妊活に美容・免疫まで!藻(も)に豊富な亜鉛の健康効果とは

亜鉛は美容や健康の保持に欠かせない栄養成分のひとつです。

亜鉛が不足してしまうと、免疫力の減少や肌荒れなど、様々な不調をきたすおそれがあります。

そこで、亜鉛の大切な作用や期待できる健康効果などを紹介します。

目次

  • 亜鉛は免疫に関わる大切な栄養成分
  • 亜鉛には肌や髪の老化を防止する作用が
  • 妊娠を考えているなら亜鉛は前向きに摂ろう
  • 沢山が排出されてしまう!?亜鉛は欠乏しやすい栄養成分
  • 亜鉛を効率よく摂るなら藻(も)がオススメ

亜鉛は免疫に関与する大切な栄養成分

亜鉛は酵素の作用を保持し、免疫細胞を高めるために必要な成分です。

人間の体の中には100種類以上の酵素が存在しますが、大きく分けると消化酵素と代謝酵素のどちらかに分類されます。

2つの酵素のうち、免疫力に大きく関わってくるのが代謝酵素です。
代謝酵素は人間が運動をしたリ、物事を考えたり、新陳代謝を行ったりなど、すべての生命活動を司っています。

けがをしたときや病気にかかったときに、体の中に侵入した細菌やウイルスを退治するのも、代謝酵素の作用によるものです。

亜鉛はこれらの酵素の構造を保持したり、作用を活動化させたりする作用があります。
そのため、亜鉛が不足すると免疫力が低下して、感染症や風邪にかかりやすくなってしまうのです。
さらに、感染症だけでなく、自己免疫疾患にも亜鉛の不足が関与しています。

また、亜鉛には粘膜を強化するビタミンAを体の中にとどめる作用があり、のどの痛みや鼻づまりをやわらげる効果が期待できます。

病原体と戦う白血球にも亜鉛が配合されていることから、けがや病気の回復を早めるために欠かせない栄養成分です。

亜鉛には髪や肌の老化を防止する作用が

ビタミンやタンパク質も美容には欠かせない栄養成分ですが、亜鉛も大切な役割を果たします。

亜鉛は細胞分裂を促し、タンパク質を代謝させることで、肌や髪の毛の健康を保持します。
特に髪や皮膚は新陳代謝のサイクルが早く、新しい細胞がどんどん誕生してくるため、亜鉛を前向きに摂ることで美髪効果や美肌効果が期待できます。

古い肌細胞と一緒にメラニン色素や毒素なども体の外へ排出されるので、そばかすやシミの改善にも効果を発揮します。

さらに、保水力や皮膚のハリを保持コラーゲンを複合するにも、ビタミンCや亜鉛が欠かせません。

亜鉛が欠乏すると新陳代謝やコラーゲンの生成がうまくできず、肌荒れや乾燥肌などのトラブルを発症する要因となってしまいます。
また、亜鉛には老化物質である活性酸素を除く作用があり、老化を防止する作用も期待できます。

しわやたるみなどのエイジングの印や、抜け毛に悩んでいる方は、前向きに亜鉛をとりましょう。

妊娠を考えているなら亜鉛は前向きに摂ろう

亜鉛は生殖機能にも深く関与しています。

男性の精巣や精液には亜鉛が沢山配合されており、精子の形成のために必要な成分です。
しかし、亜鉛が不足すると、精液の減少や男性不妊につながります。

女性の時も、十分な量の亜鉛を摂取していないと、女性ホルモンや卵巣の作用が衰え、不妊や生理不順の要因となってしまうのです。

さらに妊娠後も、母親の体の中では大量の亜鉛が消費されます。胎児は成長する段階で絶えず細胞分裂を繰り返して成長します。
正常の細胞分裂や成長ホルモンの作用を助けるためにも、亜鉛が必要です。

妊娠14週目を過ぎるころから、妊婦の血中亜鉛濃度は減少していきます。
週数を重ねるごとに沢山の亜鉛が必要になるので、胎児の健康や成長のためにも、なるべく沢山の亜鉛を摂るよう心がけましょう。

沢山が排出されてしまう!?亜鉛は欠乏しやすい栄養成分

亜鉛は人間の体の中では生成できない栄養成分です。そのため、食事から取り入れる必要があります。

亜鉛を沢山含む代表的な食事は、牛肉やレバーなどの肉類のほか、卵黄やチーズ、うなぎ、牡蠣などです。
しかし、これらの食事を意識して摂っていても、亜鉛は体の外に排出されてしまう量が沢山、すべてが吸収されるとは決まっていません。

厚労省の国民健康栄養調査でも、亜鉛の摂取量が減少していることが解明されています。

亜鉛不足の要因は、日本人の食生活にあります。
欧米ではもとより、チーズや肉など亜鉛を沢山含む食材が豊富に使用されていました。

しかし、和食はもともとミネラルの配合量が少なく、日本人は亜鉛の不足になりやすい食生活を送っていました。

それでも昔は漬物やみそ汁、焼き魚などが中心の質素な食事が主体だったので、低カロリーでありつつ、健康を保持するために大切なミネラルは十分に摂っていました。
ところが、現代ではファストフードや清涼飲料水など、高カロリーな食事で溢れています。

摂取した脂質や糖質を代謝するためにも、亜鉛が大切です。
摂取するカロリーが高くなるほど亜鉛が消費されてしまうため、慢性的な亜鉛不足に陥ってしまうのです。

さらに、食品添加物には、亜鉛の吸収性を妨げる特性を持っているものもあります。

なるべく亜鉛を体の中に留めておくためにも、ファストフードやインスタントフード、高カロリーなお菓子などは抑えましょう。

亜鉛を効率よく摂るなら藻(も)がオススメ

1日に必要な亜鉛の摂取量は、成人男性で10mg、成人女性なら8mgが目標です。

妊娠中の女性は10mg、授乳中は11mgほど摂ることが大切です。
しかし、これだけの量の亜鉛を、毎日の食事から続けて摂るのは難しいです。

多忙な人や一人暮らしの方の時は、つい食事を抜いてしまったり、自炊する余裕もなくファストフードで済ませることもあるでしょう。

そこで、オススメなのが藻(も)を含むサプリやドリンクです。

藻(も)には100gあたり75mgもの亜鉛が配合されており、1日あたりに必要な量を手軽に摂ることができます。

さらに、藻(も)サプリメントの「AFA」には亜鉛以外のビタミンやミネラルなど、89種類以上の栄養成分が豊富に配合されています。

亜鉛不足だけでなく、総合的な栄養の不足や日頃の栄養バランスが気になる人も、ぜひ「AFA」を活用しましょう。

 

AFAブルーグリーンアレジーとは