糖尿病は藻(も)サプリメントで手軽に対策しよう!

糖尿病を手軽で効果的に対策できる、藻(も)サプリメントとは?

糖尿病の人にとって食事の内容は非常に大きな問題です。
糖尿病の人には、身体によく満足感のある食べ物こそが必要と言えますが、食事管理は難しいため、サプリメントや健康食品を考える人も多いことでしょう。

そこで、89種類もの栄養素を含み、糖尿病に効果が期待できる、藻(も)サプリメント「AFA」について、糖尿病に効く食べ物と合わせてご紹介します。

目次

  • 糖尿病の人におすすめの食べ物1.緑黄色野菜
  • 糖尿病の人におすすめの食べ物2.魚
  • 糖尿病は藻(も)サプリメントで効率的に対策
  • 糖尿病の人におすすめの栄養素1.乳酸菌
  • 糖尿病の人におすすめの栄養素2.水溶性食物繊維
  • 糖尿病の人におすすめの栄養素3.不飽和脂肪酸

糖尿病の人におすすめの食べ物1.緑黄色野菜

糖尿病の人の食事で欠かせないのが栄養のバランスです。
栄養のバランスを取ることが大切なのは、糖尿病でない、一般の人にも言えることでしょう。

しかし、血糖コントロールがうまくいっていない糖尿病の人にとっては、血糖の調節を行う意味でも栄養のバランスを取ることは重要なことです。

血糖の調節を行うためにも、まず摂りたいのが緑黄色野菜です。
緑黄色野菜には、ブロッコリーやにんじん、ほうれん草、ピーマン、小松菜など、色が濃くカロテンが多く含まれる野菜があり、その特徴は糖質が少なく、ビタミン、ミネラルが豊富という点があげられます。

緑黄色野菜はエネルギー量が低めの割にカサを増すことができて食事全体のカロリーを抑えられるため、食事の最初にたくさん食べておきましょう。

炭水化物を摂取する前に緑黄色野菜を食べることで、血糖値の上昇をゆるやかにすることができ、お腹を満たす効果も期待できます。

糖尿病の人におすすめの食べ物2.魚

緑黄色野菜の次に食べたいのが、たんぱく質です。
たんぱく質のなかでも、特に糖尿病の人におすすめなのが魚です。

魚には良質の脂肪酸が豊富に含まれています。
この脂肪酸のひとつである、エイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)は、インスリンの働きを活発にし、血糖値を下げる効果があるといわれています。

さらに、EPAとDHAは温度が低くても固まりにくい性質から、血液を固まりにくくし、血液をサラサラにするという働きも持っています。
そのため、脳梗塞や心筋梗塞といった血中濃度に関連する病気を予防するといわれています。

また、血中コレステロールを低下させる働きもあるため、動脈硬化の予防にも一役買います。
特に、EPAやDHAが多く含まれるサバやサンマ、イワシなどの青魚、ウナギ、サケなどを積極的に摂取するのがおすすめです。

とはいえ、毎日の食事でこれから栄養素を補うのはとても難しいことです。そこで手軽で効果的なのが、サプリメントの活用です。

糖尿病は藻(も)サプリメントで効率的に対策

なかでも、さまざまな栄養素をバランスよく摂取できるとして、近年注目される藻(も)サプリメントの「AFA」がおすすめです。

AFAにはご紹介したビタミンやカルシウムはもちろん、89種もの栄養素を含んでおり、糖尿病改善に必要な栄養素を手軽に補えます。

またAFAに含まれる、悪玉コレステロール値を下げる「フィコシアニン」が話題になっています。
色素タンパク質の一種である「フィコシアニン」は強力な抗酸化力で、スポンジのように、有害物質を吸いとり、体外へ排出して、血糖値を正常化させる、驚く効果を持っています。

>高い血糖値を効率的に下げられる!藻()サプリメント「AFA」はこちら

糖尿病の人におすすめの栄養素1.乳酸菌

糖尿病の人の血糖値が上がってしまう原因のひとつに、インスリンの分泌が落ちている、不十分だということがあります。

膵臓から分泌されるインスリンは血糖値を下げ、余ったブドウ糖を肝臓に蓄えるという、血糖コントロールにはなくてはならない物質です。
この重要な役目を果たすインスリンの分泌を向上させるにはどうすればよいでしょうか。

実は腸内ホルモンであるインクレクチンという物質が、インスリンの分泌を促す効果があるのです。
このインクレクチンの働きは腸内環境の影響を強く受けることから、腸内環境を整えることが重要と考えられています。

糖尿病の人が積極的に摂りたい食べ物のなかにヨーグルトがあります。
ヨーグルトは腸内環境を整えるための食品としても脚光を浴びており、実際に乳酸菌を始めさまざまな善玉菌を含有した商品も販売されています。

腸内環境を整えるヨーグルトで、インクレチンを活発化させインスリンの分泌を向上させましょう。

糖尿病の人におすすめの栄養素2.水溶性食物繊維

腸内環境を整えるなら水溶性食物繊維も欠かせません。

腸内細菌は水溶性食物繊維を食べて増えていきます。
ヨーグルトなどで善玉菌を腸内に増やしたあとは、しっかりエサを与えて腸内の良好な環境を維持していく必要があります。

水溶性食物繊維には、キノコや根菜、ワカメやコンブなどの海藻類、納豆やオクラなどねばねばした食品などがあります。
さらに、白米を玄米や五穀米に変えてもよいでしょう。

注意点として、根菜類のなかでもジャガイモやサツマイモなどのイモ類には糖質が多いため、食べ過ぎには留意する必要があります。
また、腸内環境を良くするこれらの食べ物を摂取しても、腸内環境が整えられるには時間がかかる場合があります。

すぐ効果を実感できなくても日々のなかで体質は改善していきます。
毎日の食生活に取り入れていきましょう。

糖尿病の人におすすめの栄養素3.不飽和脂肪酸

さらに糖尿病の人に有効なのが、オリーブオイルです。

油というと敬遠しがちですが、良質な油は健康には欠かせない素材です。
特にオリーブオイルは、オレイン酸が豊富です。
このオレイン酸は、酸化しにくい不飽和脂肪酸で、抗酸化物質のポリフェノールが豊富という特徴があります。

そのほか、体内の中性脂肪やコレステロールを低下させ、動脈硬化を防いだり血液をサラサラにしたりする働きもあります。
糖尿病の人の場合、血糖値が高い状態になり、血管が傷つき血液もドロドロとなるケースがあります。

糖尿病の合併症である網膜症や神経障害などは密接に血管と関係があるので、人ごとではありません。
合併症を防ぐ意味からも、血管を守る働きのあるオリーブオイルを調理に使う油を変えてみましょう。

また日々の食生活の対策と合わせ、効率的に血糖値を下げる栄養素が摂れる、藻(も)サプリメント「AFA」もオススメです。
AFAサプリメントには、血糖値を下げる食物繊維や不飽和脂肪酸はもちろん、ビタミン、ミネル、アミノ酸など89種類もの栄養素を含み、手軽に糖尿病の対策ができます。

またAFAに含まれる、「フィコシアニン」は有害物質を吸着し体外へ排出することで、血糖値を正常化させる驚くべき効果が話題となっています。

体の中からキレイになって糖尿病を改善したい方は、ぜひ一度「AFA」取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

AFAブルーグリーンアレジーとは