更年期障害を抑える方法は?迷惑なイライラを解消!

自分も周りも困惑してしまう… 更年期障害のイライラを抑える方法とは

更年期になるとイライラすることに悩まされている人もいるでしょう。
イライラすると日常生活に支障が出ることもありますので、できればイライラを解消したいものです。

そこで、イライラの理由と対策についてお伝えします。

目次
* 更年期になるとどうしてイライラするの
* 朝起きたら太陽の日差しをたっぷり浴びる
* 本当に足りていますか ビタミンやミネラルをしっかり摂ろう
* リラックス効果のあるアロマオイルを嗅いでみる
* 適度な運動やストレッチ・趣味を持って気分転換を図る

更年期になるとどうしてイライラするの

更年期のイライラに対処するためには、まずイライラの原因を理解することが大切です。

更年期障害は卵巣機能の低下によって生じるといわれています。
卵巣はホルモンを分泌する大切な器官です。
卵巣の機能が低下すると女性ホルモンであるエストロゲンが分泌されにくくなります。

エストロゲンは卵巣機能の低下が生じる更年期の時期だけに変動するのではなく、年齢によっても変動します。
エストロゲンが最も活発に分泌される時期は18〜40歳とされており、40歳以降は分泌量が減少して閉経を迎えるのが一般的です。

エストロゲンが分泌されにくい場合、脳は「もっとホルモンを分泌せよ」という命令を出しますが、卵巣機能が低下している状態ではエストロゲンなどのホルモン分泌量は増加しません。
その結果、脳が混乱してしまい神経が高ぶりイライラするのです。

閉経前後10年間程度の期間はどうしても卵巣の機能低下の影響でホルモン分泌量が著しく減少してしまう傾向が一般的にみられます。

朝起きたら太陽の日差しをたっぷり浴びる

更年期のイライラ対策は主に4つあげられます。

1つ目は朝起きたら太陽の光をしっかり浴びることです。
更年期のイライラの原因の1つであるエストロゲンの減少は、セロトニンの減少も引き起こします。

セロトニンは幸せホルモンとも呼ばれる脳内神経物質で、感情を落ちつかせる働きがあるといわれています。

エストロゲンはセロトニンの合成を促進する働きがあります。
エストロゲンの減少はセロトニン分泌の乱れにつながり、強い不安やイライラの原因になってしまうのです。

そのため、更年期のイライラ対策としてはセロトニンの分泌を促進させるために太陽の光を浴びることがよいとされています。
朝起きたときにしっかりと朝日を浴びることでセロトニンが分泌されれば、更年期によるイライラ解消に役立つでしょう。

太陽の光を浴びることで体内時計も正常に機能するようになり、質の良い睡眠がとれるようになることにもつながるのです。

本当に足りていますか ビタミンやミネラルをしっかり摂ろう

2つ目の更年期イライラ対策はビタミンやミネラルを摂取することです。

ビタミンやミネラルには気持ちを落ち着かせる神経安定作用があるといわれています。
これらの栄養素をしっかり摂取することがイライラ対策になるでしょう。

ビタミンCはストレスを感じると消費されてしまう性質があり、イライラを感じている状態では不足しがちな栄養素です。
そのため、外部から摂取して補給することが欠かせません。

カルシウムやマグネシウムも不足するとイライラの原因となりますので、適切な量を摂取するように心がけましょう。

ビタミンやミネラルを摂取する方法としては食事を通じて摂取するのが一般的です。
しかし、毎食バランスのとれた食事を用意して十分なビタミンやミネラルを摂取するのは大変です。

食事の用意が大変なときはサプリメントを併用することをおすすめします。
サプリメントであれば手軽にかつ効率的に必要な栄養素を摂取できます。

AFAサプリメントにはイライラ解消に役立つといわれているビタミンB1などの成分が含まれていますので、AFAサプリメントも試してみるとよいでしょう。

リラックス効果のあるアロマオイルを嗅いでみる

更年期のイライラ対策の3つ目はアロマオイルを嗅いでみることです。

イライラを感じたらまず何らかの方法でリラックスすることが対策の基本です。
しかし、イライラした状態で自らを律してリラックス状態にもっていくのはなかなか大変でしょう。

リラックスするためには、気持ちを切り替えるきっかけをつくり、リラックスできる環境を整えることが大切です。

アロマオイルには気分をリフレッシュさせる効果があるといわれていますので、アロマオイルを嗅ぐ行為が気持ちを切り替えるきっかけの役割を果たしてくれるでしょう。
アロマオイルにはさまざまな種類がありますが、ベルガモットやゼラニウム、ローマンカモミールなどがイライラ対策としておすすめです。

適度な運動やストレッチ・趣味を持って気分転換を図る

5つ目の更年期イライラ対策は適度な運動や趣味で気分転換することです。

イライラした状態から脱するには気分転換が有効です。
体を動かすことと好きなことに集中すると気分転換しやすくなるでしょう。

体を動かすといっても激しい運動をする必要はありません。
ゆっくり散歩したり家族や友人と楽しく話をしたりするだけでも気分転換につながります。

また、映画を見て楽しんだり友人とおしゃべりしたりするなど好きなことをするのも気分転換につながります。

体を動かし好きなことをすることによって、楽しくて笑ったり感動して涙を流したりする機会が増え、自律神経が整うことを助けてくれるでしょう。

自律神経が整うことでイライラが解消する可能性があります。
更年期のイライラに関する悩みは自分1人で抱えてしまいがちです。
抱え込まずに積極的に気分転換をすることでイライラを解消しましょう。

こんな記事も読まれています
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
更年期障害はサプリメントで上手く乗り切ろう!

AFAブルーグリーンアレジーとは