更年期障害の症状と対策!女性特有の悩みを改善!

女性特有の更年期障害に悩んでいる人は非常に多く、簡単に実践できる対処法を知っておき、症状がつらいときには役立てることが大切です。

この記事では、更年期障害のメカニズムや症状の具体例、対処法などについて解説していきます。

目次
* 更年期障害はどのようなメカニズムで生じる
* 女性ホルモンの乱れだけじゃない!更年期障害のきっかけとは
* 更年期障害で現れる症状の具体例
* 更年期障害の対処法とは
* つらい症状がある場合は医療機関に相談を

更年期障害はどのようなメカニズムで生じる

更年期障害とは、ホルモンバランスの乱れが原因となって起こる身体的・精神的不調のことを指しており、自律神経失調症のひとつといわれています。
女性の更年期障害が起こる最大の原因は、女性ホルモンの減少によるものといえるでしょう。

女性の場合、閉経が近づくと卵巣の機能が衰えてきます。
卵巣の機能が衰えると、卵巣から分泌される女性ホルモンのひとつとされる「エストロゲン」の分泌量が減少するのです。
すると、脳は卵胞刺激ホルモンを分泌して、卵巣からエストロゲンを分泌させようと促しますが、更年期を迎えた卵巣は必要な量のエストロゲンを分泌することができません。

これによって、エストロゲンの減少と卵胞刺激ホルモンの増加というホルモンバランスの乱れが起きて、更年期障害特有の不調が生じるのです。

女性ホルモンの乱れだけじゃない!更年期障害のきっかけとは

更年期障害が起こるきっかけは、実は女性ホルモンの乱れだけに限ったことではありません。
たしかに、更年期障害が起こるのは、女性ホルモンの乱れによるものも大きな原因と考えられています。

しかし、更年期障害はホルモンバランスの他にも、環境変化や心理的要因などが複雑に絡み合って発生するのです。

更年期は、例えば、夫の定年退職や子どもの自立、仕事の環境変化(ポジションチェンジ)、親の介護など、生活のサイクルが大きく変化する時期に当たります。
そのため、その生活サイクルの変化が精神的なストレスとなって、更年期障害の身体的・精神的な症状が現れることもあるのです。

更年期障害で現れる症状の具体例

更年期障害の症状にはさまざまなものがあり、その程度にも個人差があるといわれています。
更年期障害の主な症状としては、顔のほてりやのぼせ、脈が速くなる、めまい、ふらつき、頭痛、冷え、頻尿、精神的症状(イライラ、不安、睡眠障害)などが挙げられるでしょう。

更年期障害の諸症状の原因のひとつである女性ホルモンは、血管を広げて血流を良くする、悪玉コレステロールを抑えて善玉を増やす、脳の活性化、骨の健康維持などの役割を担っています。

閉経が近づくと卵巣機能が低下し、体の大事な役割を担っている女性ホルモンが減少することから、身体的・精神的な不調を招くのです。

女性ホルモンのひとつである「エストロゲン」の分泌は、脳の視床下部にある下垂体でコントロールされています。
しかし、45歳を過ぎる頃から卵巣の機能の衰えが原因となり、下垂体がエストロゲンを分泌するよう指令を出し続けても、エストロゲンは分泌されにくいままとなってしまうのです。

その結果として、脳が混乱をきたしてしまいます。
脳の視床下部は自律神経もコントロールしており、この混乱が自律神経にも伝わるために、前に紹介したような更年期障害特有のさまざまな不調を引き起こすのです。

このような身体の変化については、程度の差こそありますが、女性ならば誰でも迎えることといえるでしょう。

更年期障害の対処法とは

つらい更年期障害の症状を改善するための方法として、自宅でもできる対策はたくさんあります。

まず、体を動かすなどして気分転換を図ることがおすすめです。
そうはいっても、激しい運動を行う必要はまったくありません。
ヨガを取り入れたストレッチや軽めのウォーキングなどの適度な運動でも、更年期症状と抑うつを軽減するといわれています。

また、寝る前に10分程度の軽めの運動を行うだけでも、自律神経のバランスが整い、寝つきも良くなるのです。

次に、質の高い睡眠をとるように心がけることも良いでしょう。
具体的な対策としては、できるだけ1日6時間以上の睡眠をとる、寝る前にスマホ画面などは見ないようにする、ぬるめのお風呂に入るなどが挙げられます。

更年期障害の症状がひどいときには、ストレスと上手く付き合うように気をつけたり、質の高い睡眠で自律神経のバランスを整えるように努めたりすることが特に重要となるのです。

つらい症状がある場合は医療機関に相談を

病院などの医療機関を受診すれば、更年期の症状がつらい場合はホルモン補充治療や漢方治療、また症状によっては抗うつ薬治療を受けることができます。

また、・藻(も)のサプリメントを摂取することでも、更年期障害の症状を和らげることができるのです。

に含まれるセレクチンリガンドという成分は、ステムセルの一種であるため、セレクチンリガンドを体内に取り込むことによって自律神経を整えて、ストレスホルモンを軽減することが可能となります。
そのため、のサプリメントを摂取することで、更年期障害の症状とされているイライラや不安などの精神的症状が緩和するといえるでしょう。

ただし、更年期障害の症状は個人によって大きく異なるため、つらかったら我慢せずに専門医を受診することが大切です。

こんな記事も読まれています
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
更年期障害はサプリメントで上手く乗り切ろう!

AFAブルーグリーンアレジーとは