糖尿病は藻(も)サプリメントで効果的に改善しよう!

糖尿病に効果的な藻(も)サプリメントが話題に?

糖尿病になると、食事・運動療法に取り組む必要があり、好きなものを食べる生活はできなくなり、場合により薬物療法も加わります。

改善のためにサプリメントや健康食品を考える人も多いことでしょう。

そこで、89種類もの栄養素を含み、糖尿病の改善に効果的な藻(も)のサプリメント「AFA」をご紹介します。

目次

  • 糖尿病治療中に飲んでもOKなサプリメント1.ビタミン
  • 糖尿病治療中に飲んでもOKなサプリメント2.カルシウム
  • 生命活動に必要な栄養素を網羅した藻(も)サプリがおすすめ
  • 糖尿病に効果があるサプリメントはある?
  • サプリメントを飲むときは主治医に相談をしてから

糖尿病治療中に飲んでもOKなサプリメント1.ビタミン

糖尿病の食事療法では食べてはいけないものがあるわけではありません。
不足している栄養素は積極的に摂取すべきで、飲んでも大丈夫なサプリメントももちろんあります。
体を動かすために必要な五大栄養素のひとつであるビタミンのうち、糖代謝に大きく関わっているのは、ビタミンB群に含まれるビタミンB1、ナイアシン、パントテン酸です。

ただし、ビタミンB群は複合体としてお互いに助け合いながら働くため、個別ではなくグループで摂取する必要があります。
ビタミンB群が不足すると糖代謝機能がうまく働かずに血糖値が高くなったり、インスリンの生産量が減少したりしてしまいます。

また、ビタミンCには活性酸素を除去する働きがあるため、インスリン受容体が傷つくのを防ぎ、さらにストレスからも体を守ってくれます。
なるべく食事からの摂取を心がけ、それでも不足すればサプリメントで補給してください。

複数のサプリメントを使用する場合は特に過剰摂取に注意しましょう。

糖尿病治療中に飲んでもOKなサプリメント2.カルシウム

糖尿病の治療中に飲んでもOKなサプリメントの栄養素には、カルシウムもあげられます。

実は糖尿病とカルシウムには大きな関わりがあります。
なぜならインスリンは膵臓から分泌されますが、インスリンの分泌を促しているのはカルシウムだからです。
そのため、カルシウムが不足するとインスリンの分泌量も減少し、血液中の糖が過剰になって高血糖になってしまうのです。

また、インスリンは血液中の糖のコントロールをするだけではなく、骨の代謝にも関わっているため、インスリンが不足すると骨がつくり出せなくなって骨量が減少します。
そのために糖尿病の人は骨が弱くなりやすく、骨折のリスクも高くなるのです。

ただし、カルシウムだけを摂取するのではなく、カルシウムの吸収を高めるビタミンDやマグネシウムを一緒に摂取するとよいでしょう。

生命活動に必要な栄養素を網羅した藻(も)サプリがおすすめ

体にいい成分だからといって、特定の栄養素ばかりを摂取するのはよくありません。
糖尿病の食事療法とは、糖質やカロリーはもちろんのこと、さまざまな食品をバランスよく、適切な量を規則正しくゆっくり噛んで食べるという方法です。

ですから糖尿病に限らず、長い目で見て健康を維持していくためには、この食事療法のような食生活を心がけるべきなのです。

そこで、さまざまな栄養素をバランスよく摂取したい方に最適なのが、近年注目される藻(も)サプリメントの「AFA」です。

AFAにはご紹介したビタミンやカルシウムはもちろん、89種もの栄養素を配合しており、手軽に健康栄養素を補えます。

またAFAは、悪玉コレステロール値を下げる、独自成分「フィコシアニン」という成分を含みます。

色素タンパク質の一種である「フィコシアニン」は抗酸化力がとても強く、スポンジのように、有害物質を吸着して、体外へ排出し、血糖値を正常化させる効果が期待できます。


>高い血糖値を手軽に下げられる!藻
()サプリメント「AFA」の驚くパワーとは?

糖尿病に効果があるサプリメントはある?

糖尿病の症状に対し良い影響を与えるといわれるサプリメントの原料には、糖の吸収を遅らせる働きをするDNJを含む桑の葉、水溶性食物繊維のイヌリンを多く含む菊芋などがよく知られています。
糖尿病に良いとされるほかの成分にも、血糖値の上昇の抑制、インスリンの活性化、糖の分解を抑えるなどの作用が期待されて配合されています。

しかし、そもそもサプリメントは薬ではありません。
症状を改善するためではなく、普段の食事では不足してしまう栄養素の補助に用いるものです。

サプリメントを摂取しているからほかの治療はしなくてもいいなどと勝手に判断せず、まず医師に処方された治療を最優先に取り組むようにしましょう。

食事療法などに取り組むなかで、自分に不足していて、積極的に摂取すべき栄養素が何なのかがわかってきた場合は、医師に相談したうえで栄養素をサプリメントで補給するのが糖尿病患者の正しい用い方です。

サプリメントを飲むときは主治医に相談をしてから

サプリメントは薬ではなく栄養補給のために飲むだけだから、いちいち医師に相談する必要はないだろうと多くの人が考えがちです。
しかし、食事療法においても控えたり避けたりするべき食品があるのと同じことで、サプリメントも摂取の仕方を注意する必要があるのです。

たとえば、サプリメントには薬ほど劇的に作用するわけではないものの、血糖値を下げる働きをする成分が含まれていることがあります。
血糖値を下げる治療をしているのに、さらに血糖値を下げる成分を摂取してしまうと血糖値が下がりすぎて低血糖になる危険性があるのです。

さらに、サプリメントの誤った摂取によって過剰になった栄養素がほかの病気のリスクを高めてしまったり、医師の処方薬との飲みあわせが悪いと飲んだ薬の働きが阻害されたりする可能性もあります。

また日々の生活習慣を注意するのと合わせて、手軽にコレステロールを下げる栄養素がとれる、藻(も)サプリメント「AFA」の活用もおすすめです。

「太陽のAFA」というサプリメントには、それらの脂質はもちろん、野菜や果物からとれるビタミン類など89種類も栄養素を含んでいるので、お手軽にコレステロール対策ができます。

コレステロールが高く心配な方は、ぜひ一度活用してみてはいかがでしょうか。

この点では特に、腎臓病のリスクのある方は注意する必要があります。
必ず主治医に前もって相談してからサプリメントを取り入れるようにしてください。

 

 

AFAブルーグリーンアレジーとは