日本人はタンパク質が足りない!?藻(も)で効率よく補給しよう!

糖質と脂質に並んで三大栄養成分に数えられるタンパク質ですが、実は日本人には不足しがちなひとが多いことを知っていますか。

タンパク質を効率よく補完する方法の一つとして「藻(も)」が挙げられます。

ここではタンパク質の作用をはじめ、なぜ藻(も)がタンパク質の補完に適しているのかなどをご紹介します。

目次

  • 知っているようで知らないかも?タンパク質の作用をおさらい
  • タンパク質は動物性たんぱく質に豊富に配合される
  • 知ってた?日本人はタンパク質不足!
  • アミノ酸はタンパク質の合成・分解に欠かせない
  • 藻(も)はアミノ酸の宝庫

知っているようで知らないかも?タンパク質の作用をおさらい

人におけるタンパク質といえば、筋肉や皮膚をイメージするひとも多数いるでしょう。

英語で「protein(プロテイン)」と呼ばれる事で有名なタンパク質は、本来はギリシャ語の「プロティウス(第一)」が語源となっており、それだけ人にとっては大事な作用を持つ栄養成分です。

筋肉や皮膚以外にも内臓・髪・血液などあらゆるものの構築成分で、人の約20%、水分を除いた重量の2分の1以上をタンパク質が占有しています。

また抗体となって免疫機能を上げたり、ホルモンや酵素などの原料になったりするなど、健康な体を維持するのには必須な成分です。

タンパク質が欠乏すると菌やウイルスへの抵抗力が減少したり、貧血や神経症を発症したりする影響も出てきます。

さらに栄養成分は互いにその作用を補填し合っている事があるため、過不足のないよう、他の栄養成分と合わせてバランスよく摂ることが大事といえるでしょう。

タンパク質は動物性たんぱく質に多く配合される

タンパク質は動物性たんぱく質に多く配合される

タンパク質には卵や肉などの動物性食品に配合されるものと、穀類や豆類などの植物性食品に配合される物があります。

特に動物性は植物性と比べタンパク質を構築する「アミノ酸」のバランスに優れたものが多数で、体の中での吸収性も高いことが特徴的です。

タンパク質といえば豚肉や牛肉、鶏肉などの肉類が代表的ですが、実は魚介類も優秀なタンパク源です。
例えるならば、かつおやあじなど一般的な魚にはタンパク質が多く配合されているので、焼き魚や刺身、ムニエルなど調理法を工夫すれば飽きずに食べることができます。

また、すじこ・いくら・たらこなどの魚卵にも100g当たり25~30g前後のタンパク質が配合されています。

ただし、効果的に食べられる魚介の塩蔵品はどうしても塩分過多になりがちなので、摂取量には注意が必要です。

多忙で魚介類や肉を調理する時間がない時には、チーズなどの乳製品も効果的にタンパク質を摂ることができて簡単です。

>タンパク質はもちろん、その他89種類の栄養素を持つ藻()「太陽のAFA」はこちらから>>

知ってた?日本人はタンパク質が欠乏している!

日本人の食生活で不安視されていることの一つが「タンパク質の欠乏」です。

「糖質の制限食」や「肉食ダイエット」などのブームによって肉類をしっかり食べる方もいる一方、無理なダイエットや偏よりでタンパク質不足に陥っている若い女性も少なくないです。

厚生労働省の「国民健康・栄養調査(国民栄養調査)」によると、2000年頃から1人1日当たりのタンパク質の推奨摂取量が大きく減少していて、2010年代には1950年代と同じ水準にまで低下しています。

前述の通りタンパク質の不足は健康に影響を及ぼす可能性があるだけでなく、筋肉量の減少によって基礎代謝が低下したり、肌荒れを招くこともあります。

「肉は太る」といったイメージからタンパク質を避けている事もありますが、それが美容にとっては逆の効果になる可能性も持っているのです。

>タンパク質を含む89種類の栄養成分がたっぷりの藻()サプリ「太陽のAFA」はこちらから

アミノ酸はタンパク質の分解・合成に欠かせない

人は約10万種類ものタンパク質から構築されていて、そのタンパク質を作っているのが「アミノ酸」です。

アミノ酸が数十から数百個以上が連なることでタンパク質はできていますが、実はアミノ酸の種類はほんの20種類程しかありません。

20種類のアミノ酸の様々な組み合わせにより、タンパク質からなる皮膚、髪や筋肉などから構築されているのです。

20種類のアミノ酸の中でも、体の中でつくり出すことができない9種類のアミノ酸を「必須アミノ酸」と呼び、これらは食事などから摂る必要性があります。

より理想的なバランスでアミノ酸を含む食品を知りたい時には「アミノ酸スコア」を参考にすると良いです。

これは食品に配合されるタンパク質の栄養価を表す手法で、アミノ酸スコアが100に近いほど理想的なバランスとなります。

卵や肉などの動物性食品の多くは100である一方で、植物性食品はアミノ酸スコアが低いものが多い特徴にあります。

しかし、数値が低い物でも他のタンパク質と複合することで不足する必須アミノ酸を補充することができ、結果的に栄養価を高めることができます。

タンパク質とその他の栄養をバランスよく摂るなら藻(も)サプリがオススメ>

藻(も)はアミノ酸の宝庫

藻(も)はAFAとも呼ばれる葉緑体微生物で、動物と植物の特性を併せ持ちます。

藻(も)はミネラルやビタミン、不飽和脂肪酸など様々な栄養が豊富なことで知られ、アミノ酸もその一つです。

20種類あるアミノ酸のうち18種類を配合していて、その半数の9種類はロイシンやトリプトファンなどの必須アミノ酸、つまり必須アミノ酸をすべて配合しています。

藻(も)はアミノ酸のスコアも83と優秀なことが特徴的で、細胞壁がない事により効率的に栄養を吸収・消化できることも魅力的です。

食事以外の手法でもっと効果的にアミノ酸を摂りたい方は、藻(も)を試してみてはいかがでしょうか。

タンパク質の他にも沢山の栄養成分。その数なんと89種類!?健康に嬉しいAFAのパワーとは?

AFAブルーグリーンアレジーとは