妊活は適度な運動と藻(も)サプリメントが効果的!

妊活に効果がすごいと話題の、藻(も)サプリメントとは?!

妊活中の運動はストレスを溜めない程度のかるいものが良いとされ、過剰な筋トレなどは逆効果になる恐れがあります。

また妊活には、軽度の運動とともに、サプリメントなどを活用し栄養素をバランスよく摂ることも大切です。

そこで、妊活に必要な栄養素を効果的にに摂れる、藻(も)のサプリメントが近年注目されています。89種もの栄養素をバランスよく含む「AFA」をご紹介します。

目次

  • 妊活中に運動する良いところ
  • 妊活中に運動する際の注意点
  • 妊活中に摂りたいサプリメント
  • 妊活中にイチ押しの腹筋エクササイズ

妊活中に運動する良い面として最初に挙げられるのが、血流の改善。

運動して体温が上がったり筋肉量が増加したりすると、それに比例して基礎代謝量も増加しやすくなります。

基礎代謝量とは、内臓を動かしたり体温を維持したりするために支出される不可欠最小限のエネルギーの事です。

この基礎代謝量が増える事によって血流を促進する働きが望みできます。

妊娠するために大事な卵巣の状況を良くするには、血流を良くして卵巣へ栄養を届ける事が必須です。

なお、血流が良ければ排卵後の子宮内膜が着床に適したステータスへと近づきやすくなりますよ。

妊活中の運動でもうひとつの良いところとして挙げられるのは、ストレスの落着です。

妊活中にストレスを溜めるのはイチ押しできません。

妊活中は程よくな運動で体を動かして、ストレスフリーな様子で暮らせるといいですね。

 

妊活中に運動する際の注意点

妊娠には筋肉量や体脂肪率が影響するとの考慮しから、痩せすぎていても太りすぎていても妊娠しにくいとされています。

前項で述べたように、筋肉量を増やして血流を促進するのは重要な事ですが、筋肉ばかり増やせばいいわけではないのです。

女にとっては脂肪も大事で、月経を起こすアフターケアをしているホルモンのレプチンを作り出しているのは脂肪です。

また排卵を伴う正常な月経を引き起こすためには、22%以上の脂肪が必須だと言われています。

妊活中に筋肉と脂肪のバランスが取れたボディーづくりが求められるのはこれらを踏まえての事。

妊活中に運動するケースは、自身の適正なボディーのバランスを知ってから行うと良いでしょう。

家庭でもおおよその筋肉量や体脂肪率を理解可能な体組成計などを応用するのも推奨です。

しかも、バランスの取れた状況を維持するために理不尽なく継続可能な運動を選定する事も、妊活中の運動において価値があるな要点です。

 

妊活中に摂りたいサプリメント

他にも、運動とともにサプリメントを巧妙に応用する事が妊活を成就させる最大限の着眼点になります。

妊活に良いサプリメントは、一例を挙げれば「葉酸が中心」というような、単一の栄養素を配合しているものではなく、いくつかの栄養素を含むものが良いと言われています。

そんな訳で、バランスのとれた栄養サプリメントとして、最近大注意されているのが、「藻(も)(AFA)」です。

藻(も)のサプリメントは、妊活に良いとされる、葉酸や亜鉛、DHA・EPAなどは言うまでもなく、89種類ものビタミンやミネラル、アミノ酸が豊富に内蔵されており、必須な栄養を丹念に補給できます。

他にも藻(も)は細胞壁を持たない事から、一般の野菜などが約40%前後の吸収率に対して、98%の吸収率と大いに高いため、内蔵されるもの総てが無意味なく栄養となり、他にも副作用もないとされる安心な原料です。

そして、葉酸の働きを高めてくれる、ビタミンB12の加えて、鉄分やカルシウムも豊富に内蔵されているので、貧血防止、イライラなど感情の起伏の和らげる、赤ちゃんへの栄養も補う事ができます。

妊活に成功するには、バランスのとれた栄養で腸内環境を改善し、健康的な体づくりを目指す事が重要です。

妊活でお不満の方は、藻(も)のような総合サプリメントを一度試してみてはどうでしょうか。

体の中から健康になって妊活を成就させる89種の栄養素を含む藻(も)・AFAがベストチョイス

妊活中にイチ押しの腹筋エクササイズ

ここでは腹筋を鍛えたい方に向けて、妊活中から妊娠後、出産後まで採りいれられるエクササイズをご解説します。

妊娠がわかったらドクターに折衝のうえで運動してください。

中でも初期は価値があるなタイミングであり健康状態も不安定になりがちですから、自己決断で運動を続けるのはやめましょう。

妊娠初期はお休みし、中期以降は具合と話し合いしながら理不尽のない回数や強さで行ってください。

お腹に張りを感じたケース、気分が悪くなった事例はもうに取り止めして!さらに、出産後の再開時分については医者と話し合いして決めましょう。

 

【お腹周囲を鍛える体操の進め方】

1.正しい姿勢 頭、肩、お尻が壁につくように立ち、息を吸って吐きながら壁にウエストを近づける。

理不尽につけなくてもOK。

2.猫のポーズ 四つん這いになって手と足を腰奥行きに開く。

息を吐きながらお腹を引き締め、骨盤を傾けて背中を押し上げる。

続いて息を吸って吐きながら自分のペースでとお腹の力を抜いて初めの姿勢に戻る。

背骨を波のように動かす心象で何回か繰り返し行う。

3.猫のしっぽふり 2の体勢(一番目の状況)のまま、お尻と上半身を左右にゆったり振る。

床についた手は動かさず、おへそを中心に体側をじんわりと伸ばす。

何回かリピートする。

4.腰のカール 仰向けに寝て両膝を立て、腰奥行きに足を開く。

ほんのちょっとお尻を持ち上げて、腰の下にできた空きをなくすように腰を床につけて、腰にカールを完成させるような動きを何回かリピートする。

5.すべり台のポーズ 4の体勢(一番目のステータス)から、息を吐きながら腰を上げ膝から胸までを一直線にする。

デフォルト息を吸い、吐きながら腰をゆったり下ろす。

6.腰のツイスト 仰向けに寝て足をセット、膝を立てる。

両膝をつけたまま、左右の床へ交互に倒す。

顔を膝と反対方向へ向けると倒しやすい。

2回繰り返して。

妊活中の運動は、血流が良くなったり、ストレス決着に繋がったりと良い影響が望みできます。

なお、程よくにボディーを動かす事はストレスの落着にもつながるでしょう。

運動をモノにするときは本人の適正な筋肉量や体脂肪率を知って、バランスの取れた体を意識するとより成果的。

体組成計などを使用するのも推奨です。

良い様子を維持する事も大事なので、理不尽なく継続可能な運動を選択してでくださいね。

妊娠がわかったら自己決断で継続せず、医者に折衝しながら具合にマッチして取り組みましょう。

 

AFAブルーグリーンアレジーとは