痛風の原因と適切な対処法は?女性向けに解説!

痛風の原因と適切な対処法は?女性向けに解説!

今回は、女性がなる痛風の原因と対処法について解説していきます。

自分には関係のない病気と思っていても、女性の場合思わぬところで痛風になるきっかけを作ってしまっている場合があります。
なぜ女性が痛風になってしまうのか、その原因がどこにあるのか見ていきましょう。

目次

  • 知っておきたい痛風の特徴
  • ぜ女性は男性よりも痛風になりにくいの?
  • 痛風で気を付けたい合併症はある
  • 女性が痛風になる主な原因は
  • 女性が取るべき痛風の予防策は

知っておきたい痛風の特徴

痛風は圧倒的に男性が発症しやすい病気といわれています。
考えられる原因は、仕事でのストレス、プリン体を多く含む食品の摂取、運動不足や過食でもたらされる肥満です。

痛風とストレスには深いつながりがあり、心身の緊張状態が長く続いた場合にエネルギー消費が増え、痛風の原因となる尿酸が過剰に生成されることがわかっています。

さらに、ストレスをうけるとホルモン分泌が変化し、尿酸が排出されにくくなります。
これらの理由により、30〜50代といった中年男性が抱えるストレスの多い生活では、痛風が発症しやすいと考えられているのです。

また、ビールには尿酸を増やすプリン体が多く含まれますし、尿酸の排出を阻害する働きがあります。
さらに、お酒のおつまみなどでよく食べられる内臓、魚介類などにもプリン体が多く含まれるため、お酒と一緒におつまみを食べる人などは痛風になる危険性が高くなります。

運動不足や過食といった生活習慣や食生活はプリン体の生成を促し、尿酸値を上昇させ痛風へとつながってしまうため注意が必要です。

痛風は、尿酸値が高い状態を放置し続けることで発症します。
痛風発作が起こると、足の親指の付け根などの関節に炎症を起こし、我慢できないほどの激しい痛みを伴います。

痛風発作は、一般的に7〜10日ほどで一旦治まりますが、完治したというわけではありません
。1年以内に再度発症することが多いため、一度発作が起きたらすぐに病院で診察を受けることが大切です。

なぜ女性は男性よりも痛風になりにくいの?

女性が男性よりも痛風になりにくい理由は、尿酸の血液中の濃度が男性より低いからです。
これは、女性ホルモンに尿酸の排泄を促す働きがあるためで、このおかげでもともと女性の尿酸値は基準値を大きく下回り、男性よりも値が低いのが通常です。

ただし、女性ホルモンは閉経後に分泌量が低下し年齢を重ねるごとに尿酸値が徐々に上昇するため、50歳を超えたあたりから男女の尿酸値の差は小さくなっ
ていきます。

痛風で気を付けたい合併症はある

痛風は、高血圧や高脂血症、糖尿病といった生活習慣病を併発しやすいといわれています。
また、内臓脂肪型肥満に高血圧や高血糖が加わった状態のメタボリックシンドロームになりやすいことも分かっています。

尿酸値の上昇は、生活習慣や食生活が深く関わっているため、尿酸値の上昇とメタボリックシンドロームの進行、生活習慣病などの合併症は避けることは難しいのです。

女性が痛風になる主な原因は

女性が痛風になりやすい原因として、ストレス、肥満、炭水化物ダイエットの3つがあげられます。
ストレスや肥満で男性が痛風になりやすいように、女性も同じ状態が長く続けば痛風になる確率が高くなります。

これまでは、痛風といえば患者の98%が男性であり、なかでも中年男性に多く見られるものでしたが、食生活や生活習慣が乱れることによって20代後半といった若い人でも見られるようになりました。
そのため、中年男性だけではなく、若い人はもちろん女性でも痛風発症のリスクが十分に考えられるのです。

成人男性の尿酸の正常値は4.0〜6.5mg/dl、成人女性では3.0〜5.0mg/dlといわれています。
数値だけを見れば女性の方が基準値を超えるリスクは少ないですが、ストレスや肥満によって基準値を超えてしまう恐れがあることを頭に入れておくことが大切です。

尿酸値が基準値を超えていてもすぐに痛風発作が起きるというわけではないですが、尿酸値が高いままだと血管や腎臓に負担がかかるため、女性であれば6.0mg/dlを超えないように気をつけるようにしましょう。

炭水化物ダイエットでも、尿酸値が上がってしまうケースがあることがわかっています。
これは、炭水化物を制限することで、尿酸を体外へ排出されにくくするケトン体と呼ばれる物質が生成されることが原因です。

女性に人気の炭水化物ダイエットですが、過度に行ったり長く続けたりすると痛風リスクが上がるため注意する必要があります。

女性が取るべき痛風の予防策は

女性が取るべき痛風の予防策は

痛風にならないためには、食べ過ぎや飲み過ぎに気をつけること、プリン体が多い食品を摂り過ぎないことが基本になります。
内臓系や魚介類、アルコールといった食品の過剰摂取には注意し、暴飲暴食は避けるようにしましょう。

無理なダイエットをしないことも大切です。
低炭水化物ダイエットのやり過ぎは避けるべきですし、下剤を多量に飲む、利尿剤を服用するといったダイエットもNGです。
極端なダイエットは尿酸値の上昇につながるため注意してください。

手軽にできる予防策として、痛風対策のサプリメントの利用があげられます。
痛風対策のサプリメントは、尿酸の排出を促すアルカリ性の食品が含まれていたり、尿酸値の低下をサポートする食品が含まれていたりなど尿酸値の上昇を防ぐのに最適です。

痛風予防には食生活を改善することが重要なので、体のバランスを整えるビタミンやミネラル、プリン体の吸収を抑制する食物繊維といった栄養素が豊富に含まれているサプリを摂取することも効果的です。

読んでおきたいこちらの記事も!
↓↓↓↓↓↓
尿酸値を下げるサプリメント!対策方法まとめ

AFAブルーグリーンアレジーとは