白髪にいい栄養は藻(も)サプリメントで摂ろう!

白髪にいい食べ物は?オススメ栄養素を紹介!

白髪対策にいい89種の栄養素を含む、藻(も)のサプリメントが話題に?!

白髪対策の方法は色々ありますが、バランスの良い栄養素の摂取は何より重要です。
しかし、毎日の食事を気をつけるのは大変なことです。

そこで白髪を手軽に対策できると注目される、藻(も)サプリメント「AFA」について、白髪にいい食べ物と一緒にお伝えします。

目次

  • 白髪対策になる栄養素
  • 白髪の予防や改善に役立つ食べ物
  • 白髪対策の栄養は藻(も)サプリメントで摂れる
  • 白髪対策をするのにNGな食べ物って?
  • 白髪対策の食事をするときの注意点
  • 白髪対策になる食べ方のポイント

白髪対策になる栄養素

白髪対策の予防になる主な栄養素は9つあります。

1つ目はたんぱく質です。
たんぱく質は髪の主成分であるケラチンを生成するための材料となります。
ケラチンはアミノ酸の集合体で、アミノ酸はたんぱく質が体内で分解されたものです。
そのため、たんぱく質の摂取は白髪対策につながります。

2つ目はチロシンです。
チロシンはメラニン色素の材料になりますし、ノルアドレナリンやアドレナリンなどの神経伝達物質の合成に欠かせません。
ストレスはこれらの神経伝達物質を消耗させてしまい白髪の原因となります。
そのため、チロシンを摂取してストレスを緩和することは白髪対策になるのです。

3つ目はヨードです。ヨードはメラノサイトの活動を促すホルモン分泌に役立ちます。

4つ目はアントシアニンです。
アントシアニンはポリフェノールの一種で、抗酸化作用があることが知られています。

活性酸素の増加は老化を早め白髪が進む原因となります。
アントシアニンを摂取することで、白髪の進行を止める効果が期待できるでしょう。

5つ目は銅です。
髪の色素であるメラニン色素は、アミノ酸のチロシンがチロシナーゼに変化してもので、銅にはチロシナーゼの働きを活性化させる役割があります。

6つ目はビタミンです。
特にビタミンCやEには抗酸化作用や血行促進効果があるといわれています。
ビタミンの摂取による効果は、髪や頭皮に栄養がいきわたるようになることです。

7つ目は亜鉛です。
亜鉛は髪の原料となるアミノ酸の合成に欠かせない成分で、亜鉛が不足すると細胞の新陳代謝ができず白髪などの原因となります。

8つ目はカルシウムです。
カルシウムは頭皮の新陳代謝を促す働きがある成分ですので不足しないように摂取する必要があります。

9つ目は鉄分です。鉄は血中のヘモグロビンの材料となります。
血液を通じて栄養素を運ぶ役割があるヘモグロビンの不足は白髪が進行する原因の1つとされています。

AFAサプリは数多くの成分が含まれており、AFAサプリの摂取は9つの栄養素をすべてカバーできる点がメリットです。

全部で89種類の栄養成分、手軽に白髪を改善できる「太陽のAFA」の驚くパワーとは?

白髪の予防や改善に役立つ食べ物

白髪対策に効果が期待できる栄養素が含まれている食品を理解したうえで食事やサプリメントで補給することが大切です。

昆布やわかめ、海藻などは毛髪の原料となるアミノ酸が豊富に含まれています。
メラノサイトを活性化する効果も期待できるといわれています。

納豆も白髪対策に有効な食品です。
納豆は亜鉛やカルシウムを多く含み、メラニン色素を活性化させる銅も含まれています。
血行良化に役立つビタミンも摂取できる点もメリットです。

銅や亜鉛が摂取できるという点ではレバーも白髪対策に欠かせない食品です。ビタミンも含まれています。

魚介類としてはいかやえびの摂取も白髪対策になるでしょう。
いかには銅、えびにはビタミンが含まれます。

しらす干しも魚介系の食品ですが、チロシンが含まれている点が特徴です。
うなぎにはビタミンB9が含まれており白髪対策にも効果が期待できるでしょう。
牡蠣にも亜鉛が豊富に含まれていることが知られています。

また、ブルーベリーや黒ごまも白髪対策として注目されている食品です。
ブルーベリーの摂取はアントシアニンの補給、黒ごまの摂取は亜鉛の補給につながります。
さらに、卵を食べることによってたんぱく質を効率的に摂ることができます。

ただ、ここまでご紹介した栄養素は、毎日の食事で準備するのはとても大変なことです。
そのため、サプリメントなら必要な成分を手軽に取り入れることができるため、オススメです。

白髪対策の栄養は藻(も)サプリメントで摂れる

白髪に効くサプリメントは単一の栄養成分を含むものではなく、藻(も)サプリの「 AFA」のように複数の栄養成分が含まれているものが良いとされています。

AFAには、ビタミン、ミネラルなどはもちろんのこと、89種類もの成分が含まれており、なかでも、ごまの成分で有名な「セサミン」はホルモンの分泌を正常化して髪に艶を与える効果があり、白髪対策をサポートしてくれます。

さらにAFAに含まれる、リノレン酸は細胞組織の働きを高める「プロスタブランジンE1」という成分を生成することにより、髪にハリとコシを与え、白髪を改善する大きな効果が期待できます。

白髪が増えて悩んでいる方へ、89種類の栄養素をバランスよく含む、藻(も)サプリメント「太陽のAFA」はこちら >>

白髪対策をするのにNGな食べ物って?

白髪対策をするのにNGな食べ物って?

白髪対策をしたい場合は、避けた方がよい食生活のポイントや食品があります。

まず食生活のポイントです。偏食は避けるべきでしょう。
偏食は髪に必要な栄養素がどうしても不足してしまうというデメリットがあります。

5大栄養素をしっかり摂取することが基本です。
5大栄養素を摂取することによって健康な体が維持できるようになります。
健康な体は髪の生成の前提条件になりますので、偏食しないようにしましょう。

避けた方がよい食品としてはコーヒーがあげられます。
コーヒーには亜鉛の吸収を低下させてしまうという作用があるといわれています。
亜鉛は白髪対策に有効な成分ですので、亜鉛の吸収率が下がることは白髪の進行につながる可能性があります。

白髪対策の食事をするときの注意点

白髪対策に効果的な食事をしたい場合は、食事の栄養バランスだけでなく食事の回数や時間帯にも気を配ることが大切です。

毎日の食事の回数や時間帯が変化すると、効率的に栄養素を吸収することが難しくなる場合があります。
規則正しく食事をするようにこころがけましょう。

また、過度な食事制限によるダイエットは一時的な体重低下の効果が得られるケースもありますが、白髪対策としてはマイナスに働くことが多いです。
栄養不足になり白髪が進行してしまうリスクがあります。

白髪対策になる食べ方のポイント

白髪対策を進める場合は、食事の仕方や栄養素を効率的に摂取する工夫も欠かせません。
ポイントは3つあります。

1つ目は身体を温める食べ物を摂るようにこころがけることです。
冷たい食品は身体を冷やし血流が悪化することにつながるおそれがあります。
食品は温めて食べることをおすすめします。

2つ目は栄養素を無駄にしない調理方法を選ぶことです。
せっかく白髪対策に有効な栄養素が含まれる食品を選んでも調理方法が適切でないと料理の過程で必要な栄養素が失われてしまうことがあります。
栄養素が効率的に摂取できる調理方法を選択することも大切です。

3つ目はサプリメントの活用です。
忙しい生活を送っている女性の場合、日々の食事で白髪対策に必要な栄養素すべてを適量摂取することが難しいこともあるでしょう。

そういった場合は、積極的にサプリメントを活用すると効率的な栄養素補給が可能です。

なかでも、89種類の栄養素を配合し、手軽に白髪対策の栄養素がとれる、藻(も)サプリメント「AFA」の活用がおすすめです。

特にAFAに含まれる、ごまの成分で有名な「セサミン」はホルモン分泌を安定化して髪に艶を与える効果があり、白髪対策をサポートします。

食材から取ることが難しいとされるミネラルを豊富に含む「AFA」は、一日4粒でゴマ2,400粒分のセサミンが摂れます。

さらにAFAにしか含まれない、天然の「フィコシアニン」には、血中の毒素を吸着し、体外に排出するため、肌荒れや便秘を解消し白髪になりにくい体質になることができます。

体の中からきれいになって、効率的に白髪を対策したい人は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょか。

 

 

AFAブルーグリーンアレジーとは