女性ホルモンの分泌を助ける藻(も)サプリメントとは?

女性ホルモンの分泌は、89種の栄養素を含む、藻(も)のサプリメントでサポートしよう!

女性の妊娠や出産、美容に関わる女性ホルモンは、年齢とともに分泌量が減少するため、いつまでも元気で美しくいるには、女性ホルモンの分泌を助ける栄養を摂ることが大切です。

そこで、女性ホルモンの分泌を手軽にサポートしてくれる、注目の藻(も)サプリメント「AFA」について、効果的な食事の栄養素と合わせてお伝えします。

目次

  • タンパク質は女性ホルモンの材料に
  • マグロやカツオはホルモンバランスを整える
  • ビタミンE豊富なカボチャでホルモン分泌をサポート
  • 女性ホルモンの分泌は藻(も)サプリメントで対策
  • 女性ホルモンの働きをおさらいしよう
  • 女性ホルモンは分泌バランスが乱れやすい!?

タンパク質は女性ホルモンの材料に

タンパク質は女性ホルモンの材料に

タンパク質は人の体を作るためには欠かせない栄養素です。
主に、内臓や皮膚、筋肉、骨などを作る役割があり、卵巣細胞もタンパク質によって作られています。

成人女性の場合、1日に50g程度摂取することが推奨されていますが、実際にはダイエットなどの影響もあり推奨値を下回る人が多いようです。

タンパク質は、肉や魚、卵、大豆製品などに多く含まれており、これらは良質なタンパク源として知られています。
タンパク質によって卵巣細胞がしっかり作られることで、女性ホルモンをきちんと分泌することができるのです。

タンパク質摂取の目安として、ぜひとも活用したいのが「アミノ酸スコア」です。
アミノ酸スコアとは、アミノ酸のバランスを数値化したもので、タンパク質の栄養価を数字で表したものです。

最高は100で、バランスの良いものほど上位にきます。
たとえば、肉や魚、大豆、卵などはアミノ酸スコアが100を示し、単体でもバランスのとれたタンパク源と言えるでしょう。

>> 理想的なアミノ酸数値を持つ、藻(も)サプリメント「AFA」。女性ホルモンの分泌を助ける、その凄さをご存知ですか? 

マグロやカツオはホルモンバランスを整える

マグロやカツオはホルモンバランスを整える

ビタミンB群にはビタミンB1、ビタミンB2、パントテン酸、ナイアシンなどの成分が含まれていますが、その中で女性ホルモンのバランスを整える働きがあるのが「ビタミンB6」です。

ビタミンB6は、女性ホルモンの一種エストロゲンの代謝をよくする働きがあることで知られています。
特に、生理トラブルやPMSなどの症状を抱える人は、日頃の食事で積極的にビタミンB6を摂取しましょう。

こちらのビタミンは、マグロやカツオ、サンマなどの魚や、牛・豚・鶏のレバーなどに多く含まれています。
大豆製品からも摂ることは可能ですが、動物性食品からの方がより効率的に摂取できると言われています。

ビタミンB6には他にも、体の細胞の成長を促進させる働きや、タンパク質の代謝や分解を助ける働きがあります。

ビタミンE豊富なカボチャでホルモン分泌をサポート

女性ホルモンの分泌をサポートするビタミンとして、「ビタミンE」が挙げられます。
ビタミンEは、化学名を「トコフェロール」と言いますが、これはギリシャ語の「Tocos(子どもを産む)」と「phero(力を与える)」が語源と言われています。

こちらは女性ホルモンのプロゲステロンの材料にもなる栄養素で、生殖機能の維持や女性特有のトラブル解消にも欠かせません。

ビタミンEは、かぼちゃやブロッコリー、ほうれん草などの緑黄色野菜やナッツ類、たらこ、イクラ、うなぎなどに多く含まれています。

油溶性ビタミンとして知られるビタミンEは、ぜひとも油で調理して食べることをおすすめします。
たとえば、かぼちゃは煮物にするよりも、油でソテーする、揚げるなどの調理法がいいでしょう。

女性ホルモンの分泌は藻(も)サプリメントで対策

しかし、これまで紹介した栄養素の1日に必要な量は非常に多く、食事だけで摂取するのは大変です。

そこで、手軽で効率的に女性ホルモンの分泌を助ける、藻(も)サプリメント「AFA」の活用がオススメです。

AFAには、タンパク質やビタミンEとB6はもちろん、体内では合成が不可能な必須アミノ酸やミネラル類、DHAやEPAまで89種類もの栄養素が含まれています。

またAFAは、女性ホルモンの分泌を正常にする「γ(ガンマ)-リノレン酸」とホルモンバランスを安定化する、ごま成分で有名なセサミン、
さらに女性ホルモン(エストロゲン)と似た働きを持っている大豆イソフラボンも豊富に含んでいます。

健康になりながら、女性ホルモンの分泌をサポート!藻(も)サプリ「AFA」の驚くパワーとは?

女性ホルモンの働きをおさらいしよう

女性ホルモンの働きをおさらいしよう

女性ホルモンには、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類があり、脳からの指令によってどちらも卵巣で作られます。
女性ホルモンは、女性が妊娠や出産をするためには欠かすことのできないホルモンです。

生理の終わり頃から排卵前にかけて分泌されるのが卵胞ホルモンです。
卵胞ホルモンは、女性らしさを作るホルモンとも呼ばれ、妊娠に備えて子宮内膜を厚くするなどの準備を行います。

また、自律神経のバランスを整えたり、脳や骨、皮膚などの形成にも影響を与えるホルモンとして知られています。
卵胞ホルモンが分泌される時期には基礎体温が下がり、身体と心が比較的安定します。

一方、黄体ホルモンは、受精卵が子宮内膜に着床しやすい状態にしてくれるホルモンです。
通常、排卵後から次の生理までに分泌され、基礎体温は高くなります。

この時期には体の不調や不安感、イライラなどが強くなり、ひどくなると月経前症候群(PMS)になってしまいます。
生理前になると食欲が増進するのも、黄体ホルモンの影響です。

女性ホルモンは分泌バランスが乱れやすい!

卵巣で分泌される女性ホルモンですが、実は脳の視床下部から分泌の指令が出されています。

視床下部は自律神経を司る重要な部分ですが、不規則な生活を送っていたりストレスを過度に感じたりすると、自律神経が乱れてしまいます。
すると、視床下部はうまく指令を出すことができなくなり、女性ホルモンの乱れにつながります。

その結果、生理不順や生理痛などのトラブル、月経前症候群(PMS)、めまいや疲れがとれないなどの不調を感じるようになるのです。

女性ホルモンは分泌量が20代の頃にピークに達し、その後緩やかに下降していきます。
40代後半にもなると、女性ホルモンの減少によって更年期の症状を感じる人も増えてきます。

そこで、女性ホルモンのバランスが崩れることによって、月経痛や更年期障害などの不調に悩む人には、藻(も)サプリメント「 AFA」がおすすめです。

「AFA」ならエストロゲンの働きをサポートする、ビタミン E/B6を始めミネラルなど89種の栄養素を豊富に含みます。

またAFAは、女性ホルモンの分泌を正常にするセサミンと、女性ホルモン(エストロゲン)と似た働きを持っている大豆イソフラボンも豊富に含んでおり、つらい月経痛や更年期障害を強力にサポートします。

多くの栄養素を配合しているだけではなく、それらの栄養素の多くを体に吸収できます。
一般の野菜が40%に対し、AFAの吸収率はなんと98%ととても高い特徴があります。

健康になりながら、女性ホルモンの分泌を対策したい方は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

AFAブルーグリーンアレジーとは