妊活は藻(も)サプリメントで成就しよう!

妊活に良いサプリメントは、単一の栄養素ではなく、複数の栄養素を含むものが良いとされます。
そこで注目なのが「藻(も)」。

“藻”というとユーグレナやスピルリナが有名ですが、近年はこの2大スーパーフードより栄養価の高い「AFA」が話題です。

AFAは89種類ものビタミン・ミネラルなどを含み「妊活女性への効果が抜群」ということで注目されています。
妊活を成功させたい方へ、藻(も)サプリメント「AFA」のすごいパワーをご紹介します。

目次

  • 妊活についての基礎知識
  • 妊活のベース、排卵日を理解するには
  • 妊活中に摂取したい藻(も)サプリメント
  • 妊活中に気にしておきたい事

妊活についての基礎知識

子供が欲しいと双方が望んで夫婦生活を行っていればすぐに妊娠できると思われがちですが、必ずしも全部の人がそうではありません。
まずは、妊娠の適齢期や妊娠までの期間など、意外と知られていない妊娠についての基礎知識から学びましょう。

年代によって変化する妊娠のしやすさ
妊娠に至るまでに要する期間は、平均初婚年齢の 29.4 歳(※)前後でも平均して約半年かかるといわれています。

日本産婦人科学会によると、妊娠を望む健康な男女が避妊をしないで性生活を送り1年以内に妊娠しない時を「不妊症」と定義します。25歳前後の妊娠に適した年齢の夫婦でも、約20%は1年以内に妊娠に至っておらず、不妊症の可能性があります。

妊娠しやすいタイミングとは

生理周期からみて、妊娠できるタイミングは1カ月に5日ほどです。排卵が発生したとしても、卵子の寿命はおよそ24時間。その24時間以内という制限された時間で、精子と出会い着床しなければ妊娠は成立しないのです。

一方で、精子は1週間ほど寿命があります。排卵日当日よりも、1~2日前に性交渉を行っておくほうが可能性は高くなります。
個人差はありますが、排卵のタイミングとしては、低温相から高温相に変化する直前の体温が低下する日を含め前後1~2日の間が目安です。

妊娠しやすさ(妊娠力)とは

実は無排卵だったり、基礎体温の低温期が長期で継続したり、高温期が短すぎたりと、本人が気づかないで周期が不安定になることがあります。

睡眠不足や食生活の乱れ、ストレス等からくるホルモンバランスの乱れは妊娠に作用するので、日頃から生活リズムを調整し、バランスのよい食事をとることが妊娠しやすい体作りには大切です。

また、妊娠に大きく影響するのが心理的な要因です。なるべくリラックスできる時間帯を作り、ストレスを溜めないようにしましょう。適切な運動は血行をよくしますし、ストレスの改善にもなるのでぜひ取り入れてみてくださいね。

妊活のベース、排卵日を理解するには

それでは、具体的に妊活は何をすればよいのでしょうか。妊娠は、排卵→受精→着床すべて順調に行われ成立をします。つまり、妊娠するにはまず排卵日を的確に認知することが重要となってきます。

基礎体温を計測する
排卵日を予測するのに役立つのが基礎体温を計測することです。生理周期が規則的なら、基礎体温だけでも排卵日を確認することができます。手順は以下の通りです。

  1. 基礎体温計を準備する
    通常の体温計ではなく、小数点第2位まで計測が可能な基礎体温計(婦人用体温計)が必要になります。
  2. 毎朝、起きてからすぐに計測する
    目が覚めたら起き上がる前に測ります。できるだけ体を動かさず、布団の中で寝たきりの状態で計測します。
  3. 舌の裏側の付け根部分に体温計を当てて計測する
    舌の裏側の付け根部分に当て、口を閉じて空気に触れず測定することで正確な数値が確認できます。
  4. 飲酒や睡眠不足に注意する
    お酒を飲んだ次の日や睡眠不足しているときは正常な数値にならないことがありますので注意が必要です。

おりものを確認する
排卵が近づくと、おりものは粘り気が強くなって、量もえ増加します。いつもより多くなってきたかなと思ったら、排卵日が近いと思って良いでしょう。

妊活中に摂取したい藻(も)サプリメント

妊活に良いサプリメントは、例えば「葉酸のみ」というような、単一の栄養素を含んでいるものではなく、複数の栄養素を配合しているものが良いと言われています。

そこで、バランスのとれた栄養素として、近年注目されているのが、藻(も)サプリメントの「AFA」です。

AFAは、妊活に良いとされる、亜鉛や葉酸、DHA・ EPAなどはもちろん89種類ものミネラルやビタミン、アミノ酸が沢山含んでおり、必要な栄養をまんべんなく補完できます。

また一般の野菜などが約40%の吸収性に対して、藻(も)は細胞壁を持たないことから、とても高い98%の吸収性で、含まれるもの全部が無駄なく栄養となり、さらに自然由来のため副作用もないとされる安全原料です。

さらに、葉酸の作用を高める、ビタミンB12に加え、カルシウムや鉄分も豊富に配合されるので、イライラや貧血防止など感情の浮き沈みの軽減、赤ちゃんへの栄養も補完することができます。

妊活に成就するには、バランスのとれた栄養で腸内環境を対策し、健康的な体作りを目指すことが大切です。
妊活でお悩みの人は、藻(も)のような総合的なサプリメントを一度試してみてはいかがでしょうか。

体の中から健康になって妊活を成就させる 89種の栄養素を含む藻()サプリメント「AFA」がおすすめ >>

妊活中に気にしておきたい事

パートナーは協力してくれているか

WHO(世界保健機関)が不妊原因について男女別に調査したところ、女性のみの原因は41%、男性のみは24%、男女共に原因があるのは24%。つまり、不妊の48%は男性側にも問題があることが認識されています。

不妊は女性側に問題があると思われていますが、そうでないケースが半分もあります。女性だけの努力では、きちんと妊活できるとはいえません。男性も女性と一緒に取り組んでいくという意識や正しい知識を身に付けることが必須です。

お酒は飲まないほうが良い?

過量のアルコールは妊活にマイナスの影響となりますし、妊娠8週目くらいまで気づかないままアルコールを多く摂ると、早期流産のリスクが高まり、お腹の中の赤ちゃんに胎児性アルコール症候群という神経障害が出る可能性が。

妊娠を意識しているなら、要らないリスクを防止するためにもお酒は飲み過ぎを控えるのが良いです。困難なら、量や摂取時期の制限をするところから始めてみましょう。

飲んでも良いとするのは、比較的お腹の赤ちゃんに作用することのない生理開始から排卵日までの約10日間のみ、1回1、2杯にとどめて、後は控えめにしておくことをオススメしています。

ストレスを蓄積していないか

子供を中々授からないと、不安になったりストレスが蓄積したりと気持ちもネガティブになるもの。ですが、ストレスは排卵を促すホルモン分泌に作用するので、妊娠には大敵。あまり思い詰めず、リラックスして過ごすのが立派な妊活の一つです。

また、生活習慣に気をつけると共に、効率的に妊活に必要な栄養素が摂取できる、藻(も)サプリメント「AFA」の活用もおすすめです。
AFAには亜鉛や葉酸、DHA/EPAなどは勿論のこと、89種もの栄養素を含み、妊活に良いい成分が幅広く、配合されています

葉酸の作用を高める、ビタミンB12とさらには、カルシウムや鉄分も沢山含まれているので、貧血防止やイライラなど感情の起伏を緩和させ、赤ちゃんへの栄養も補う事ができます。

健康になって、手軽に妊活を成就させてたい人は、ぜひ一度試してみてはどうでしょか。

 

AFAブルーグリーンアレジーとは