内臓脂肪を下げる藻(も)サプリメントが話題に!

内臓脂肪値を下げると話題!89種の栄養素を含む、藻(も)サプリメントとは?!

健康な体を持続させるためには、内臓脂肪値に注意しつつ生活をすることが大事です。
それは、内臓脂肪値が高いと多くの病気のリスクが上昇するためです。

そこで、手軽に内臓脂肪を下げる、藻(も)のサプリメント「AFA」を見ていきましょう。

目次

  • 内臓脂肪ってなに?高いきっかけと高いと起こる事
  • 食べ方や食事の献立に気をつける
  • 藻(も)サプリメントで内臓脂肪を下げる
  • 質のいい睡眠が大切
  • 有酸素運動が効果的

内臓脂肪ってなに?高いきっかけと高いと起こる事

内臓脂肪は体に悪いものという印象を持っている人も多く見られます。

けれども、内臓脂肪は人間の体にとって欠かせない物質であり、その存在自体は決して害になるものではないのです。
内臓脂肪は、体内で過剰となった糖質や脂質を効率よくエネルギーとして蓄えようとする大切な役割を担っています。

そして、クッション材の働きをして外部から受ける衝撃から守ってくれる特性もあります。
体温を維持するためにも役立つため、ある一定の内臓脂肪はなくてはならない物質といえるでしょう。

ところが、内臓脂肪が高すぎるとLDLコレステロールが増大しやすくなり、動脈硬化・脳梗塞・心筋梗塞の危険性を高めるという悪い面が生じます。
さらに、メタボリックシンドロームのきっかけともなるため、病の危険性だけでなく、体型への影響も起こるので用心が大切です。

内臓脂肪は、LDLコレステロールを増やすだけでなく、余分なコレステロールを肝臓へ戻す役割を持つHDLコレステロールを減少させてしまう物質でもあります。

内臓脂肪は人間にとってなくてはならないものですが、高すぎると糖尿病などの生活習慣病を引き起こす事があるので、健康診断で数値が高いと言われた時は下げるための対策が必須です。

食べ方や食事の献立に気をつける

内臓脂肪を減らすためには、食事の献立を見直す必要があります。

炭水化物やアルコールの摂取が多々ある人は内臓脂肪を貯めやすい食生活であるといえます。
なお、定期的に脂質や糖質が高いものを食べている人は控えるようにしましょう。

バター・牛肉・ベーコンなど動物の脂を多く含むものは飽和脂肪酸が豊富な性質があります。
一方で、魚や大豆には不飽和脂肪酸が豊富に配合されているので、積極的に摂れば内臓脂肪の増加を防ぐ事ができます。

魚が不得意な人や肉を中心にした食事を好む人は、肉を食べた翌日を魚のメニューにするなどストレスを溜めずに食事の献立を改善すると良いです。

菓子パン・ジュース・アルコールのように脂質や糖質が高いものは内臓脂肪を作りやすいので、数値が高い人は避けたほうが良いでしょう。

そして、白米や麺類は炭水化物(糖質)を多く含むため、糖質の吸収をセーブする食物繊維が豊富な材料をメニューに取り入れる事が得策です。
野菜やきのこには食物繊維が数多く配合されているので、バランスよく食べるように心がけましょう。

藻(も)サプリメントで内臓脂肪を下げる

内臓脂肪を減らして健康な体を維持するためには、栄養バランスの良い食事をとる事が大切です。とはいえ、定期的に摂るにはハードルが高いという人も多いのではないでしょうか。

そのような時には、不足しがちな栄養を補ってくれるサプリメントがおすすめです。

1日に必須な食物繊維を野菜や海藻から摂取するのは手間がかかりますが、サプリメントなら栄養素が凝縮されているので、手軽に続ける事ができます。

なかでも藻(も)サプリメントの「AFA」89種類ものビタミンやミネラルを含み、十分量の栄養素を効率よく補給できます。

AFAが含む「フィコシアニン」は、余った脂肪や毒素を吸い出して、便としてダイレクトに排出する作用があり、健康になって、内臓脂肪値を下げる効果が期待できます。

さらにAFAには、強い抗酸化力があり、スポンジのように有害な物質を吸着して体外へ排出をして内臓脂肪を蓄積しにくい体質にしてくれる効果を持っています。

そして、藻(も)サプリメント「AFA」は便秘の解消もサポートするので、内臓脂肪の減少にくわえてダイエットや美肌にも効果を発揮してくれます。

体の中から健康になって内臓脂肪を改善したい!89種類の栄養素を含む藻(も)サプリメント「AFA」はこちら >>

質のいい睡眠が大切

質のいい睡眠が大切

寝ている間は運動量が減るので内臓脂肪とは無関係と思われがちです。

ところが、睡眠は内臓脂肪の増加や減少に大きく関わっている事が知られるようになりました。
眠ている間に分泌される成長ホルモンは、脂肪を分解する作用を持っているのがポイントです。
それ故、質の良い睡眠を取る習慣性を身につければ内臓脂肪の増加を阻止する事ができます。

インスリン分泌をセーブするために、夕食は炭水化物の摂取を控える事も大事です。
睡眠不足はもちろんのこと過剰睡眠も内臓脂肪増加につながるので、6〜8時間を指標に質の良い睡眠を心がけましょう。

質の良い睡眠や規則正しい食生活が維持できるようになれば、ストレスの低減にもつながり内臓脂肪が下がりやすくなります。

有酸素運動が効果的

日常で運動習慣がある人は、内臓脂肪とも深く関わりのある生活習慣病の危険性が低いことが知られています。

程よい運動によって脂肪が燃焼されやすい事が要因の1つです。
有酸素運動は体内にある脂肪を効果的に燃焼してくれます。
内臓脂肪が気になっている人は、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動が良いです。

自宅の中で有酸素運動をやりたいという人は、踏み台昇降運動を試してみると良いでしょう。

1日に30分程度の有酸素運動を続けると脂肪燃焼がスムーズになります。

テレビを見ながら踏み台昇降を10分、ウォーキングやジョギングを20分というようにトータルの運動量で目標を達成できる程度に続ける事が重要です。

連続して運動をするよりも、通勤や家事の時を応用しながらこまめに運動する事が長期で続けられるポイントといえるでしょう。

また日々の生活習慣を気をつけるより、効果的に中性脂肪を下げる栄養成分がとれる、藻(も)サプリメント「AFA」の利用もオススメです。

AFAは内臓脂肪を下げる、ビタミンやミネラルなど89種類もの栄養成分を満遍なく含んでいます。

さらにAFAには「フィコシアニン」という強い抗酸化力を持っており、
体内の余分な脂肪や毒素を排出して、内臓脂肪を蓄めにくい体へ変化させてくれます。

健康になりつつ、手軽に内臓脂肪を低下させたい人は、ぜひ一度試してみてはどうでしょか。

AFAブルーグリーンアレジーとは