女性ホルモンの低下は藻(も)サプリメントで対策!

女性ホルモンの低下を対策できる、89種の栄養素を含む、藻(も)サプリメントとは?!

女性ホルモンの低下により起こる更年期障害は、多くの女性が避けて通れないものです。
食事だけでなく、サプリメントを活用すると、より効果的に更年期の症状を緩和できます。

そこで、近年注目される女性ホルモンの低下を対策する、藻(も)のサプリメント「AFA」をご紹介します。

目次

  • 女性ホルモンの働きと分泌のメカニズム
  • ビタミンEはエストロゲンを活性化させる
  • 大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをする
  • 女性ホルモンの合成に必要不可欠な亜鉛
  • ビタミンB群はエストロゲンの代謝を促進
  • 女性ホルモンの低下は藻(も)サプリメントで手軽に対策する

女性ホルモンの働きと分泌のメカニズム

女性ホルモンの働きと分泌のメカニズム

女性の体にさまざまな影響を与える女性ホルモンは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2種類に分類されます。

エストロゲンは卵巣から分泌されるホルモンで、女性らしい体作りを補助してくれます。
女性の生理にも関係しており、妊娠や出産にも強く影響します。
さらに、肌や髪の状態を健やかに保ったり、コレステロールの値を調整したりする効果もあります。

プロゲステロンは、エストロゲンの増減に合わせて周期的に分泌されるホルモンです。
女性の体作りや生理に影響を与えるとともに、乳腺の発達や利尿作用などにも関係しています。

こうした性質を持つ女性ホルモンは、40〜50代の更年期に入ると急激に分泌量が下がり、その結果として更年期障害が起こります。

更年期障害の症状は、イライラや不安感の増大、不眠や頭痛、めまいや息切れなどさまざまです。
藻(も)サプリメントの「AFA」は、それらの症状を緩和するのにぴったりの物質を含んでいます。

「AFA」に含有されている、独自成分フェニルエチルアミン(PEA)という物質には、自律神経のバランスを調整し、ストレスホルモンを減少させる効果があります。

そのため、心と体のリラックスが促され、更年期障害の症状の軽減が期待できるでしょう。

更年期障害に悩んでいるという人は一度、藻(も)サプリメント「AFA」を試してみてはいかがでしょうか。


>> 89種類の栄養素が1つで摂れる!更年期障害に悩む女性にも役立つ、藻(も)サプリメント「AFA」
とは?

ビタミンEはエストロゲンを活性化させる

ビタミンEはエストロゲンを活性化させる

ビタミンEは脂溶性ビタミンの1種で、高い抗酸化作用を持ちます。
別名「若返りのビタミン」とも呼ばれ、老化を遅らせるアンチエイジング効果が期待できるでしょう。

また、ビタミンEの抗酸化作用には、血流を良化させる働きもあります。
ですから、肩こりや冷え性などの緩和、動脈硬化や高血圧などといった生活習慣病の予防にもつながります。
さらに、細胞の新陳代謝も活発になるため、乾燥肌を予防したり、肌に潤いやハリを与えたりすることが可能です。

紫外線から肌を守る作用も高く、シミやそばかすを予防したい場合にも効果的に働きます。

それから、ビタミンEには脳下垂体や卵巣に働きかけ、エストロゲンの分泌をコントロールする作用があります。
そのため、意識的に摂取することで、女性ホルモンの分泌を促すことができるでしょう。

大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをする

大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをする

イソフラボンはフラボノイドと呼ばれるポリフェノールの1種で、女性ホルモンとよく似た働きをする栄養素です。

そして、イソフラボンのなかでも大豆に含まれる大豆イソフラボンは植物エストロゲンとも呼ばれ、エストロゲンに近い働きをするという特徴があります。

体に与える作用もエストロゲンに近く、ホルモンバランスを整えたり、体調不良の原因となる物質を除去したりなどといった効果を持ちます。
そのため、生理不順や更年期障害の緩和、美肌効果などが期待できるでしょう。

そんな大豆イソフラボンを多く含む食べ物は、大豆や納豆、豆腐や油揚げなどです。
手軽に手に入るものばかりですから、普段の食事にも取り入れやすいでしょう。

食事で摂取するのが難しいという人のために、大豆イソフラボンのサプリメントも販売されています。

女性ホルモンの合成に必要不可欠な亜鉛

亜鉛とは、人間の体に必要な必須ミネラルの1種です。
体内で生成することができないため、食事やサプリメントで摂取しなければいけません。

新陳代謝やエネルギー代謝、生殖機能や免疫反応などといった体内の機能を維持・増進する効果を持ちます。
また、舌にある受容器官に作用し、味覚を正常に保つ効果もあります。

体内のビタミンAの代謝を促し、抗酸化作用やアンチエイジング、生活習慣病の予防効果などを生み出すことも可能です。
さらに、タンパク質の合成にも関わっているので、充分に摂取することで、肌や髪の健康維持を図ることもできるでしょう。

加えて、亜鉛には女性ホルモンの分泌に必要な補酵素の材料になるという特徴があります。
そのため、女性ホルモンの分泌を活発にしたい場合は、亜鉛の含有量の多い豚レバーや牡蠣などを食べると良いでしょう。

しかし、亜鉛は吸収されづらい成分ですから、藻(も)「AFA」などのサプリメントで摂取するのがおすすめです。

ビタミンB群はエストロゲンの代謝を促進

ビタミンB群とは、ビタミンB1とビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン、ビオチン、パントテン酸、葉酸という8種の栄養素を指します。
互いに補助しながら、脳や神経、皮膚などの健康を維持・増進する効果を持つます。

さらに、脂肪をエネルギーに代謝し、そのエネルギーを各器官へと送り届ける働きがあります。
そのため、人間の体には欠かせない栄養素だと言えるでしょう。

他にも、疲労回復や貧血予防、血糖値抑制など、いろいろな効果が期待できます。

また、エストロゲンの代謝を促進する作用もあるので、女性の健康を保つのに役立ちます。

ただ、ビタミンB群は体内に貯蔵しておくことができません。
よって、充分な効果を得るには、食事とサプリメントを併用するなどして、定期的に摂取するのが適切です。

女性ホルモンの低下は藻(も)サプリメントで手軽に対策

ここまでご紹介した栄養素を食事で補うのは、なかなか難しいという方も多いかと思います。

そこで手軽で効率的に、女性ホルモンの低下を対策するには、近年注目されている、藻(も)サプリメント「AFA」がおすすめです。

AFAは、エストロゲンに作用する、ビタミンEやB群はもちろん、亜鉛などのミネラルやアミノ酸類なども合わせて89種類もの栄養素を手軽に補給できます。

多くの栄養素を配合しているだけではなく、それらの栄養素のほとんどを体に吸収できます。
一般の野菜の吸収性が40%に対して、AFAの吸収性はなんと98%と非常に高いのが特徴です。

また女性ホルモン(エストロゲン)に似た働きをする成分の大豆イソフラボンと、さらにホルモンバランスを安定させる、ごまの成分で有名なセサミンも豊富に含んでおり、女性ホルモン対策には非常に効果を発揮します。

更年期障害を始め、女性ホルモンの低下によるトラブルでお悩みの方は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

AFAブルーグリーンアレジーとは