抜け毛とストレスの関係まとめ!髪が抜ける理由とは?

抜け毛に悩んでいる人はその原因を理解して適切な対策をとることが大切です。
特に抜け毛とストレスの関係を把握しておきましょう。

そこで、抜け毛の原因の1つだといわれているとストレスの関係性についてお伝えします。

目次
* 抜け毛の原因は1つではない
* ストレスで髪が抜けるのはなぜ
* ストレスを溜めないために!できることとは
* 地肌にかかる刺激を軽減!正しいシャンプー方法
* 強い髪を育てる!食事面からアプローチ

抜け毛の原因は1つではない

抜け毛の原因の1つにストレスがあげられます。

しかし、抜け毛の原因は1つではありません。
加齢によるホルモンバランスの乱れも原因です。
加齢によってさまざまなホルモンの出る量が変わってきます。
その結果としてホルモンバランスが崩れ、抜け毛につながるのです。

また、AGAも抜け毛の原因と1つだとされています。
AGAとは男性型脱毛症のことですが、女性にも発生する可能性があります。
男性ホルモンであるテストステロンが多量に分泌されると抜け毛の原因となるジヒドロテストステロンが生成され、毛髪のサイクルが乱れ成長期が早く終わってしまうことが抜け毛の原因です。

そのほかにも、食生活が抜け毛の影響となることが知られています。
食生活が乱れることによって栄養バランスが崩れることが原因です。
その結果として抜け毛につながることがあります。

ストレスで髪が抜けるのはなぜ

ストレスで抜け毛になる原因は主に3つ考えられます。

1つ目はストレスがかかることによって自律神経の働きが狂うことです。
自律神経の働きが狂ってしまうとホルモンバランスが崩れることにつながります。
その結果、抜け毛の症状が進んでしまうのです。

2つ目は体温調整がうまくいかなくなることです。
体温調整の不調は体温低下につながることがあります。
体温低下による毛髪の発育不良が抜け毛の原因の1つです。

3つ目はストレスによる血行不良で、髪に栄養がいかなくなることによって抜け毛が発生します。
血流が悪くなる原因は複数あり、その1つがストレスによって交感神経が緊張することによる血管収縮です。
強いストレスを感じないように生活することが抜け毛防止につながります。

ストレスを溜めないために!できることとは

抜け毛の大敵であるストレスを溜めないためには適切な対策をとることが大切です。

まず、ゆっくりお風呂に入るように心がけましょう。
熱すぎない温度の湯船に浸かることによって副交感神経の働きを高めることにつながります。
副交感神経が機能するようになれば血行不良の改善が期待でき、抜け毛防止に役立つでしょう。

また、規則正しい生活を送ることも大切です。
生活のリズムを一定にすることによって血流調節や体温調整などの機能が上手く働くようになります。

さらに、良質な睡眠を心がけることも重要です。
睡眠不足はストレスや疲労の蓄積、集中力や免疫力の低下などさまざまな悪影響を生じさせることにつながります。
適切な睡眠をとらないと髪の毛の生成に必要となるホルモン分泌が正常に行われません。
睡眠時間の確保だけでなく睡眠の質も上げるようにしましょう。

頭皮マッサージをしたり、有酸素運動をしたりするのもストレス軽減効果を期待できます。
飲酒や喫煙を控えることも大切です。

地肌にかかる刺激を軽減!正しいシャンプー方法

抜け毛を減らしたいと考えている人は、シャンプーの方法について気を配ることも大切です。

髪の毛は、1日100本程度は自然に抜けるといわれています。
しかし、シャンプーの方法が適切でないと抜ける本数を増やしてしまうことにつながるでしょう。

シャンプーをする前に、まずブラッシングをするようにします。
そのあともすぐにシャンプーで洗い始めるのではなく、お湯で下洗いをしてシャンプーなしでも落とせる汚れを落とすことが大切です。

また、シャンプーをつける前にしっかり髪の毛を濡らしておく目的もあります。
シャンプーをつけるときは、手のひらでよく泡立ててからつけることがポイントです。
お湯を混ぜることで効率的に泡立つようになるでしょう。

シャンプーは髪の毛ではなく頭皮につけます。
指を立てず腹の部分で洗うようにすることが注意点です。

さらに、リンスは地肌につけないようします。最後に十分すすぎましょう。
シャンプー剤が頭皮や髪の毛に残っていると負担がかかり抜け毛につながる可能性があります。

強い髪を育てる!食事面からアプローチ

食生活を改善することも抜け毛予防に役立ちます。
食事面からのアプローチで大切なことは3つあります。

1つ目は良質なタンパク質を摂取することです。
タンパク質は頭皮や髪の毛を構成する大切な栄養素です。
特に髪の毛の構成要素であるケラチンの90%はタンパク質からできています。
適切な量のタンパク質を摂るように心がけましょう。

2つ目は髪の毛の生成に必要な亜鉛を摂取することです。
亜鉛はミネラルの一種で、薄毛の原因となる酵素を抑制する働きがあるといわれています。
また、アミノ酸をケラチンに再合成する役割も担っているミネラルです。
ミネラルの不足は骨の成分にもなり健康維持には欠かせません。

3つ目はサプリメントの活用です。
薄毛に役立つ栄養を食事だけで摂るのが難しい場合はサプリメントで補給することが大切です。
ミネラルはもちろん、頭皮をよい状態で保つためのビタミンなどの栄養素も、サプリメントを活用して効率的に摂取してみてはいかがでしょうか。

AFAブルーグリーンアレジーとは