疲れの原因は?日常の疲れる原因を調査!

日常生活には疲れやストレスの原因になることがいっぱいです。
毎日を健康に過ごすためには、疲れの原因と向き合って的確な対策を立てましょう。

この記事では疲れを招くメカニズムや、おすすめの対処法を紹介していきます。

目次
* 不規則な生活は疲れの蓄積に
* 栄養バランスの乱れも原因のひとつ
* ストレスは疲労回復の大敵!
* 加齢による代謝低下には日ごろの運動を取り入れよう
* 上記にあてはまらない… もしかしたら病気による症状かも

不規則な生活は疲れの蓄積に

家事や仕事で忙しい人ほど生活は不規則になりがちです。
夜更かしが習慣化している人も多いでしょう。

しかし、昼夜の逆転生活を続けていると生活リズムがバラバラになってしまい、自分の気づかないうちに体へ大きな負担がかかっていきます。

その結果、体に疲れがたまって病気などの形で爆発してしまうのです。

疲労回復のためには睡眠が非常に大切ですが、不規則的に睡眠をとってもあまり効果は出ません。
睡眠不足はもちろんのこと、毎日睡眠時間がバラバラになる生活習慣も健康にとってよくないのです。
睡眠時間が日々変わっていくと体の疲れをしっかり解消することができなくなってしまいます。

それに、深夜帯になって床に就くのも睡眠を浅くする原因です。
ホルモンバランスを整えるためには深夜帯にしっかり眠る必要があります。

本当に健康な生活を整えようと思ったら、毎日決まった時間で早寝早起きを実践していく意識が大切なのです。

栄養バランスの乱れも原因のひとつ

忙しい人は栄養バランスのかたよった食事をしがちです。
ついファストフードやコンビニ弁当で食事を済ませたり、スナック菓子でお腹をふくらませたりと食事も不規則になっていく傾向があります。

こうした食事でもカロリーは補充できるため、活動エネルギーはまかなえています。
しかし、かたよった食生活でビタミンやミネラルが不足してしまうと、エネルギー代謝が不十分になります。

活発な代謝は体から毒素を排出するために重要な活動です。
代謝が落ちた体だと毒素がたまりやすくなり、疲労回復力が低下します。
そして、また代謝が落ちるという負の循環に突入するのです。

代謝を維持するためには、食事の時間に必要な栄養素を摂取するように心がけましょう。
特に疲れに関する栄養素としては、ビタミンB1、B2、B6、カリウム、マグネシウムなどが挙げられます。

ストレスは疲労回復の大敵!

激しく体を動かしたわけではないのに疲れているなら、ストレスが原因の精神的疲労が起きている可能性があります。

疲労の原因は運動だけとは限りません。強いストレスを感じると、人間の体はストレスに対応するためにさまざまな変化を生じさせます。

ストレスを強く感じると、人間は自然に交感神経を活性化させて体の各器官を戦闘態勢にします。
常に体が緊張しているので、深い睡眠がとりにくくなるなどの弊害が起きることでしょう。
そのため、特に何かをした記憶もないのに体がだるくなり、強い疲労感に襲われるのです。

神経が活性化されたり、交感神経が疲弊したりしても疲労感にはつながります。
いつまでも体が重く、やる気が出ないならストレスがたまっていないか疑いましょう。

「職場の人間関係に悩んでいる」「毎日同じ作業の繰り返しで退屈している」などの心当たりがある人は思い切った気分転換が必要です。

加齢による代謝低下には日ごろの運動を取り入れよう

年齢を重ねるごとに体内の代謝酵素は減っていきます。
その結果、基礎代謝が低下して疲労回復がスムーズにできなくなります。
若いころは何も感じなかった作業や運動で疲れがたまってしまいがちなのは、代謝が大きく関係しているのです。
つまり、年齢が上がるにつれて代謝を上げるための習慣を意識的に取り入れていく必要があります。

対策としては、無理のない範囲での運動を日常的に行うことです。
筋力をつけて基礎代謝ダウンを避けると、疲れにくい体質を取り戻せます。
「筋力」といっても、過剰につけなくても大丈夫です。
ふだん使っていない筋肉を活性化させるだけで、十分に代謝は上がります。

おすすめなのは軽い運動をある程度の時間をかけて行う「有酸素運動」です。
ジョギング、ウォーキング、ヨガなどは年齢に関係なく行える運動です。

また、お風呂上りのストレッチは血行をよくして睡眠を深くしてくれる効果もあります。

上記にあてはまらない… もしかしたら病気による症状かも

上記4つにあてはまらないのに疲労が回復しないときや、尋常ではない疲れを感じたときは病気の恐れがあります。
急性肝炎・慢性疲労症候群・うつ病・肝硬変・結核・糖尿病などの疑いがあるので、気になった場合は早めに医師の診断を受けましょう。

健康な体を維持するための食習慣や運動などが、すぐに実践できない人もたくさんいます。
そんな人におすすめなのはサプリメントを使った手軽な栄養素の補充です。

たとえば、・AFAのサプリメントはバランスよく疲労回復に肝心な栄養素を摂取できます。
アミノ酸、ミネラル、ビタミンB群といった定番の栄養素はもちろん、体を丈夫にしてくれる亜鉛や鉄もカバーしています。

サプリメントなら簡単に飲めるので、時間がない人も毎日続けられるでしょう。

疲労回復でもっとも大切な条件は体質改善であり、・AFAは毎日の健康習慣をサポートしてくれるサプリです。

AFAブルーグリーンアレジーとは