白髪の原因は藻(も)サプリメントで撃退!

白髪の原因と対策は?悩む女性は必見!

白髪の原因を撃退できる、89種の栄養素を含む、藻(も)サプリメントとは?!

若々しさを保ちたい女性にとっての、天敵が白髪ではないでしょうか。
白髪は40歳前後、加齢に伴い発生するのが多いですが、白髪の主な原因は偏った栄養摂取にあります。

そこで、白髪を原因から対策できると話題の、藻(も)サプリメント「AFA」をご紹介します。

目次

  • 女性の白髪の原因って何?
  • 白髪を改善するための習慣
  • 白髪の原因は藻(も)サプリメントで撃退
  • 女性の白髪のタイプ
  • 白髪を治す必要はある?
  • 白髪になったときの注意点

女性の白髪の原因って何?

女性の白髪のメカニズムの一端として、その原因についても確認しておきましょう。
白髪の原因を押さえておくことは、根本的な対策につながります。

原因の1つとしては、まず遺伝が考えられます。
学術的にはまだ解明されていない部分が多いのですが、遺伝的な原因で白髪になるケースがあるようです。
家系的に白髪になりやすい人、なりにくい人などは、遺伝的要因が作用しているといわれています。

次に、病気が原因の場合があります。
胃腸の疾患や甲状腺異常、貧血症などの病気でメラノサイトが急に活動を停止する場合が報告されています。
また、白斑などが頭皮にできると、その部分が白髪になるケースもあるようです。

3つ目には紫外線です。
紫外線が頭皮にダメージを与え、色素幹細胞に悪影響を及ぼし白髪を引き起こすことが考えられます。

4つ目には栄養不足が原因となる場合です。
栄養が偏り、ビタミン・ミネラル・良質のタンパク質が不足すると内臓の働きが衰え、血流量が減ります。
こうした栄養不足が原因で白髪となる場合があります。

さらに、ストレスによる毛細血管の収縮やホルモンバランスの変化によって白髪となるなど、さまざまな原因があります。

その白髪、栄養不足からきてるかも?
89種類の栄養素で白髪を対策!藻(も)サプリ「太陽のAFA」を見てみる⇒

白髪を改善するための習慣

白髪を改善するための習慣

白髪へのケアと同時に取り組んでいきたいのが白髪を改善するメソッドです。

まずは栄養バランスのとれた食生活です。
炭水化物、タンパク質、糖質、ビタミン、ミネラル、食物繊維といった6大栄養素のすべてが髪の毛の育成には重要です。

なかでもビタミンとミネラルは大切で、ビタミンCとEには強い抗酸化作用があるため、メラノサイトや毛母細胞が紫外線による活性酸素で老化するのを防ぎます。
また、メラニン色素の成分となるのがチロシンというもので、大豆やチーズに多く含まれています。
こういった食物を積極的に摂るようにしましょう。

また、老化を引き起こす原因の1つにメラトニンの減少が考えられます。
メラトニンは睡眠中に脳から出される物質で、活性酸素を除去するといわれています。
このことから質のいい睡眠を摂ることが大切です。

そして同様に活性酸素を取り除く上で、ストレスを解消することも必要でしょう。
さらに血行をよくするための適度な運動と頭皮マッサージを心がけることも重要です。

ただ上記のような、生活習慣の対策や食習慣を毎日気をつけるのは、なかなか難しいという方も多いかと思います。

そこで、効率よく手軽に白髪対策ができるのは、サプリメント活用して栄養素を摂る方法です。

白髪の原因は藻(も)サプリメントで撃退

白髪対策のサプリメントは単体の栄養素ではなくて、複数の栄養素が配合されているものが良いと言われています。

たとえば藻(も)サプリメントの「AFA」には、ビタミン、ミネラルなど89種類もの栄養素が含まれていて、白髪対策の栄養素を効率よく摂取できます。

またAFAに含まれる、ごまの成分「セサミン」はホルモンの分泌を正常化して、髪に艶を与えてくれ、白髪対策を的確にサポートします。

さらにAFAのみが含む、天然の「フィコシアニン」は、体内の毒素を吸着し、体外に排出する効果があるため、肌荒れや便秘を解消するとともに、血流を改善して白髪になりにくい体になる作用が期待できます。

89種類の栄養素で白髪を効果的に対策した方へ  藻(も)サプリメント「太陽のAFA」がおすすめ ⇒

女性の白髪のタイプ

白髪は老化のサインというイメージがありますが、人によっては若いうちから白髪が生えることもあります。

そもそも白髪はどうして生えるのでしょうか。そのメカニズムについて見てみましょう。

白髪が生えるタイプには、大きく3つあると考えられています。
そのうちの1つは、髪の毛が生え変わったときに白髪が生える場合です。

もともと髪の毛は黒いのではなく、白髪として毛母細胞が作り出します。
そこにメラノサイトが働き、メラニン色素によって黒くなっていくのです。

メラノサイトが加齢などによって衰え、髪の毛が生え変わるときに毛母細胞からなくなってしまう場合に白髪となります。

2つ目には、成長期の途中に白くなるというケースです。
毛母細胞からの成長過程で、加齢などが原因でメラノサイトの活動が衰えることにより、髪の毛の色素がだんだん減少することで白髪になります。

さらに3つ目には、病気などにより突然白髪になる場合です。

このように、女性の白髪のタイプには3つのパターンが挙げられます。
自分の白髪はどのパターンかチェックしておきましょう。

白髪を治す必要はある?

白髪の発生にはさまざまな原因がありますが、加齢とともに発生する自然的なものともいえます。
だからといって、女性にとっての白髪はそのままにしておいてよいものではないでしょう。

白髪は、老けて見えてしまう、髪の毛が不潔に見えるなどといった見た目のデメリットがあります。
若々しさを保ちたいという理由からしても、白髪は治したほうがいいといえるでしょう。

白髪を治すにはまず、白髪の原因に自分の状態が当てはまるかどうかをチェックしましょう。
もし思いあたることがあれば、1つ1つを改善していくことが必要です。

また、白髪そのものを改善しないで、白髪染めばかりに頼ってしまうのは髪への負担が大きくなってしまいます。
なお、気になるからと白髪を抜くのはおすすめできません。

白髪を抜いたあとに黒い髪が生えてくる保証はありませんし、抜いた毛穴が炎症を起こす可能性もあります。
根本的な原因を見直すことが重要なのです。

白髪になったときの注意点

白髪になった場合、どのようなことに気をつければよいでしょうか。
白髪が発生すると、同時に抜け毛が起こる可能性があります。

こうしたことは薄毛の原因に考えられがちですが、抜け毛予防にとむやみに白髪を抜かないことです。
しかし、白髪を抜かないでいると目立ってしょうがないということもあるでしょう。

白髪のケアとしては、保湿が大切です。
髪の毛をきちんと保湿していれば、黒髪がしっとりと黒く見えるのと同じように、白髪も目立ちにくくなります。

白髪の範囲が広く、見た目にも気になるようであれば、染毛剤を使ってもよいでしょう。
ただし、染毛剤には髪の毛と頭皮にダメージを与えるというデメリットがあります。

染毛剤にはカラースプレー、ヘアマニキュア、ヘアカラー、カラーリンスがあります。
カラースプレーやヘアマニキュアはダメージは比較的少なめですが落ちやすいのが欠点です。

ヘアカラーは持ちはよいですが、ダメージが強く、カラーリンスは染まりにくいですが、髪の毛にはやさしい成分が含まれています。

とはいえ、染毛剤などは一時的な対処法であり、この先もずっと続ける必要がり、長い目で見ると多くの労力と、金銭的負担がかかります。

それに対して、サプリメントであれば根本的に白髪改善できる可能性が健康になることもできます。
そこで、手軽で効果的に白髪対策の栄養素がとれる、藻(も)サプリメント「AFA」の活用がおすすめです。

「AFA」なら89種もの栄養素で、白髪にいい成分がすべて配合されています。

キレイになりながら、効率的に白髪を対策したい人は、 AFAサプリメントをぜひ一度試してみてはいかがでしょか。

またリノレン酸はホルモンの分泌を向上化させ、細胞組織の働きを改善する「プロスタブランジンE1」という物質を作ることにより、髪にハリ・コシを与えて、白髪対策に効果を発揮してくれます。

AFAブルーグリーンアレジーとは