • 【食事での対策1】日本食を意識した献立へ変更
  • 【食事での対策2】食物繊維を摂る
  • 【食事での対策3】魚や大豆を摂取る
  •  中性脂肪を下げる栄養は藻(も)サプリメントで摂ろう
  • 【その他対策1】油の使用方法を工夫
  • 【その他対策2】アルコールの飲む方法を工夫

【食事での対策1】日本食を意識した献立へ変更

【食事対策1】日本食を意識した献立にする

現代では食の欧米化が進んでいますが、内臓脂肪を下げて動脈硬化性疾患を防止するなら「伝統的な日本食」が良いといわれています。

「伝統的な日本食」というのは五穀を使った食事の事です。
五穀を主食とし、それに魚や野菜、海藻類などを添えたもので、動物性の脂が入っていないものが理想的とされています。

「伝統的な日本食」をバランスよく摂るには、定食のようなバランスでイメージするといいでしょう。
五穀を主食に置き、焼き魚や煮魚などを主菜にします。
そこに野菜の煮付けや海藻を使ったおかずなどを副食として添えます。

不足があれば更に漬物などで野菜を足してみましょう。
そこへ汁物を付ければ完了です。
野菜は豆類やきのこなども含め、バランスよく摂りましょう。

「伝統的な日本食」はエネルギーを低めに抑えてくれます。

【食事での対策2】食物繊維を摂る

食物繊維には、コレステロールを吸着して体外へ排出するという働きがあります。
それ故、血中のコレステロールを下げ、糖尿病や心臓疾患の防止に食物繊維を多く含む食品が良いといわれています。
食物繊維自体が体内で吸収される事がないため、吸着したコレステロールもダイレクトに排出されてしまうのです。

食物繊維には種類があります。
水溶性と不溶性の2種類で、血中のコレステロールを食い止めるには水溶性の食物繊維がよいといわれています。

ペクチンはその中でも特に影響が高いので、ミカンなどを積極的に摂るのもいいでしょう。
また大豆やゴマ、魚類にクルミなどのナッツ類や、キノコ類も食物繊維を多く含んでいます。

【食事での対策3】魚や大豆を摂取る

内臓脂肪を下げるには、魚類や豆類を摂るのも良いです。
特に青魚や大豆は、悪玉コレステロールを減らしたり改善したりする働きがあるので、積極的に摂りたい食べ物です。

サバやサンマは、EPAやDHAといった脂肪酸を含んでいます。
これらの脂肪酸は「n-3系多価不飽和脂肪酸」というもので、血中のコレステロールを下げる作用があるのです。

しかし、酸化しやすいという特性があるため、時をかけて調理したものは作用が十分見込みできません。
できるだけ鮮度の高いものを食べるのことが大切です。

大豆は、閉経前後の女性ホルモンが不足しやすい女性のコレステロールを調整してくれます。
大豆に内蔵されるイソフラボンが、女ホルモンのエストロゲンに似た働きをし、コレステロールを抑制してくれるためです。

中性脂肪を下げる栄養は藻(も)サプリメントで摂ろう

内臓脂肪を下げるには、「伝統的な日本食」を中心に、青魚や豆類、加えて食物繊維などを摂る事がポイントです。

調理の仕方やアルコールの飲み方などを一工夫するだけでも、内臓脂肪のコントロールはできます。
調理に使用する油の種類を考慮したり、油を使わずに済む調理器具を選ぶのも方法のひとつです。

けれども、食事だけでは必須な栄養素を摂取できない事もあるでしょうし、仕事などの事情により、毎日の食事だけで調整するのは難しい方は、藻(も)のサプリメント「AFA」がおすすめです。

AFAサプリメントはDHAやEPAに加えて、89種類ものビタミン類やミネラルを豊富に含んでいるため、バランスのとれた栄養素を効率的に補えます。

AFAが含む「フィコシアニン」は、余った脂肪類や毒素を吸い出し、便としてダイレクトに排出する効果があり、健康になりながら、内臓脂肪値も下げる効果が期待できます。

さらにAFAには、強力な抗酸化作用を持っていて、スポンジのように有害な物質を吸着し体外へ除外するため、内臓脂肪を蓄めにくい身体にしてくれる作用を持っています。

仕事やライフスタイルの中で上手く対策ができない人でも、藻(も)サプリメントを利用すると効果を体感しやすいのではないでしょうか。

あるゆる栄養素をこれ一つで摂れる その数なんと89種類! 藻(も)サプリメント「AFA」がおすすめ >>

【その他対策1】油の使用方法を工夫

【その他対策1】油の使用方法を工夫

油は内臓脂肪を上げるというイメージを持っている人は沢山いるのではないでしょうか。

ただし、それはバターやラードのような動物性の油の事です。

キャノーラ油やオリーブオイルのような「不飽和脂肪酸」を含む植物性の油であれば、程よく使用する事で内臓脂肪を抑えてくれます。

他にも、シード油やアーモンド油も内臓脂肪を下げる作用のある油です。

他にも、調理に使用する器具を検討するという手段もあります。

一例を挙げれば、フッ素加工がされたフライパンを使えば、材料がフライパンにくっつきにくく、油を控えめにして調理ができるです。

使用する油の種類や調理器具を考慮して、油を控える調理法を取り入れてみましょう。

【その他対策2】アルコールの飲む方法を工夫

ビールはカロリーを摂取しやすいという感覚を持っている人も見受けられますが、実のところはビール自体に原因があるという事ではないのです。
実のところにはビールと内臓脂肪は無関係です。

ビールが内臓脂肪を上げるという事ではなく、飲む量や一緒に食べるもので左右されるのです。

食べ過ぎや内臓脂肪を抑制するなら、飲む前に軽めのものをお腹に入れておくといいでしょう。
枝豆や豆腐、チーズといったおつまみは、脂分を含んでいないので、程よく食べておくと食べ過ぎや飲み過ぎを防いでくれます。

ビールを飲む時には、揚げ物のような油の多いものや味の濃い物を摂る事が多々あるかもしれません。
できるだけタンパク質のおつまみを食べるなどを心がけ、飲む量を加減する事で内臓脂肪対策になります。

調理の方法やアルコールの飲み方などを工夫するのみでも、中性脂肪の調整はできます。
調理に使用する油の種類を考えたり、油を使用せずに済む調理器具を選択したりするのも工夫の一つです。

また毎日の生活習慣を注意するのと一緒に、効果的に中性脂肪を下げる栄養素がとれる、藻(も)サプリメント「AFA」の利用もおすすめです。

AFAは内臓脂肪を下げる、ビタミンやミネラルなど89種類もの栄養素をもれなく配合しています。

さらにAFAには「フィコシアニン」という強力な抗酸化効果を持っていて、
体内の余った毒素や脂肪を排出して、内臓脂肪を蓄積しにくい身体へ変えてくれます。

健康になって、効率的に中性脂肪を下げたい人は、ぜひ一度試してはどうでしょか。

AFAブルーグリーンアレジーとは