更年期障害の頭痛を対策する方法とは?

更年期障害の代表的な症状の一つに頭痛があります。
突然訪れる頭痛はストレスの原因となり、気分を落ち込ませがちです。

この記事では、更年期に起こる頭痛の原因と緩和させるために役立つ成分について解説していきます。

目次
* 更年期に生じる体の不調は実にさまざま!
* 女性に多い偏頭痛は更年期に悪化する可能性が高め
* 緊張型頭痛は血流の悪化が原因
* つらい負のスパイラル… 頭痛が吐き気につながってしまうケースも
* つらくなったらすぐトライ!頭痛の緩和対策

更年期に生じる体の不調は実にさまざま!

更年期とは閉経の前後を指す時期であり、45歳から55歳が該当します。

更年期にさしかかると生理がなくなっていくために女性のホルモンバランスが崩れ始め、体調不良が起こりやすくなります。これが更年期障害です。

現れる主な症状としては、体のほてりや急な発汗が挙げられます。
ホルモンバランスが正常でないため、ささいなきっかけで体温が変わるので、冷え性やむくみなども更年期障害の一種として出てきます。

また、代謝にも影響があるためにしわやむくみが起こりやすくなるなど、美容の悩みも少なくありません。

これらの症状と比べると一般的ではありませんが、更年期に頭痛症状に悩む人もたくさんいます。
更年期に生じる頭痛には2種類あり、まずは頭の片方だけが痛み続ける「偏頭痛」です。

一方、頭全体がしめつけられるように痛むタイプは「緊張型頭痛」と呼ばれます。
いずれも突然現れる症状のため、更年期の女性の大きなストレスになっています。

女性に多い偏頭痛は更年期に悪化する可能性が高め

偏頭痛はもともと男性より女性に多く、カフェイン摂取や睡眠不足と並んで、エストロゲンの減少が原因のひとつとされています。

エストロゲンとは女性ホルモンの一種です。
エストロゲンは思春期にもっとも分泌されており、生理などを正常に行なううえで重要な役割を果たしています。

若いころはエストロゲンがある程度分泌されているために偏頭痛が抑えられていた人も、更年期を迎えると偏頭痛に悩まされ始める傾向があります。

偏頭痛は、エストロゲン分泌量の変化が激しい閉経前に悪化し、変動が抑まる閉経後に軽くなるケースが一般的です。
そのため、放っておけば頭痛は自然と弱まっていくともいえますが、激しい痛みで精神的に疲弊していく女性も大勢います。

また、更年期障害の頭痛は体質によって個人差が生まれます。
たとえば、生理痛で頭痛症状のある人は、更年期に偏頭痛が悪化するリスクが高いとされており注意が必要です。

緊張型頭痛は血流の悪化が原因

緊張型頭痛は頭全体をしめつけられているような痛みを伴い、偏頭痛以上に不快感を覚える人も少なくありません。
緊張型頭痛はホルモンバランス以外にも、肩こりやストレス、眼精疲労などによっても引き起こされることがありえます。
特にストレスは更年期の女性にとって非常に身近な要因だといえるでしょう。

更年期にはさまざまな悩みや焦りが女性を襲います。
女性としての自信喪失や、老後への不安、親の老化などが次々にのしかかってくるのが更年期の特徴です。

また、家族がリストラされるなどのトラブルに直面したとき、若いころのように「もう一度頑張ろう」となかなか奮い立てなくなるのが更年期です。
そのうえ、閉経が重なれば尋常ではないストレスを一気に抱え込んでしまう女性も珍しくありません。
強いストレスが引き金になり、緊張型頭痛がまとわりつくようになる女性はたくさんいます。

つらい負のスパイラル… 頭痛が吐き気につながってしまうケースも

更年期の症状には、頭痛やほてりのほか吐き気もあります。

胃腸はリラックスした精神状態でこそ正常に機能する器官です。
しかし、エストロゲンが減少して交感神経に異常が起こると、女性はイライラが募りやすくなります。
その結果、胃腸の力も弱まっていき、食欲減退や吐き気へとつながっていくのです。

更年期障害としての吐き気が厄介なのは、他の症状と結びついてより健康を悪化させていくパターンがありえるからです。
ひどい頭痛をともなっている女性は、頭痛が原因で吐き気につながりどんどん体力が低下していく悪循環に陥りがちです。

特に偏頭痛と緊張型頭痛を誘発した場合には、吐き気が症状として現れる可能性が少なくありません。

こうした不調が長引くと、ますますストレスが大きくなって交感神経に影響します。
更年期障害では終わりが見えない体調不良にうんざりしてしまうことも多いのです。

つらくなったらすぐトライ!頭痛の緩和対策

偏頭痛は静かで暗い場所でゆっくり休むのが効果的です。できるなら横になって休むとより良いでしょう。

緊張型頭痛は筋肉が緊張して頭痛を誘発しているケースが多いため、肩や首回りの筋肉をほぐすためのストレッチが有効です。
お風呂上りなど、特に筋肉がやわらかくなっている時間帯に行うとより効果が発揮されます。

また、体が冷えると筋肉がこわばって頭痛の原因となる可能性が生まれます。
体はできるだけ冷やさず温めるよう心掛けましょう。

冷え性の改善には健康的な栄養素を補充して、血管を丈夫に保つことも重要です。
血行がよくなれば全身に酸素が行き渡るようになり、冷え性の原因であるむくみ解消にも役立ちます。

健康サプリメントである・AFAは鉄分、ミネラル、ビタミンといった血液環境を整える栄養素をたくさん配合し、更年期の女性の体調をサポートします。
毎日簡単に続けられるサプリメントで更年期を乗り越えましょう。

こんな記事も読まれています
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
更年期障害はサプリメントで上手く乗り切ろう!

AFAブルーグリーンアレジーとは