女性ホルモンの乱れは藻(も)サプリメントで改善!

女性ホルモンの乱れを改善する、89種の栄養素を含む、藻(も)のサプリメントが今話題に?!

生活の上で大きな問題で、長年付き合う要素の「女性ホルモン」ですが、毎月の「生理」で崩れやすく、ストレスや生活習慣によっても不安定になるため、とてもデリケートな仕組みです。

そこで、女性ホルモンの乱れを改善する、藻(も)サプリメントの「AFA」をご紹介します。

目次

  • 女性ホルモンの持つ働き
  • 栄養バランスが偏ることでホルモンバランスも乱れる
  • 女性ホルモンの乱れは藻(も)サプリメントで改善する
  • 質の高い良い睡眠で、ホルモンバランスを整える
  • 「冷え性」の解消もホルモンバランスに好影響
  • ホルモンバランスの整え方

女性ホルモンの持つ働き

女性ホルモンは「性ホルモン」の一種です。
人体を構成するホルモンはいくつかの種類がありますが、生殖機能に関係するホルモンのことを性ホルモンといいます。

女性の持つ性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンという2種類のホルモンで構成されており、この二つの分泌量のバランスにより、健康な状態と不安定な状態のどちらかに動きます。
そして、この二つは一定のサイクルによって分泌量が変化していきます。

二つの持つ働きは、まずエストロゲンは受精卵の着床に備えるため子宮内膜を厚くする働きなどがあります。
妊娠に備えた体作りをするため、女性らしい体を作る役割を持つホルモン、とされています。

また、エストロゲンは記憶、認知等と言った脳機能の活発化にも一役買っており、非常に大切な物質になっています。
そしてもちろん、着床準備を整えるためなどの場合には、分泌量が増えるタイミングもあります。

一方プロゲステロンは妊娠を助け、受精後の子宮環境を維持、サポートする役割があります。
ですので、排卵後から生理前に特に多く分泌されます。
生理のサイクルがあるように、ホルモンの分泌量も併せて増減するということです。

栄養バランスが偏ることでホルモンバランスも乱れる

女性ホルモンを作るのは、ビタミンやたんぱく質と言った、体に必要な栄養素です。
言い換えれば、栄養バランスの偏りはそういった栄養素が不足することを意味し、ホルモンバランスの乱れにつながるということです。

女性ホルモンの分泌を促すことを指示する視床下部という場所は、自律神経を司る部分でもあります。

自律神経の乱れを引き起こす要因はいくつかありますが、食生活の乱れも自律神経に大きな負担をかけます。

偏った内容の食事はもちろん、毎日の食事の時間がバラバラだったり、さらには食事をとったり取らなかったりといった不規則な生活が続くと、自律神経に大きな負担になり、ホルモンバランスの乱れに直結します。

また、インスタント食品や辛みの強いものなど、内臓に負担のかかるものもトラブルの原因になるためお勧めできません。

例えばカフェインも大きな負担になるため、ハーブティやホットミルクのような温かく体に優しいものを飲むのが有効です。

ただ、一日に必要な栄養素を食事だけで摂取するのはかなり難しく、理想的な食生活を送り続けるのは、ライフスタイルなどによっても困難なものです。

女性ホルモンの乱れは藻(も)サプリメントで改善する

そこで藻(も)サプリメントのような、人間に必要なビタミンやミネラルが豊富に含まれていて、日々の食生活の中で簡単に補えるものを活用するのがおすすめです。

中でも、「太陽のAFA・セサミンプラス」には89種類のビタミンやミネラルとともに、ごまの成分で有名なセサミンも配合されています。

セサミンは植物性エストロゲンと似た働きを持ち、エストロゲンの働きを強力にサポートしてくれます。
ホルモンバランスを安定させる効果があるため、女性であれば特に積極的に摂取しておきたい成分です。

さらにAFAには、女性ホルモン(エストロゲン)に似た働きをする大豆イソフラボンも豊富に含んでいるため、
きれいになりながら、女性ホルモンの対策ができる、おすすめのサプリメントです。

>ホルモンバランスを整えるには不足しがちな栄養素の補給がカギ 89種類の栄養素「 AFA」サプリとは?

質の高い良い睡眠で、ホルモンバランスを整える

「成長ホルモンは夜出るので、夜はしっかりと寝たほうが良い」ということを聞いたことがある方も多いと思います。

実際に成長ホルモンは夜10時以降から活発に出るため、この時間に深い眠りについているのがおすすめですが、実はこれは性ホルモンに関しても同様のことが言えます。

深くリラックスしている、質の高い睡眠はホルモンの分泌を落ち着かせ、バランスを整えることにつながります。

しかし、寝る直前に食事をしてしまって内臓が活発に働いている中で無理やり寝ようとするとか、眠りにつくのが深夜1時や2時という方は眠りが浅いまま朝を迎えてしまい、自律神経にも負担になりホルモンバランスの乱れを増幅させることにつながっている可能性があります。

質の悪い睡眠と一口に言っても難しいものがありますが、夜中に目が覚めることが多いというのはもちろんですが、例えば夢をよく見る、起きてからも割とはっきりと覚えている、というのも眠りが浅い証拠になります。

ある程度長時間寝ているはずなのに、疲れが取れないとか気分がすっきりとしていないという場合は、眠りが浅く質が悪くなっている可能性があります。

成長ホルモンが活発に分泌される夜10時以降は、ホルモンバランスを整える時間帯でもあるため、できるだけこの時間帯の2時間前ほどには入浴や食事を済ませて、就寝する準備をしておきましょう。

「冷え性」の解消もホルモンバランスに好影響

女性の大半の方が悩まされがちな「冷え性」ですが、冷えは自律神経の乱れを引き起こす原因の一つです。

特に気を付けておくべき部分が、下半身の冷えです。
女性の下半身には子宮や卵巣など、温度についても非常にデリケートな臓器が集中しており、女性ホルモンにおいても様々な影響を与えかねません。

冷えの防止のためには、冷たい飲み物を控えて温かい飲み物を中心にとって体をいたわるのも有効ですし、入浴をシャワーのみで済まさずに湯船にゆっくりと浸かるのもとてもおすすめです。

また、締め付けのきつい服は血行を悪化させてしまい冷えを加速させる原因になりますので、避けるようにしましょう。

ホルモンバランスの整え方

もしもホルモンバランスが乱れても、正しい食習慣や睡眠と冷えないように防止することで、再び乱れを正常に戻すことが可能です。

また、女性ホルモンを乱すもう一つの原因にストレスが挙げられます。

ストレスは少なからず日常で必ず受けるものです。

ストレスがかかる環境になるべく回避するとともに、ストレスを溜めないよう解消し発散させる環境を整えて、上手に付き合うことが大切です。

さらに、タバコや行き過ぎた飲酒も冷えやストレス、さらに血行の不良につながるため注意が必要となります。

タバコや行き過ぎた飲酒はホルモンバランスを乱すことの他に体に対して多くの障害をもたらす危険性があるため、体全体の健康のためにも避けるようにしましょう。

また、毎日の生活習慣の改善と合わせて、より効果的に女性ホルモンの乱れを改善するなら「AFA」サプリメントの活用がオススメです。

藻サプリメントの「AFA」なら89種の栄養素をはじめ、女性ホルモンの改善が期待できる栄養素を幅ひろく網羅しています。

様々な栄養素を配合しているだけではなく、それらの栄養成分の大半を体に吸収できます。
一般の野菜が40%に対し、AFAの吸収性はなんと98%とされています。

体の中からキレイになって、女性ホルモンの乱れを改善したい人は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

AFAブルーグリーンアレジーとは